充満させてくれた。

“あ~~どうすればいいの….あは~」
明石が言うとおりに姿勢を維持している義母を見下ろしていた明石はゆっくりとあちこち
をたどっていって,彼女のほうから頭を出した宝石を舌で優しくなでてあげた.
「あ~っ」
敏感な彼女の宝石はすぐに彼女のうめき声を作り出した.
明晰の舌が動き回 진천개인회생 개인회생신청자격  りながら義母の、あちこちを駆け巡りながら食卓は
すぐ熱く火照った 義母はもう他の声を作ることができず、ただ荒い
呻吟ばかり吐き出した
「あははは」
妻の母のふっくらとした太ももが明晰の頭を引き締めるように力が入ってからまただらりと垂れて
「ブルブル」と身を震わせた。
彼女は食卓にのせられ,むこ養子の朝の街になったようだった.
彼は料理人であると同時に飢えたオオカミになって彼女の背中をほじくり返したり激しく洗った.
明晰が吸う口の中に垂れた小陰唇と彼女が吐き出す分泌物が一口いっぱいに
どっと押し寄せてきた.
明晰は彼女の最もデリケートな部分だけを選んで舌でなめていった.
結局、彼女の宝石に回っ 옥천개인회생 개인회생신청자격  てきた舌はまっすぐに立てたまま、集中的にそこを攻略した。
舌が動くたびに、体中から突起ができ、体中は緊張でびっくりした。
明石がそれを吸い込んで口の中でもぐもぐする時は、義母のうめき声が「ごつごつ」と
替わった。明晰のしつこい動きで彼女がオルガズムに突き進んでいた。
彼女が興奮に耐えられず両足をもがき, 握っていた手を放すと明晰の巨
打った手のひらが義母の尻をなぐった。
「チャァァァァァァァァァァァァァァァァァ」
「あ~はぁ!」
「しっかり捕まえて!」
彼女はさっとまた両足を握り,姿勢を崩した.
彼女はもう気を取り直すことができないほど頂上を越えて崩れ落ちていたが、婿
衣口は絶えず舐め、また舐めた。
絶え間なくほと 영동개인회생 개인회생신청자격  ばしる液体が食卓を盛り上げ、スンドクのお尻が美
はずれて動いた
むこ養子の舌は、深い洞窟をかき回しているかと思うと、肛門をかき集めて柔らかく舌を立て、
肛門を半分ほど開けて入ってきたりもした。
もしかするともっと恥ずかしいそこにむこ養子の舌が届くと彼女はつい手を放してしまった
という時には彼の手が激しくお尻をなぐった。
彼女はまるで間違いを犯したかのように素早く足をつかんで彼が自分の歯を洗う
と思うように股を開けてあげなければならなかった。
彼が作ってくれる甘い刺激に比べればこの程度の恥辱はむしろ彼女にとって喜びだった

彼の言う命令口調もどうして全然気に入らないのか分からないがそんなこと
を気にする暇もなかった。
お尻からチク 광주개인회생 개인회생신청자격  チクと感じる痛みは、絶頂に向かう道ではむしろ強い
刺激で彼女を責め立てた
彼の舌が止まる頃には、スンドクはもうへとへとで、まぶたさえ持ち上げられなかった。

半分閉じたまぶたの間にこん棒のように逞しい婿の六峰が見えるように見えたが、すぐに…
ラットにこりこりとした感じで押し入った
この前の車で彼の取り巻きを受け取って、かすかに感じを忘れることができるだろう。
うーん、また逆らえない感覚を作りながら子宮の奥深くに満たされた。
“あははは~”
いまや彼女はうめき声を上げた.
彼の動きはその日に限って激しく彼女を追い詰めた.
むこ養子の双肩にかかった自分の足はむこ養子が両手で握ったが、彼の動き
この荒っぽいことで、テーブルから落ちそうな恐怖も押し寄せた。
彼がお尻を持ち上げる 광주개인파산 개인회생신청자격  たびに, キッチンの皿がパチパチと共鳴する
させ、さらに大きく響いた。 いくら我慢しようと努力してものめり出るうめき声
リーはむこ養子の前で少しでも隠したい興奮の恥さえ隠すことができなかった.
時が経つにつれて婿の動きはさらに速くなり、順徳は理性の最後を残していた。
.
ある瞬間、股を広げて娘婿の肉棒を受けていたスンドクが長い動物のようなうめき声を吐いた。
「うっうっうっうっうっうぅ~っ!
あ~~私どうしよう…..私私は分からない‾
“自分だよ~~もう,,,,,,私は…死にそう,,
「クハハ~」
泥のように泥だらけの純徳義でむっとして締め付けを繰り返し、やがて白い粘液を
ひとしきり吐き出した. 順徳の体は電気に感電した人のようにびくびくしながら息を止めている
…だった。

婿が順徳の手を引いて体を起こすと、今度は婿の首にぶら下がって体を支えなければならない。
と言った。彼はまっすぐ立った姿勢でスンドクのお尻を持ち上げながら腰を上げた。
“あ~~は”
今にも息が絶えそうなスンドクは、新しい感覚に身を合わせている。
このようなことは初めてですが、もしかするとこんなに強い感覚を作れるのか、彼女は想像もするほど
いられなかった。彼 순천개인회생 개인회생신청자격  はゆっくり動いているようだったが, 彼の感覚はすっかり千々になっていた
散り散りになってしまうようだった もうどうか倒れてしまいたいけど、彼はなかなか
止まる気配がなかった。 熱く突き上げてくる彼の肉棒を感じながら気が遠くなる。
日が暮れていった。

明晰は義母をゆっくり降ろした.
全身が汗まみれになって彼女の服は体にべたべたとくっついていた.
彼女の顔は汗と涙にまみれ, パーマがかかった
.
彼女はミョンソクの率いるままにお尻を突き出し,テーブルを手にし,腰を下げた.
明晰は彼女の片足を椅子に乗せ, 今や彼が最も楽しんでいる肛門を感じたい
…だった。
知らず知らず彼女は初めてだろうからそこは処女地だった
その処女地を先に貪ろうとするのは雄たちの本能かもしれない。
すでに義母が流した水を肛門にやさしくつけた。
明晰の指が動くたびに義母は肛門をびくびく震わせた。
太い指1本をゆっくりと肛門に押し込んだ.
“ああ~~そこ…..ウフフッ~」
妻の母が何か言ったきり、うめき声に代わった。
明石は口に溜めた唾液を一滴垂らして再び3、4回往復運動をすると、義母の
お尻が「ぶるぶる」震えた。
「ああっ、どうしよう」
指が動くにつれて肛門の引き締まる力が弱まっていった。
新しい感覚で義母のうめき声が急迫するのを感じ、明石は柱を持ち上げた。
そして義母の懐に入れ 여수개인회생 개인회생신청자격  るように入れては、また取り出してゆっくり肛門を狙った。
光っていたユッボンが彼女の肛門の前でしばらくためらった後、ゆっくり肛門に入った。
入った。
“ウッ~アハハ~…あら…コ…そこは…”あ~~ダメ…
恐怖なのか期待なのか、義母は体を固定し、単語を緊迫した状態で切り刻んだ。
いつも感じることだが到底入らないような肉棒は間違いなく女たちの項
ドアを突き破って入った
「初めてかな?」
“うふ~…………………………………………”
義母は言い終わることができず、頭を素早く動かした。
素早く動く頭は恐怖だったし、肛門を優しくしてほしいという願いも一緒に
ついていた。
明晰の口からさらに一握りの唾液が落ち、今は正常に腰が動いた。
“あー。。。うっ~”
彼女は半切の苦しみと半切の力でテーブルを握り締めてもがいた.

思いがけない肛門に彼のものが動いていた。
痛みなのか…いや…婿が自分の肛門に「乙」を入れたことに、順徳は
恥ずかしさに身を震わせた. 後ろからすると自分の肛門が見えるような恥ずかしさだけで
興奮した記憶があるが、今はその肛門にむこ養子のものが入っていた。
彼女はうわさの肛 목포개인회생 개인회생신청자격  門を引き止める暇もなく、むこ養子に渡していた。
しかし、これはまた何の調和だというのか……。
こんな感覚がそこにあったなんて……。
その場所は, 彼が活動を続ければ続けるほど火のように熱くなりながらも理解できないほどに震えた

急に肛門に凉しい風が入って来て今度はをいっぱい満たして彼のものが
入ってきた。
「あ………………………………………………」
素早く動いていた感覚にしばらく朦朧としていた精神が、また肛門に入り込むようになっている。
…に緊張した。
そうなるように何度も……………..。
の感覚と肛門の感覚が区別できない頃……
急にむこ養子が尻を下げ始めた。
手のひらに大きなおしりがすぐにほてった.
なぜか婿はミヨンと一緒にする時もそうだったし、自分とする時もお尻をたたきつけた。
.
しかし、それは痛みよりは興奮で近づき、何だか分からない屈服感が積まれた。
婿が急に順徳を座らせた。
ひざまずいた姿勢で彼のものが押し寄せてくると思いきや、あっという間に熱い溶岩のように
この口の中にぎっしり詰まっている。
「ふふっ」
うごめきながら体をくねらせるたびに、口蓋を乱打しながら、歯が噴出した。
“ああ~~”
むこ養子のうめき声を初めて聞いた.
彼のものを口に入れたまま目を上げた。
彼はスンドクの頭を抱えて荒々しく息を整えていた.
婿がスンドクと目が合うとうなずいてみせた。
なぜかは分からないが、それは口にする「乙飲み込め」というシグナルのように感じられた。
彼は大きな声で拒否 무안개인회생 개인회생신청자격  し、かろうじて乗り越えることを意気揚々と見下ろしており、
スンドクは哀れな目で彼を見つめ、最後の一滴まで飲み込んでしまった。
スンドクは彼の愛を食べたかった。
味は分からなかったが、それは彼女の心を充満させてくれた。

むこ養子が荒らしたキッチンは熱気と興奮でいっぱいだった.
まだいっぱいのような下半身がぴくぴくと穏やかな感覚を醸し出していた.
ふらふらした脚に力を入れて食卓のほこりの跡を拭いた.
さびしく さびしい 肛門、、ぬるぬる 唇、、いっぱいに 彼が まだ 居て
あった。
スンドクはソファ 음성개인회생 개인회생신청자격  ーに倒れ, うつらうつらとした昼寝をしていた
.

「ピリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリ」
スンドクが重い体を起こして電話に出た.
「おい、……」
おい!お前は何をしていて電話に出るんだ?”
玉善だった。
う~ん、眠ったみたい。
今、3回目をまた歩いたんだよ。 どれだけぐっすり寝入っているからだろうか。”
「そうだったの?ぐっすり眠ったみたい」
まあ。。ところでお前今日誕生日だろ?
「あら覺えてるんだ」
あらまあ、誕生日の賞はもらったの? 婿と娘が面倒を見てくれた?”
う…うん、じゃあ…昨日の夜、前もってやったんだ。ミヨンが今日会社のどこかに行ったの。そうだよ
ソ·ミリ…」
「そうか。

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다