その代わりに、線

「お母さんも心配しないで行ってらっしゃい、留守番もいるし。 その代わりに、線
水を買ってくることは忘れないでね」
 「それはもちろんだけど…」
 「本当にいいんでしょ?」
父はまだ腑に落ちない様子だ。

「うん、よく考えてみると私も自分なりに用事があることを思い出しました。 大丈夫、家。
よく守る人がいるから心配しないで二人で行ってきてください。」
とし子は本音に気づかないように、力いっぱい作り笑いをして言った。

 「それでは、ごちそうさまでした。-」
とし子は食事が終わると、気の抜けた顔で両親を残して二階へ駆け上がる。
ていた。よく言った。

 自分の部屋に戻ったとき、とし子の心の中で一人微笑んでいた。
  とし子の頭にひらめいた、それは自分の自衛の的である加藤先生だろう。

https://blog.naver.com/byejunyoung2/222082645927

인천개인회생

인천개인회생전문

인천개인회생전문법무사

부천개인회생

김포개인회생

의왕개인회생

군포개인회생

시흥개인회생

광명개인회생

인천개인파산

“少女”シリーズは全部で4部16枚とかなり長いし内容も面白いです。 学園流や少女風の
エロ小説が好きな方は、関心を持って愛読してください。 第1章は始まりの部分だから
あまり果敢なアローティックはなく、人物描写や周辺状況が描写されていますね。しかし、次の章に
に移るほど楽しさを感じるでしょう。wwww

From:赤いアンマガ

少女トシコ  1部2編   未指定 

10人の方々の熱い声援のおかげで、私は特別会員になりました。  頑張って投稿しなさいという運営者さんの
意味だと思ってもっと熱心に良い文を書きます. 改めて感謝いたしますぺこっと~。

第二章  ひとりぼっちの遊戯

敏子が自慰を始めたのは、小学5年生の時だった。

  敏子は入浴中、スポンジで身体を洗っていた。 上半身を終えて下半身に
着手した際、タイルの床で滑って転がるようになった。
とし子は、その瞬間に床にたがを掴んで、やっとの思いで転ばなかったが、その時に、ちゃんと買って、
打球の大切な部分が、具体的に言うと、のポイント部分をこすり合わせるような
形になってしまった。

 「あっ」
とし子は思わず、息をのんで声を張り上げた。

 「何か?  これ、変に感じる」
 まだ性知識がなかった敏子は、初めて経験する感覚に戸惑った。
しかし、その感覚は決して不快ではなく、気持ちはいいものだった。  とし子はまた、ご用心
注意深く人差し指でそこの割れ目に沿って撫でてみた。 こそばゆそう
は…で胸がキーンとなるような、何とも形容しがたい感覚だった。

 それがトシ子の自慰との出会いだった。 それからトシコはよく、バスルームやベッドの中、
で密かに遊戯に陥った。 何よりそれが自衛という行為だと知ったのは中学生
1年が過ぎてからだったが…。.
ただトシコは最近、今の自衛になんとなく物足りなさを感じ始める。
した。という意識を認識してからはもう少し我を忘れて、思いっきり乱れてみたい。
と考えるようになったのだ。

しかし風呂場の近くが台所なので、母親がいつ来るかわからず、自分の部屋でやるときに
道の近くの部屋で両親が寝ている。 だからトシコは両親を心配しながら、他人のことを
密かに自慰しなければならなかった。 おおっぴらに声をあげたりすると、いくら部屋がちょうど
言われていると言っても聞こえてしまうからだ。

 でも一人になると誰かが突然入ってくることもなく、いくら叫び声を上げる。
窓さえ閉めておけば近くまで聞こえることもない。 いくらでも大胆にできる行為
である。

전주개인회생

익산개인회생

서산개인회생

정읍개인회생

완주개인회생

김제개인회생

남원개인회생

전주개인파산

https://blog.naver.com/byejunyoung2/222082649185

両親が旅行に行く前日、とし子はいつもより早くベッドに入った。 1分でも
早く明日になればと思った。

 しかし気分が高揚してしまって眠れない。
 いよいよ明日だよ…
 そう思うと胸が重苦しくて、敏子は何度も寝返りを打った。 ややもすると指
この無意識のうちに股間で動くようになりそうだ。
 我慢しなきゃ!明日までトシコうん。
 自分に言い聞かせるが、胸が大きく響いてなかなか平定できない。
敏子は困っているあまりに羊の数を数えてみた。 これが意外にも効果的に、心を
静かな気分から徐々に落ち着きを取り戻していく.

 次第に目頭が重くなり、敏子はようやく眠ることができた。 これがべッドに野
歩いてから3時間経ったことだった。

*
 時計の針が9時を少し過ぎたころ、とし子は目を覚ました。
 閉まったカーテンの隙間から陽の光が差し込む,  外では小鳥が朝の合唱を
ぺちゃくちゃしゃべっている。
 
とし子はベッドの中で、いっぱい伸びをしてから、ゆっくりと起き上がった。 ぼんやりした目を
つけながら窓を開け、深呼吸をする。 新鮮な空気が肺いっぱいに入り込み、
シコの意識を鮮明にしてくれた。

 朝の雑音が台所で鳴り,  台所のテーブルにはサンドイッチが用意されていた
両親はもう外出した後だった。 家の中はしんと静まりかえり、音一つしない
C。
 今この家にいるのが自分一人だけであることを、敏子は改めて実感した。 同時
えっと息苦しくなるような興奮が、再びトシ子の胸をつかむ。

落ち着かないと…」
  とし子は自分に言い聞かせながら平静を取り戻すように努めた。
 うきうき気分を抑え、素早く朝を終えると、敏子は階段を上って自分の
部屋に戻った。
,  いよいよひとりだな….
 何か重要な意識でも挑戦するような、緊張した気持ちだった。
さっき開けっ放しのカーテンを閉めながら、敏子は部屋の中央で、いっぱい深심
ふえた。そしてパジャマのボタンをいちいち開けていく。 興奮で指先が細かい
に震えていることを自分でも知った。

대전개인회생

대전개인회생전문

대전개인파산

세종시개인회생

천안개인회생

당진개인회생

아산개인회생

서산개인회생​

​논산개인회생

공주개인회생

홍성개인회생

보령개인회생

https://blog.naver.com/byejunyoung2/222082647591

 いつも寝る時はブラジャーをしないので、肌を蹴ろうとしながら過失のような二つの
コマが見えてコマの先にぶら下がっている少女の乳頭は少しの涼しさに震えている。

ズボンを脱いだ後、最後に残ったセミビキニのパンティーの輪ゴムに手を当て、桃の
皮をむくようにヒープから外しながら、とし子はタンスのドアを開け、裏側一面にある
全身が見えるデウルの前に自分の裸身を照らした。

 そこには女子中学生の半端ない裸が立っていた まだあどけない顔と
逆に、身体は14歳の少女の身体とは思えないほど、成熟した姿を
見えている。
 夏休みの前半、トシコは宿題と格闘していたのでほとんど外に出たりして
なかった。そのため肌は雪のように白く、また絹のような柔らかさを持っており、
C。
プリンのように膨らんだ乳房は、ブラジャーをしているときそのままの、きれいな果実の型
態を保っている その頂点としては,  淡いピンク色の乳首輪と米粒の大きさ
機の乳頭が置かれて目をのぞかせている。

 緊張したウエストはゆるやかな女性らしい曲線を描いてしまっていて大胆に出たヒップ
ラインまで続いている。
下腹部を飾っている陰毛だけは、股の周りを辛うじて覆うほど、他のところ
の成熟した肉体と比べるとアンバランスだった。 しかし、それがむしろ何とも言える
ないエロチシズムを感じさせる

 「フ」
  とし子は、ひとつ大きくため息をついた。 少し前から興奮と期待感で、心臓が警鐘
と泣きじゃくっている
乳房を両手で包みながら、ゆっくり円を描くようにからかい、こすっていく。

 「. . .」
とし子の口から声が漏れる。 甘美なさざ波が全身に広がり始め、
熱いものが下半身にむっとしてくる。 抑えていた欲望に火柱が、敏子の神様
ふるいに新しい愛撫を求めて妬み始める

  もうだめだ…..
  とし子はベッドに寝そべりながら左手でまた乳房を遊ばせながら、右手を
下半身に伸ばし、ほっそりと肉づきの良い股間をなでてこする。
 「,  あっ,  あっ…」
敏子の背筋にひんやりとした感覚が走り出す。

 「先生…加藤先生」
  とし子は思わず、あこがれている加藤の名前をつぶやいていた。
 細くて白い指が細かく震えながらゆっくりとピンクの唇に近づいていく。 形容
できない愛らしい二枚の唇の中に、突き出した指を入れられる。
  敏子は目を閉じて、人差し指と中指をしゃぶった。 チュパッという音がした
と思うと、口腔の中から赤い舌の入った指を唾液ですすいでいく。
 やがて唾液で銀の指は、豊かな乳房の頂上をつかんだ。 乳頭は性的興奮
そのためピンクが色づき、固く痼っている。
は指が、敏感になっている乳頭の先端をつかむ。

 「…ああっ」
 熱いため息が小さな唇から断続的に出て…。 早く滑らかになった指が、
充血した胸の突き出た先を刺激しながら、股を中心にこの波紋のように広げる。
負けていく。
 股間を愛撫していた右手が、やがてVENUSの丘をつかむ。
  敏子は大きく足を開き、立っている指でを拡大した。 まだ男を
知らないピンクの花びらがじわじわと開く そこはもう十分に艶やかな光を放って
あった。
が拡大したまま、で輝いている花びらに指を行き交わせる。

 「ああっ…いや」
とし子は気が狂いそうに腰を曲げながらあえいだ。

 「あ、あ、あ、あ、あ、あ、
 敏感な悲願はを次々に分泌し、シートまで濡らし始めた。
とし子の指は、まるで違った意志を持っているようだった。 手先が器用に人差し指.
指と小指で拡大しながら、その間の中指は割れた部分の頂点に
位置している、最も敏感なエメラルドを捕まえた。

 「あ、やばい!」
電気ショックのような強烈なこの身体の中を駆け抜けトシ子は女らしくない嬌声
…を叫ぶ。

 「ああっ,  わっ,  もっと,  もうちょっと…!」
とし子は狂おしく突き上げた腰をくねらせ、充血したクリトリスをつかんで回すように
愛撫する.

「ああ、先生!そんなことはやばい!」
  敏子は加藤に愛撫されている自分を空想していた。 特定の男性を想像
自慰することはもちろん初めての経験だった。
 先生、ごめんなさい!

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다