未指定

少女トシ子  1部1編  未指定 

赤いアンマの新しい翻訳エロ小説”少女トシ子”が始まりました。 「科学の先生
吉田”と一緒に連載する予定だからたくさん愛読お願いします。

第一章  退屈な夏休み

 あーあ、何か面白いことはないか…

  とし子は大きなため息をついてベッドに横たわった。
 ちょうど夏休みの真ん中にいる、とし子は退屈な日を過ごしていた。
だいたいどこの学校でも,  夏休みには宿題というものが出てきて,  休み中ずっと遊んでいる
ダン学生たちが、最終日の夜に山積みの宿題と悪戦苦闘するというのがお決まりの札
ターンだ。とし子もやっぱり去年は、始業式当日の朝の3時まで吹きつける水魔と安
泣きながら、ふらふらしてまで宿題を全部整理したのだった。

 しかし、今年はその時の繰り返しの失敗を避けるために、夏休みの初日から机に向かって座り、
ああ、十日間でみんな宿題を終わらせてしまったのだ。
これで思いっきり遊べる、と意気込んだけど、友達は家族旅行や親戚の家に
遊びに出て大部分が留守だった だからといって一人で遊べる事だという
のも限られているので、どうしても時間が残ってしまう。

だるくなるような暑い日が続き、じっとしていても汗が滝のようにふむ
して離れてくる. 朝シャワーを浴びてから2時間ほどパクリてないのに、肌
じくじく汗をかき、Tシャツをつけてきて気持ち悪い。

 「フック」
  とし子は目を閉じて、また大きなため息をついた。 こうしていると、ひそかにドン
敬っている体育教師の加藤先生のことを思い出す。

대구개인회생전문 개인회생신청자격

대구개인회생 개인회생신청자격

대구개인회생법무사 개인회생신청자격

대구개인회생무료상담 개인회생신청자격

포항개인회생 개인회생신청자격

구미개인회생 개인회생신청자격

경주개인회생 개인회생신청자격

안동개인회생 개인회생신청자격

상주개인회생 개인회생신청자격

영천개인회생 개인회생신청자격

영주개인회생 개인회생신청자격

경산개인회생 개인회생신청자격

문경개인회생 개인회생신청자격

대구개인파산 개인회생신청자격

대구파산신청 개인회생신청자격

http://blog.daum.net/byejunyoung/145 개인회생신청자격
 
先生、今何をしていらっしゃるんだろう。
. . .
加藤は普段は男子のクラスの体育を任されているので、敏子ら女子のクラスが学ぶ
時間は雨の日の保健の授業程度だったが、すばらしく勇猛な顔とたくましい体格。
で、他の女子学生にも人気が高かった。
先生は学生時代に空手道で結構知られているし、インカレでも優勝したことも
いるという話を聞いたのだった。

  加藤先生…
とし子は加藤の顔を思い出した。
笑うと真っ黒に日焼けした顔に白い歯があふれ、とても爽やかな印象を与えた
C。
とし子は無意識にTシャツの上から胸のこまを回し始めた。

 「. . . . .」
 すらりとした5本の指で、柔らかい胸の隆起を掴むようにしてからかいながら揉んでいった
C。  顔に頬が赤くなり、隠れたもう少し乱暴になる。
左手で胸への愛撫を続けながら右手で股の方を触れながらスッと
なで上げる.

 「カトウ様…」
  甘い感覚で、敏子の口から漬け込んだため息がもれる。 右手がそのままショートパンツの高さ
大根のひもの中に潜り込み、パンティの上から秘密の部分を探り始める。

 「トシコ、トシコ!」
 突然、下の階から母親の呼ぶ声がした。
 夢のような気持ちが一気に吹き飛んで、敏子は現実に立ち戻された。
 今から好きになろうとするんだけど…いつもこんな感じで……
  とし子はのろのろとベッドで起きた。 またどうせ買い物にでも行くことになるだろう。

 「敏子、悪いけどおつかいに行ってきてもらえないかな。 」
下から母親の使いの声が聞こえた。 やっぱりそうだね、どうせ暇だから行くのはいいよ
だけど…

 「今すぐ降りるので少しだけ待ってください。」
 今やっていることを邪魔されてカッとなる気持ちを抑えながらトシ子は下に
降りて行った。

*
福沢とし子、14歳。 東京郊外の市立池上中学校に通う、中学二年生
年のごく普通の女の子だ。

  とし子の中学校は、「石川町」という私鉄の駅のすぐそばにあり、家に
署から歩いて行くには約20分ほどかかる。 自転車通学は許可されていないため、
夏や冬は歩くのがちょっと苦手だ。  とし子の家はちょうど二つの坊主
学区中間段階の境界線にあり、距離的にはもう一つの学校である新田中中学
編が近かったので、そちらに通おうかとも思っていた。
制服も向こうはエンブレムの入った紺のブレザーコートに、チェックのスカートする3
おしゃれな制服だが、こちらはごく普通のセーラー服だ。 當然信太中學校の方が女
学生の人気は高かったけど、とし子はずっとセーラー服に憧れていたので、多少遠くても
迷わず池上中学を選んだ。

通うのに時間はかかるが、仲の良い友達もたくさん会えたし、校風もとても良いし、
あ、すぐに慣れることができた。 だからトシ子は今も池上中学を選択
できて良かったと思っている。

家庭は両親、姉、そしてトシ子の4人家族だ。 2歳年上のお姉さんは
高校が寮ありなので、普段はほとんど家にいないが、家庭内は穏やかで
と、だんらんで他の日本の平均的な家庭と違うところはない。

 昔は背も高い方ではなく、目立たなかった敏子だが、小学5年生が
なった時に急に身体が発育し始めた。 初経があったのもそのころだ。
 
身長は159センチ、今もそんなに自慢できるほど高くはないですが、脚が長いので実際には
の背丈より大きく見える。 最近は身体の一部も丸みを帯びてきて、だいぶ大人びてきたよ
C。  ゆるやかなカーブを描く細い眉毛、温和な感じがする一重まぶた、しっかり閉じた愛
らしい口元、そして全体の調和を壊さないような高い鼻…
それらが絶妙のバランスで小さな顔の中に配置されている。

 中学生の特徴である子供と大人の艶やかさが同居しているような容姿と、不思議な
魅力を感じさせるさらさらボブカットの黒髪が、透き通るような白い肌にマッチ
している。
ちなみにトシ子はまだvirgin、キスさえも経験したことがない。

最近の女の子は成長のスピードが速いし、中学生で初めての経験を済ませてしまう子も
かなりあるという話をよく聞く。 しかしトシコにとって、そういう話は
なんとなく自分とは遠いものに感じられた。

最近の女の子は身体の発育が良く、中学生の中でも大人と比べて遜色が
ないような成熟した体の子どもも少なくない。 しかし心はまだ幼く、義経
試験については興味を持っているのと同じだが、また不安も持っている。 実際、中学
生にはまだバイリンを持っている女の子編が圧倒的に多いのだ。

その年頃の女の子  とし子も普通の少女のレベルで、性に関しては普通じゃない。
は関心を持っているし、学校ではちょっとギリギリの話を友達とする場合もある。
しかし、なんといってもまだ14歳、まだ始める心の女の子だ。

 「やっぱり暑い」
母親からメモを受け取り外に出た敏子は、陽気な顔をしかめながら、自転車。
に乗って勢いよく飛び出していった。

춘천개인회생 개인회생신청자격

원주개인회생 개인회생신청자격

강릉개인회생 개인회생신청자격

속초개인회생 개인회생신청자격

동해개인회생 개인회생신청자격

삼척개인회생 개인회생신청자격

철원개인회생 개인회생신청자격

원주개인파산 개인회생신청자격

춘천개인파산 개인회생신청자격

http://blog.daum.net/byejunyoung/153 개인회생신청자격

*
 その日の夜は珍しく父が早く帰り、3人で夕食を食べることになった。
  とし子の父は中堅の貿易商社で営業課長をしており、海外取引という
仕事なので、なかなか早く帰ってくるのが見にくい。 また、ほとんど他の家族が夕方
食事を終えた後に入って来て、たまに家で食べる時も、父一人で食べること
が普通だった。 ところで今日は七時もたたない時間にお入りになって、それにお入りになって
おいでになる前に会社から電話まで入れてきた。
こんなことは初めてだ。 それに、いつもと違ってとても気分がいい。

 「お父さん、おはようございます。 耳も早くてニコニコしたのが、何かいいことしたの
~ですか?
箸を動かしながら敏子は上機嫌だった。

 「うん、言うか? 実は」
 お父さんが体まで揺らして話し出したのは、なんて旅の話だったんだろう。
C。

 「ちょうど明後日から1週間休みが取れるんです、実はもう予約もとっている」
 父は夕食のすき焼きを食べながら、笑顔で話した。
  トシコの両親は元々旅行が好きで、お互いに知り合ったきっかけも旅行先での出会いが
だったと敏子は母から聞いていた。 お父さんが仕事で忙しくなってからはそのような人が
話も出なくなったが,  母はよく長期の旅行に行きたいが父
えい,  用事があってあきらめざるを得なかった. そのためか、突発的な提案にもかかわらず、すべてすなわち
席で賛成した.
敏子も少し旅に出るつもりで興奮していた。

しかし次の父の一言でその興奮は吹き飛んでしまったのだ。 
 「あ、ところでトシコ。 悪いけど、お前は留守番をしないと。」
「はーい、何それは」

 父の冷たい言葉に、とし子は思わず大声を上げた。
 「実は今年が母と結婚して20周年なんだ。 その記念の旅に行くつもりで 
今回の話が出たんだ。」
 「ね-、あい、…」
敏子も旅といえば、小学生の時家族四人で軽井沢に行って以来、賞
とても遠い話だった。 やっと退屈な日常から抜け出せると思ったのに、
こんなことがまたあるのだろうか。
そのとき、とし子の頭には数多くの何かが光った。 然しては…
 
「わかりました、仕方ないですね。 そういうわけはラーメン」
 「,  あっ,  あっ,  あっ,  そうか。」
急にとし子の態度が変わり、父は呆然とした顔をした。

 「よし、二人で行ってきて。 代わりにそれに相応する何かがなければならないでしょう。」
 「なんだよ。トシコ”それ相応って”もう少しあっさり納得させてあげないと。 彼
それでこそパパはトシ子がもっとありがたく思えるのに…。.」
 「何してるんですか!あなたとし子の心遣いも分からないし…とし子も連れて行くようにしましょう。
はい!」
母も旅行に行けるという喜びがあるけど、とし子が大人しく遠慮の入った
言うとすまなそうな顔をしている

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다