월별 글 목록: 2017년 7월월

ヒップラインをより一層彩る

ウエストはさらに細くなり、大胆な曲線を描いたヒップラインをより一層彩る
ている。どんな脂肪の塊も一切ついていない。 本当に美の究極とも言える
できる身体だ。 シャワーを浴びたとし子は、髪を乾かして。 裸体をネグリ
ゼロに着せ替えながらベッドに近づいた。

 壁に掛けておいた時計はもう朝の4時を過ぎている。
 明日は学校へ行かないがもう寝よう。
しかし目をつぶって、ついさっきの刺激的な光景が目頭の後ろに浮かんで眠ることが
無い

 その少女、私と同じだよ。
とし子はいつのまにか、長い間考えないように努力した過去の忌まわしい出来事を思い出す。
上げていた。

신용회복위원회 개인회생

신용회복위원회

신용회복위원회 채무조정

개인회생신청자격

개인회생파산

# ###

中学2年の夏休み、とし子は家に帰るところ道に迷っていたたかひろだと
する大学生を駅まで案内する途中で「ナマ」を奪われた。 あれ以来
欲求に酔いしれて自分の身体を落ち着かせるために、毎日のように自慰に陥るようになり、
捨てた。

そんなある日偶然、貴弘と再会、またなってしまう。 その後は毎日のように乗るよ
カヒロに呼ばれて仮犯が続いた。 当時から早熟だったとし子の身体はある
さらに、被虐的な性の喜びに目覚め、麻薬のような快楽にふける日々が続き、
…だった。

 しかし、避妊もせず、毎回同様に膣内になり、敏子はやがて妊娠。
一時は自殺も考えた。
 しかし、憧れていた体育教師の加藤が妊娠中絶を助け、その機会に加藤に助けられ、
を得て敏子は貴広の魔の手から逃れることができた。 こうして今
普通の生活を送れるのも加藤のおかげと言っていい。

その時から時間は早く流れてもう6年、その事件をきっかけにトシコは自分の愛する
心を加藤に打ち明けて身体を許した。 その関係はその後もしばらく続いたよ
ただ、受験勉強で忙しくなってから少しずつ会う回数が減り、なんとなく
に疎遠になった。 そして高校に入学した少し後、加藤が都内の他の中学に
転任したことを偶然耳にした。

今思えば思春期の熱病で心が弾んだのかもしれない。いくら肉体
敵で大人でも、当時トシコの年齢は未完の14歳の少女。

30歳過ぎの教師に憧れて、それを愛だと勘違いしてやたらに彼に飛びかかる部屋。
法の外には知らなかったし,  加藤もその少女の心を理解して愛で包んでくれたがあ
直幼いトシコにそんな行為まで可能にした知新を許せなくてその後連絡
を絶ったはずだ。 しかし、決して嫌で別れた2人ではない。
なお、敏子は今も加藤への感謝の気持ちは消えていない。

高校に進学してからのトシ子の生活は模範的な生徒のそれだった。 試験の成績
は常にクラスで5位以内、授業時間にも積極的に発言する優等生だった。
放課後は水泳部に所属し、高校間の競技予選でもかなり良い成績をあげたこともある。
…だった。

これは高校生くらいになると、肉体関係のあるボーイフレンドがあってもおかしくない
今の世の中だけど、とし子はもちろん、特定の男性と付き合うことすらしていない。
C。
もちろん近寄ってくる男性がいて、また好感を持った相手もいた。

しかしそうした好感や男性の近寄りを敏子はすべて断ち切ってきた。
加藤と比べると同年代の男の子はどうも子供だと思われてしまうこともあった
だが、仮に彼らと交際する以上は避けられない通過儀礼と思われることが
だからだ。まだ加藤以外の男性に自分の心を分け与えることもできなかったが、一度
性の楽しさを知ってしまった肉体にもう一度その恐ろしい消えないこの波及し
「…したらどうしよう」と思い、男性を相手にするのが怖かったのだ。
 そのせいかトシコは男性の怖さいや自分の性的快楽から離れたくて、と
小学校、大学いずれも女子校に進学したのだ。

しかし、一方で性の楽しさを遠ざけようとするトシ子の肉体は逆にもっと成熟の粋
を育てていた。
透き通るような白い肌のつやさえ隠せる豊満な胸は膨らんでいて、その
下にぐっと張り詰めたウエストライン、それに続く下半身の肉づる、どれも眩しいほどの
官能美に満ちている

しかしすでに6年どんな男性とも接触していない。 それだけでなく自ら自衛
する事さえ慎んでいた そのせいか時々気持ちが憂鬱になったり理由もなく
この焦ったりする。
特に生理前にその傾向が著しい。 不自然に性欲を抑えるのがトシコの
肉体のメカニズムに微妙な異常を生じさせているようだった。
 トシ子ちゃん自身もそれを感じてはいた。 それでもそれが忌まわしい過去を断ち切る
…できる唯一の方法だと信じて耐えていた。
 しかし無理に抑えていたものはいつかきっとこぼれるだろう。 その時が
近づいていることにトシ子はまだ気がついていなかった。

–  作家の感想?  –  作家の感想?

今月はヤムンや私にとって最悪の9月ですね。
まず、個人的には会社に通いながら夜間には資格証の勉強でヤムン10人には本当にごめんね。
しかし文をたくさん載せることができなかったし(参考に上の方の勧めで電子商取引勉強しているの
ところで本当に大変ですね。)ヤムンも月初めのサーバー交替とニューヨーク貿易センターテロでとても
「大変でしたね。
とにかく新作の「淑女トシコ」は最初から難しいことがたくさんあるけど早く作業して仕事
本作家がアップするまで早くアップします。 現在日本人作家は3部3枚まで上げたから
私の番作は次の3部2編に2枚を一度に上げますよ。

そして、もう一度厳しい環境の中でもヤムンを守ってくださるニューヨークの運営者3名様へ
御礼申し上げます。
「本当に遠い異郷の地で苦労が多いです。 そして心の底から感謝いたします。 三分儀
夜文に対する情熱と苦労が恥ずかしくないように一生懸命夜文のために努力します。」

淑女トシ子3部2編翻訳物 

第二章  再び潮吹き始めた肉体

#

敏子は辺りを見回した。

とし子は、どこへ来ているのかわからない森の中にいた。 しかしどこかで見たような思い
この風景だった。 木の枝についた木の葉の間から差し込む日の光が入ってきてとても気持ちいい。
よい暖かさにつもっている

ところで、なぜだろうか。
自分がセーラー服を着ていることに気づいたとき、静かな恐怖がトシ子を襲った。
突然目の前に現れた黒い影 それはその黒い覆面を纏ったプロレスラーのような男
寝ていた。

 「キャ!」
敏子は恐怖に悲鳴をあげ、男から逃げ出す。 しかし足が考え
のように動かず、すぐに男につかまって地面に押し倒されてしまった。

 「うわぁ、やめなさい!」
敏子は懸命に抵抗を試みた。 しかし男は何事もないようにセーラー服の胸
パックに手を当ててまるで紙切れのように裂いた.

 「キャ、やめて!」
むき出しになった乳房を男は鷲が引っつかんだようで、ひどく荒くこねて回す。 ドン
詩に桃色の乳頭を口の中に入れ、舌でゆらゆら揺れる。

 「ああっ、どうか…」
 乳房を叱られているうちに、下腹部に甘い欲情がわき上がっていた。 そのようにして
していることを認めたくなかったとし子は、男の背中を拳でとんでもない。
た。しかし男はやはり何事もなさそうに乳房を口で愛撫している
C。

개인파산신청자격

개인회생기간단축

​코로나 개인회생

개인회생 코로나

http://guno.pe.kr/?p=11424

突然敏感な肥育が湿った感触を吐いた

 「うわぁ、あ~あ!」
いつのまにかトシ子は全裸になっていた。 男は  トシ子の  苔の  ひらひらを  だきしめる
えい,  顔をうずめている。

 「ああっ…やばい!!」 どうか…」
 敏子は下腹部に沸き上がるのを感じながら激しく顔を左右に振った。 ドン
この悪夢が早く起きることを町に祈った. そう、これは現実じゃないの?
しかし、男の舌が敏感な突起を愛撫するのは夢とは思えないほど、
しみじみと感じられる。

 「ああっ、私、私···」
下腹部の中心に焦げ臭い欲情が広がり始めると、敏子は思わず腰をこすり、
組んではいた。 鼻唇が恥ずかしいほど水気を帯びているのを、我ながら知っている。
突然男が腰にねじ込んでくるのをかばってきた. 入口に堅く熱いものがいっぱいになる
ている。 

「お願いです、つい…」その分だけ…お願い!
 とし子は涙に銀顔を上げて訴える。 しかし男はトシ子の肩を掴んで
と腰をと共に突き出した。
 六旬を分け、の先が侵入してくる。
「おい!」

##

とし子は自分の叫び声に目覚めた。

時計を見るとまだ午前2時だ。 昨日は結局トイレでの刺激的な光景が頭の中に
立ち消えになり、眠れなかった。 しかし、今日はベッドに倒れると同時に水魔
が襲ってきて、熟睡できたのだ。 それでも…

 まだ心臓がドキドキしている。 息苦しくて、のどがからからに渇く。
 どうして、今頃になると···。
7年ぶりに見るというやましい夢だった。 タカヒロに奪われた後、毎晩とク
だった誰かもわからない不気味な男に犯される悪夢。 それに男が挿入
やってくる直前に終わるようなものだった。

やっぱり昨日のような光景を見たせいかな。
敏子は改めて自らの軽率な行動を悔やんだ。 胸を弾ませながら走り出して、
体はベッドの床に吸い込まれるような欲情に支配され始めた.いやそれだけ
それだけでなく、下腹部が熱くなっていた。

男に早くしたあの夢の中…
いくら夢とはいえ、あまりにもリアルな感覚がその部分に残っている。 実際そこは夢の中のあなた
で、非常に水気を帯びていた。
このままでは寝られそうにない。 とし子は無意識に手を伸ばしている
…だった。 

 何やら、何やら… い~また、出ようとしてるんだ!  ダメダメ、もうお願いだから…. .

에후로무 안마가슈쿠조 토시코

에후로무 안마가슈쿠조 토시코 산 부 이치 헨혼야쿠부츠 쇼오조토시코 소노 로쿠 넨고니 하나시가 슈쿠조토시코 다이 산 부니 츠즈키마시타 하이 보쿠노 젠사쿠오 아이시테쿠다삿타 미나산노 아이도쿠오 오네가이시마스 슈쿠조푸로휘이루다이가쿠 산넨세에 하타치 신초오 햐쿠로쿠주우욘 센치 타이주우 욘주우하치 키로 비이하치주우나나이이 다부류우고주우나나 에에치하치주우큐우 다이 이치 쇼오 조시 오오바에노 토시코 니주우 토시 슷카리 오쿠레테시맛타 후쿠자와 토시코와 아루키나가라 우데토케에니 메오 무케타 지코쿠와 스데니 고젠 니 지치카쿠노 지칸가 데키테이루 토시코와 산 카게츠호도 마에카라 에키마에니 아루 마짓쿠 토 유우 게에무센타아데 바이토이이토오 시테이루 쿄오와 혼라이나라 하치 토키니 오와루 요테에닷타가 코오타이시나케레바 나라나이 쇼쿠인가 카라다노 구아이가 와루쿠테코라레나쿠 낫테시맛테 엔초오오 타노마레테 헤에텐마데 시고토오 스루 코토니 낫테시맛테 스테타노다 토시코와 치바켄니 아루 세에센 조시다이가쿠노 가쿠세에데 콘게츠 산 넨세에니 낫타 다이가쿠데와 니혼분가쿠오 센코오시테이루 소시테 겐자이모 오야노 이에가 토오쿄오노 가이카쿠나노데 치바켄마데 츠우가쿠스루니와 토테모 후벤데 루우무 아파아토오 카리테 히토리구라시오 시테이루 아스와 큐우코오데 요캇타 손나 코토오 오모이다시나가라 토시코와 지분노 아파아토에 아시오 이소이데이타


춘천개인회생

원주개인회생

강릉개인회생

속초개인회생

동해개인회생

삼척개인회생


샤타아가 사갓테이루 쇼오텐가이오 데테 나란데이루 주우타쿠노 로지니 하이루 코노 지칸니와 히토카게와 호톤도 미라레나이 시즈마리카엣타 시즈카나 쿠우칸니 투페쿠투 아루쿠토 유우 스코시 하야이 텐포노 히이루노 오토다케가 키코에루 손나 토시코노 아루쿠 소쿠도가 단단 오소쿠 나리 야가테 아시오 토메타 도오시요오 토이레 운 시고토추우니 논다 코오히이노 세에다로오카 게에무센타아오 데타 코로카라 스코시 칸지테와 앗타가 코코마데 키테 큐우소쿠니 오싯코가 데테키타 모오 욘 츠키니 하잇테 요루노 카제니모 하루노 니오이가 칸지라레루요오니 낫타가 콘야와 후유노 코노 타이호데모 시타카노요오니 카제가 츠메타쿠 신타이모 츠메타쿠 나루 아파아토마데와 마다 시고분노 쿄리가 노콧테이루 데모 소코마데 가만시테이케루 칸지데와 나캇타 토시코와 후토 치카쿠니 아루 코오엔노 코오슈우토이레가 아루 코토오 오모이다시타 소코나노데 멘노 메노 마에노 코오사텐오 히다리니 마가루토 스구다토 시 코와 마타 아루키다시타 잇코쿠모 하야쿠 토이레니 이키타캇타케도 아에테 츠키스루 코토와 시나캇타 하시루토 신타이가 신도오시 소노 시게키데 후요오니 뇨오가 시비레소오다카라다 소노 토키 지분노 히다리가와니 코오슈우토이레노 타테모노가 미에타 맛쿠라나 토이레노 나카니 케에코오토오노 히카리히카리가 카스카니 카가야이테이루 토시코와 요오야쿠 나카니 하잇테 도아오 시메테 벤자니 스와루 아와테테 판티토 판츠스타아킨구오 이치도니 히키즈리오로시 스와리코무토 호보 도오지니 코칸카라 코가네이로노 타키가 이키오이요쿠 후키다시타 훗토 얏토 타스캇타 킨파쿠시타 조오쿄오카라 카이호오사레 오모와즈 타메이키가 모레루 고이치분 오쿠레시타라 도오낫테이타카모 시레나이 시고토오 젠부 카타즈케테 카반카라 토리다시타 티슈우 데 쇼오벤오 후쿠 미즈쿠로이오 히토토오리시테 미즈오 나가소오토 시타 슌칸 토시코와 오모와즈 테오 토메타 소토카라 히토노 케하이가 시타요오나 키가 시타노다 키노 세에카나 미즈오 나가시테카라 토시코와 소토니 데테미타 조세에요오토이레노 이리구치노 아이다니와 니 고요오가 앗타가 야하리 소코니와 다레모 이나이 얏파리 키노 세에닷타노카 소오 오모이나가라 코오엔노 데구치니 데루 타메니 단시 토이레노 마에오 구우젠 토오타 토키 오네가이 콘나 코토 스루다요 마타 오나지 오토가 콘도와 스코시 요쿠 키코에테키타 도오시타다로오 오토코노 토이레노 나카데 토시코와 오도로이타 소레와 온나노 코에닷타카라다 솟토 치카즈이테미요오 카쿠지츠니 히이 토이레노 나카카라 히토노 케하이가 스루 후우후우쿤노 긴소오와 잇테이나이가 코레미요 코노 야로오 오마에노 에 와타시니 시테쿠레토 세가무자 나이노 콘카이와 카나리 핫키리토 키코에타 시카모 콘카이와 오토코노 코에다 카마와나이 호오가 요사소오다나 나카데 잇타이 난오 시테이루노다로오 토 유우 오모이가 다이타이 츠쿠 카라다 시카시 사로오토 스루 키모치토와 갸쿠니 소노 바카라 우고쿠 코토가 데키나이 카마에테와 이케나이 코토가 와캇테이테모 나카노 코토가 키니낫테 시카타가 나이노다 사무사오 시노구츠케나이호도 카라다가 아츠쿠 나리 무네노 코도오가 오오키쿠 히비이테이타 앗 앗 도오카 단조쿠테키나 조세에노 아에기고에가 키코에나가라 모오 가만데키나이 토시코와 츠우후우쇼오후레니 잇테 센멘요오폰푸노 하잇테이루 하코니 노로오토 시테이타 코레니 놋테 노보레바 토시코와 주우분니 마도노 토코로마데 토도쿠 마다 타메라이와 앗타가 미타이 욧큐우노 호오가 오오키캇타 토시코와 오소루오소루 우치오 노조이타 앗 토시코와 사케비소오니 나루노오 얏토 코라에타 얏파리 요소오시테타 코오케에닷타케도 얏파리 짓사이니 미테 오도로카자루오 에나캇타 조세에와 스카아토오 메쿠리 소노 시타노 판츠와 히자시타마데 힛파라레테이타 소시테 카베니 테오 아테테 로슈츠시타 카한신오 오토코노 호오니 무케테 츠키다시테이루 오토코가 소노 조세에노 세나카니 테오 츳콘데 젠고니 우고이테이루노닷타 아아 야메테쿠다사이 우우 조세에가 나키소오나 카오데 후리카에리나가라 오토코니 웃타에루 오토코와 메가네오 카케테이테 카미노케오 나나주우산니 와케테이루 토시와 산주우바카리


철원개인회생

원주개인파산

춘천개인파산

http://guno.pe.kr/?p=11394


홋소리시타 카라다츠키데 잇켄 가쿠샤후우다가 한소데노 와이샤츠니 초토 데타 우데와 타쿠마시쿠 신타이니 니아와즈 치카라와 츠요이요오다 잇포오 조세에노 호오와 쿠리이로노 보부스타이루노 카미데 우시로오 후리무이타 소노 카오다치와 마다 요소시테 조세에토 유우요리 쇼오조토 유우 케에요오스루 호오가 아테하마루 로슈츠사레타 오시리모 마다 오토나노 스가타니 낫테이나이 도오미테모 주우다이 나카바 코오코오세에 이야 추우가쿠세에카모 시레나이 앗센세에 야메테쿠다사이 미로 오마에카라와 돈돈 로가 아후레다스자 나이노 토코로데 토메로토 손나 손나 하즈베키 코토 이와나이데쿠다사이 센세에 토 요바레타 오토코와 쇼오조오 미쿠다스요오니 와라이나가라 테노 우고키오 하게시쿠 시타 지쿠지쿠토 유우 오토가 토시코노 미미니마데 키코에테쿠루 아아 아아 아아 쇼오조와 하즈카시사오 코라에요오토 카오오 맛카니 소메테이루 후타리노 하나시아이데 난토카 와카루 코토와 단세에와 갓코오노 쿄오시데 쇼오조와 야하리 카레노 세에토노요오다 요시 소로소로 하이로오카나 오토코와 즈본오 누이데 봇키시타 모노오 토리다시나가라 쇼오조노 오시리노 키레츠니 지분노 오 요리카캇타 도오카 모오 이이 카겐 쇼오조가 카나시이 효오조오데 후리카에루 시카시 오토코와 카마와즈 윳쿠리 코시오 마에니 츠키다시테 쇼오조노 나카니 신뉴우시테키타 아아 쇼오조가 쿠루시소오니 우메에타 코노 칸쇼쿠 모오 이레즈니와 이라레나이 오토코와 쇼오조노 호소이 코시오 이다이테 윳쿠리 누키사시오 하지메루 앗 앗 앗 앗 조조니노 스피이도가 아갓테이쿠토 부스부스토 코시오 우츠 오토니 아와세테 쇼오조노 쿠치비루카라 아에구 코에가 단조쿠테키니 토비다스 모오 코레이조오 미테와 이케나이 토시코와 난도모 지분니 이이키카세테이타 시카시 오토코가 코시오 우고카스 타비니 쇼오조노 아이다니 미에루 소오켄니 메오 소라스 코토가 데키나이 앗 앗 앗 앗 아마이 하나고에가 데테 쇼오조와 모오 칸지테이타 사키호도노 카나시소오나 킷푸조오와 이츠노 마니카 코오코츠노 효오조오니 헨카시테이루 미즈카라 쿠로오시테 코시오 히넷테 우시로니 아루 오토코노 쿠치비루오 요오큐우시테 셋쿄쿠테키니 키스니 시타가우 아아 난카 아아 칸지라레마스카 쇼오조가 인토오나 코에오 아게테 젯초오니 치카즈이테이루요오다 단시모 호오슈츠가 치카이 이마야 스코시즈츠 우고키가 헷테이쿠 카아 오마에니 오레노 미즈오 와케테야루요 오토코와 쇼오조노 오시리오 치카즈케테 코시오 오사에루 앗 아아 아아 오토코노 호오슈츠데 쇼오조가 피쿠피쿠 카라다오 후루와세루 스베테오 미토도케타 토시코와 아시오토가 시나이요오니 하코카라 오리테키타 카레 소시테 코오엔노 소토니 데테키테 이치모쿠산니 하시리다시타 토시코노 아파아토와 모요리에키카라 토호데 주우고 분호도노 칸세에나 주우타쿠가이니 아루 하치 츠보 아마리노 타타미노 완루우무다 켄치쿠시테 니 넨시카 탓테나이노데 토테모


제주개인회생

제주도개인회생

제주개인파산

제주도개인파산


 키레에데 후츠우노 완루우무요리 야야 히로이 토쿠니 유카와 후로오린구니 낫테오리 토이레토 헤야노 쿠베츠가 싯카리시테이루노데 토시코노 키니하잇타 마타 지분노 다이가쿠마데 욘주우 분구라이 카케테 츠우가쿠스루노모 벤리나 토코로니 이치시테이루 코오엔노 토이레데 오토코토 온나노 인토오나 코오사이오 누스미미테 헤야니 모돗타 토키니와 바츠 고젠 산 토키니 치카이 지칸닷타 이키오 키라시테 샤와아오 아비요오토 하다카니 낫타 토키 토시코니 톳테와 지분노 판티노 우치가와노 키지가 싯토리시테이루노니 키즈이타 아라타메테 지분노 코오도오가 토테모 하즈카시이라시캇타 센멘노 카가미니 우츳타 니주우 토시노 라타이와 마부시이호도 카가야이테 미에타 쇼오갓코오코오가쿠넨노 토키카라 큐우소쿠니 하츠이쿠오 하지메타 카라다와 추우가쿠세에니 낫타 코로 모오 오토나니 오토라나이 테에도노 바란스오 톳테이타가 니주우 토시오 무카에타 이마데와 신초오모 고 센치호도 타카쿠나리 마타 타노 신타이부분모 하루카니 소노 세에주쿠노 테에도오 후야시테이루 바아스토와 하치주우나나 센치토 스우지테키니 와즈카나 조오카다가 토오지와 시이 캇푸닷타노가 이이 캇푸 로오사이즈와 카쿠지츠니 아갓테이루 치부사노 카타치와 타레테오라즈 우츠쿠시이 본쇼오노 카타치오 타못테이루 소노 초오텐 얏파리 카와라즈 카렌나 우스이 핀쿠노 이로가 하잇테 톳키노 카타치가 혼토오니 잇폰데 아랏테 미테호시이토 칸지루호도 이로아자야카나 훈이키니 츠츠마레테이마스

淑女トシ子3部1編翻訳物

From:アンマガ

淑女トシ子3部1編翻訳物 

“少女トシコ”その6年後に話が”淑女トシコ”第3部に続きました。
はい。
僕の前作を愛してくださった皆さんの  愛読をお願いします。  

–  淑女プロフィール?

大学三年生·二十歳
身長164センチ·体重48キロ
B87E·W57·H89
       

第1章  女子大生トシ子·20歳

#

すっかりおくれてしまった

 福沢俊子は歩きながら腕時計に目を向けた。 時刻は、すでに午前2時近くの
時間ができている。
トシコは3ヶ月ほど前から駅前にある「マジック」というゲームセンターでバイト
イートをしている 今日は本来なら8時に終わる予定だったが、交代しなければならない職員が
体の具合が悪くて来られなくなってしまって、延長を頼まれて閉店まで仕事をすることになってしまって、
捨てたのだ。

敏子は千葉県にある清泉女子大学の学生で、今月3年生になった。 大
学では日本文学を専攻している。
そして現在も親の家が東京の外郭なので千葉県まで通学するにはとても不便で
ルーム·アパートを借りて独り暮らしをしている

 明日は休講でよかった。
そんなことを思い出しながら、敏子は自分のアパートへ足を急いでいた。
シャッターが下がっている商店街を出て、並んでいる住宅の路地に入る。
この時間には人影はほとんど見られない。 静まり返った静かな空間に、トゥペクトゥ
歩くという少し早いテンポのヒールの音だけが聞こえる。
そんなトシ子の歩く速度がだんだん遅くなり、やがて足を止めた。

 どうしよう、トイレ···うん···!!!
仕事中に飲んだコーヒーのせいだろうか。 ゲームセンターを出た頃から少し感じて
はあったが、ここまで来て急速におしっこが出てきた。
もう4月に入って夜の風にも春の匂いが感じられるようになったが、今夜は冬の
この退歩でもしたかのように風が冷たく、身体も冷たくなる。

 アパートまではまだ四、五分の距離が残っている。 でも、そこまで我慢していける
感じではなかった。
敏子はふと、近くにある公園の公衆トイレがあることを思い出した。 そこなので
面の目の前の交差点を左に曲がるとすぐだ。
とし子はまた歩き出した。 一刻も早くトイレに行きたかったけど、あえて月
…することはしなかった。 走ると身体が振動し、その刺激で不要に尿が
しびれそうだからだ。

 その時、自分の左側に公衆トイレの建物が見えた。 真っ暗なトイレの中に蛍光灯の光
光がかすかに輝いている.
とし子はようやく中にはいって、ドアを閉めて便座にすわる。 慌ててパンティとパンツスター
キングを一度に引きずり下ろし、座り込むとほぼ同時に股間から黄金色の滝が
勢いよく噴き出した.

ふっと、やっと助かった!!!!!!!!!!!!!!!!
緊迫した状況から解放され、思わずため息が漏れる。 後一分遅れ
…したらどうなっていたかもしれない。
仕事を全部片付けて、かばんから取り出したtissueで小便を拭く。 身繕いを一通りして
水を流そうとした瞬間、とし子は思わず手を止めた。
外から人の気配がしたような気がしたのだ。

 気のせいかな?
水を流してからトシ子は外に出てみた。 女性用トイレの入口の間には2
御用があったがやはりそこには誰もいない
やっぱり気のせいだったのか。
そう思いながら公園の出口に出るために、男子トイレの前を偶然通った時

 「お願い!!」 こんなことするんだよ。」
 また同じ音が、今度は少しよく聞こえてきた。

どうしたんだろう、男のトイレの中で…?
とし子は驚いた。 それは女の声だったからだ。 そっと近づいてみよう、確実に。
ヒー、トイレの中から人の気配がする。

「ふうふう…君の銀そうは言っていないが…」,  ,  これ見よ!! この野郎!  お前のえ
私にしてくれとせがむんじゃないの?」
今回はかなりはっきりと聞こえた。 しかも今回は男の声だ。

삼척개인회생

철원개인회생

원주개인파산

춘천개인파산

http://guno.pe.kr/?p=11384

 構わない方がよさそうだな。 . . . ..
中で一体何をしているのだろう、という思いがだいたいつくからだ。
しかし去ろうとする気持ちとは逆に、その場から動くことができない。 かまえては
いけないことがわかっていても、中のことが気になって仕方がないのだ。 寒さをしのぐ
つけないほど身体が熱くなり、胸の鼓動が大きく響いていた。

 「あっ、あっ、どうか…」
断続的な女性のあえぎ声が聞こえながら、もう我慢できないトシコは痛風娼婦
レに行って、洗面用ポンプの入っている箱に乗ろうとしていた。
これに乗って登れば、敏子は十分に窓のところまで届く。  
まだためらいはあったが、見たい欲求の方が大きかった。
とし子は恐る恐る内をのぞいた

 あっ!
 とし子は叫びそうになるのをやっとこらえた。 やっぱり予想してた光景だったけど、やっぱり
実際に見て驚かざるを得なかった。
女性はスカートをめくり、その下のパンツはひざ下まで引っ張られていた。 そして。
壁に手を当てて、露出した下半身を男の方に向けて突き出している。
男がその女性の背中に手を突っ込んで前後に動いているのだった。

 「ああ、やめてください!!!」 ううっ!!」
 女性が泣きそうな顔で振り返りながら、男に訴える。
 男は眼鏡をかけていて、髪の毛を七三に分けている。 年は三十ばかり
ほっそりした体つきで一見学者風だが,  半袖のワイシャツにちょっと出た
腕はたくましく、身体に似合わず力は強いようだ。

一方、女性の方は栗色のボブスタイルの髪で、後ろを振り向いたその顔立ちはまだよ
そして、女性というより少女という形容するほうがあてはまる。
露出されたお尻もまだ大人の姿になっていない、どう見ても十代半ば、高校生
,  ,  いや,  中学生かも知れない.

 「あっ!!先生、やめてください!!」」
 「見ろ、お前からはどんどん露が溢れ出すんじゃないの? ところで止めろと…」
 「そんな…そんな恥ずべきこと言わないでください! 」
「先生」と呼ばれた男は少女を見下すように笑いながら、手の動きを激しくした
じくじくという音がトシ子の耳にまで聞こえてくる。

 「ああっ,  ああっ,  ああっ…」
少女は恥ずかしさをこらえようと顔を真っ赤に染めている. 二人の話し合いで何とか
分かることは、男性は学校の教師で、少女はやはり彼の生徒のようだ。

 「よし、そろそろ入ろうかな?」」
男はズボンを脱いで勃起したものを取り出しながら、少女のお尻の亀裂に自分の
を寄りかかった。

춘천개인회생

원주개인회생

강릉개인회생

속초개인회생

동해개인회생
 
「どうか、もういい加減…」
少女が悲しい表情で振り返る. しかし、男はかまわず、ゆっくり腰を
前に突き出して、少女の中に侵入してきた。

 「ああっ…」
少女が苦しそうに呻いた

 「··········この感触もう入れずにはいられない!!!」」
男は少女の細い腰を抱いてゆっくり抜き差しを始める。

 「…あっ,あっ,あっ,あっ…」
 徐々にのスピードが上がっていくと、ぶすぶすと腰を打つ音に合わせて、
少女の唇からあえぐ声が断続的に飛び出す.

 もう、これ以上見てはいけない。
敏子は何度も自分に言い聞かせていた。 しかし男が腰を動かすたびに
少女の間に見える壮健に目をそらすことができない。

 「あっ、あっ、あっ、あっ」
甘い鼻声が出て、少女はもう感じていた。 先程の悲しそうな切符
情はいつのまにか恍惚の表情に変化している。 自ら苦労して腰をひねって後ろにある
男の唇を要求して積極的にキスに従う。

 「ああっ!!  何か..」 あーん。感じられますか?」
少女が淫蕩な声を上げて絶頂に近づいているようだ。 男子も放出が近い
今や少しずつ動きが減っていく。

 「カア!!お前に俺の水を分けてやるよ!!」
男は少女のお尻を近づけて腰を押さえる。

 「あっ  ああ  ああ  」
 男の放出で少女がぴくぴく身体を震わせる
 すべてを見届けた、とし子は、足音がしないように箱から降りてきた。 彼
そして、公園の外に出てきて、一目散に走り出した。

###

トシ子のアパートは最寄り駅から徒歩で15分ほどの閑静な住宅街にある、8坪
余りの畳のワンルームだ。 建築して2年しか経ってないのでとてもきれいで普通のワンルーム
よりやや広い。 特に、床はフローリングになっており、トイレと部屋の区別がしっかりしているので、
とし子の気に入った。 また、自分の大学まで40分ぐらいかけて通学するのも
便利な所に位置している。

 公園のトイレで男と女の淫蕩な交際を盗み見て、部屋に戻った時には罰
午前3時に近い時間だった。
息を切らして、シャワーを浴びようと裸になった時、敏子にとっては自分のパンティ
の内側の生地がしっとりしているのに気づいた。 改めて自分の行動がとても恥ずかしい
らしかった。

洗面の鏡に映った20歳の裸体は、まぶしいほど輝いて見えた。 小学校高学年の時
から急速に発育を始めた身体は中学生になった頃、もう大人に劣らない
程度のバランスをとっていたが、20歳を迎えた今では、身長も5センチほど高くなり、
また、他の身体部分もはるかにその成熟の程度を増やしている。

バーストは87センチと数字的にわずかな増加だが、当時はCカップだったのがEカップ。
ローサイズは確実に上がっている。
乳房の形は、垂れておらず、美しい梵鐘の形を保っている。 その頂点
やっぱり変わらず可憐な薄いピンクの色が入って、突起の形が本当に一本で
洗ってみてほしいと感じるほど、色鮮やかな雰囲気に包まれています。