前に友達とバック

もちろんこんな下着は中学生の女の子が普通に着るものではないが、前に友達とバック
花屋の下着売り場に買い物に行ったとき、衝動買いしてしまったのだ。
 
やがて着替え終わって自分を全身鏡に映してみた。
半袖の白いブラウス、赤い大きな格子のフレアが入ったミニスカート、ブラウス
の胸元は赤いリボンタイがアクセントを与えていた。 中学生らしい愛らしさと健康
性的魅力を漂わせている  敏子にはピッタリのファッションだ。

 よし、これで準備は終わった。
  トシコは玄関にガビーチサンダルを履きながら、灼熱の太陽が降り注ぐ外へ元気に
飛び出てきた。

一緒に載せようとした”科学先生吉田”3部は日本作家がホームページにアップが遅れて
今週は多分「学園、少女、ローメンス、エロシズム小説少女トシコ」だけが掲載される。
同じですね。10分にたくさんの愛読をお願いします。

From:不近のアンマ  <—  このID、大丈夫ですか。 楽章でおすすめしてくれたIDだよ。

少女トシコ  1部3編~4編  未指定 

10分”少女トシコ”3,4枚を一緒にあげます。 除夜説とともに楽しい週末になるように
しなければなりません。

인천개인회생 개인회생파산상담센터

인천개인회생전문 개인회생파산상담센터

인천개인회생전문법무사 개인회생파산상담센터

부천개인회생 개인회생파산상담센터

김포개인회생 개인회생파산상담센터

의왕개인회생 개인회생파산상담센터

군포개인회생 개인회생파산상담센터

시흥개인회생 개인회생파산상담센터

광명개인회생 개인회생파산상담센터

http://blog.daum.net/byejunyoung3/108 개인회생파산상담센터

第三章  草原に散った花

  あーあ、疲れた。

  敏子は石川町駅の改札を出たとき、思わず空を見上げて息をのんだ
.
 夏は日が長いので、空にはまだ明るさが残っていたが、時計の針は
もう7時を差そうとしている
 結構かかったかな。
 ミッキーマウスの腕時計を見ながら敏子は思った。
映画を見ながらもう家に帰った方がいいと思っていたのに、ウィンドウショッピングを始めて
くせに、あれもこれも見たくて遅れてしまった。 普段は履いていないので履き慣れないかかと
の高いサンダルでまた長い時間歩かなければならなかったので足が少し痛い。

  今考えてみるとお昼も食べない。
 不思議なことを思いついた瞬間、急速に空腹感が襲ってきた。
外食してもいいんだけど、家に帰るといい材料があるので自分で作って食べると
余計なお金を使わなくてもいい。

  とし子は家に向かって歩き出した。
 明日はトシ子の両親が帰ってくる日だった。 帰ってきたら  今まで通り  対す
淡々とした自衛はできない。 また退屈な明日に戻ってしまう。  とし子は何か明日
すると夏休みが終わってしまうような寂しい気持ちになった。
 
明日は朝から…ううん、いやだ。
そんな下品な思いをしながら家に帰ることを急いでいるのに、後ろからトシコ
を呼び止める音がした。

 「おいそこー、ちょっと…」..」
敏子が振り向くと、Tシャツに着た男性が駆けつけてくる。

 「何ですか?」
 男は20代前半、背が高くてほっそりした体格で、刑事ドラマの『太陽!』に俺
来た俳優の山下真司に似ていた。
 
「すみません、ちょっと道をお聞きしたいんですが、石川町駅まではどうやって行けばいいんでしょうか」
 男は困った顔で敏子に聞いた。 友達の家に遊びに行って来る道に迷う
…してしまったのだという。
  敏子は駅までの道順を説明したが、まるで分かっていない様子だ。 この辺は東京と
隣接した郊外である それでバスは通っていますが、バス停まで行くよりも、ここ
署からなら駅まで歩いた方が早い。 ただ道が少し複雑でここの人ではない
するとわかりにくいかもしれない。

 「分かりました、私が駅までご案内しますよ。」
 「はい、ありがとうございます。」
 確かに疲れていたし、また役に戻すのは本当に嫌だった。 だって男の困った顔
を見ていると、そのままにしておけなかった。 それに男の人が結構イケメンなので、デートする
気分で一緒に歩くのもよさそうだと感じたのだ。

 「ええ、どうせ暇ですから大丈夫ですよ」
 ごめんなさい。初対面でこんな失礼を犯して。。
 「じゃあ、行きましょうか」
 とし子は男と一緒に道を歩き出した。

*

전주개인회생 개인회생파산상담센터

익산개인회생 개인회생파산상담센터

서산개인회생 개인회생파산상담센터

정읍개인회생 개인회생파산상담센터

완주개인회생 개인회생파산상담센터

김제개인회생 개인회생파산상담센터

남원개인회생 개인회생파산상담센터

전주개인파산 개인회생파산상담센터

http://blog.daum.net/byejunyoung3/112 개인회생파산상담센터

 「本当に大丈夫ですか?」
男は何度も「感謝する」と言い、何度も礼を尽くして言った。

 「心配しないでください。 本当に特別なことはありませんから。」
 それでは今日は会社の休日ですか?」
 「あれ、何の会社ですか…。.?」
 「あ、それじゃ、大学生ですか」
 「いいえ、私はまだ中学生です。」
 「あれ、本当に?」
男の人はトシ子が14歳って夢にも思っていなかったように、かなり驚いた様子。
だった。

 「、大人っぽいから20歳くらいかなあと思ったよ。」
 「いいえ、私は中学生です。 ハハハ」
  敏子ははにかみながら両手で顔を覆った。 でも内心は大人に見えるよ
なかなかの出来栄え
 
こんな風に男と歩くなんて初めてだ。
 学校帰りに仲良く肩を抱いて歩いているカップルを見る時に、敏子は
うらやましいと思ったのだ。 だから単純な道しるべでもこうして男性と2人で歩く
ていると、まるでデートでもしているようで、気持ちが浮き立ってくる。

 「学生まだまだ。どのくらい行くべきかな?」
どれくらい歩いたんだろう… 男が聞いてきた。 知らない場所なので、  どれくらい歩けばいいのか
見当のつかない顔だった。 
「この辺は相当辺ぴな所だから。もっと行かなきゃ。」
 その時、敏子は近道を思いついた。

*
そこは近道といっても人の通らない道で、小さな山道を抜けるコースだった。
C。  そこを通ると普通の道より少し早く石川町駅に到着
できるけど、近所は人気が全然なくて危ないから、とし子の学校ではその
所を通ることを禁じていた。 でもそこは学校への近道にもなっているよ。
禁止といっても監視する人がいないので、敏子を含めて何人かの生徒はさあ、
主その方面を利用していた。

 「この道を行けば近いです。」
  とし子は木がたくさん生えている方角を指差した。

대전개인회생 개인회생파산상담센터

대전개인회생전문 개인회생파산상담센터

대전개인파산 개인회생파산상담센터

세종시개인회생 개인회생파산상담센터

천안개인회생 개인회생파산상담센터

당진개인회생 개인회생파산상담센터

아산개인회생 개인회생파산상담센터

서산개인회생​ 개인회생파산상담센터

​논산개인회생 개인회생파산상담센터

공주개인회생 개인회생파산상담센터

홍성개인회생 개인회생파산상담센터

보령개인회생 개인회생파산상담센터

http://blog.daum.net/byejunyoung3/111 개인회생파산상담센터

​ 
 
「こんなところに歩いていけるの?」
 「結構です。 一応道がありますから。」
  とし子は、まず林道を登りはじめた。
最初は高い木で囲まれていましたが、少し歩くと前が開いて広々とした草原が
た。草が少し生えているとしても靴を越えない背の低いだけで、やっぱり通過
する人にとって、草を踏んで抜け道を歩いていけるので、それほど歩きにくいという
という感じはしない。

 忘れていた疲れと空腹がくるんでくる。
まず駅に着いたら食事をして少し休もう。  
そんなことを考えながら、敏子は前を急いで歩いた。
次の瞬間、とし子は心臓が止まりそうにびっくりした。 男が突然自分の後ろで
抱いてきたのだ。
 
「何してるんですか!」
 「これが本当に中学生の体だ。 いい身体だな、すっかり殺してやるな….」
男は息をせかせながら、ブラウスの上から敏子の胸のこまをつかんできた。 ゾー
今までとは違って、目つきがまるで飢えた獣のようにカンカンと光っている。

 「あの、冗談はやめてください!」
  敏子は一生懸命体をひねって男の腕から逃れようとしていた。 しかしトシ
鼻の力では結局無駄な努力に過ぎなかった。
 
「うん、放しなさい!」
 「そんな行動するな。 こんな辺ぴな所に僕を連れてくるなんて  本当は男とやりたかったんだ
…したのではないか?」
 「違いますよ、そんなことはありません!」
 「まあ、そう言ってもしょうがない。 僕が可愛がってあげる。 カカカ~」
  とし子は肩を抱いて「あっ」と叫ぶうちに草の上に突き倒され、
捨てた

*
 「やめなさい! 」
  敏子は髪を散らして必死に男の下で反抗した。
 
「おい!暴れるな、うん!」
  とし子は男の太い腕で顔がとまってしまった。
 男が顔に近寄ってくる.  太い腕で固定された顔は動けず、
志子は男に唇をとられてしまった。
 女の子なら誰でも夢見る初めてのキス、それがこんな形で。。。とし子の目
から、無念の涙がこぼれる。
 男は激しい唇がトシ子の唇を吸い上げながら、舌をねじ曲げるようにして近付き、
くる。タバコの香りが濃い唾液が口の中に流れ込み、敏子は嫌悪感を吐きそう
するようになった。

  こんなのうあっ、だれか、だれか助けて!
  トシ子は自分の不謹慎を悔やみながら,  来る可能性のない人を助けるな
音の中で必死に要求していた。
男は敏子のブラウスの胸元に手を当てて一気に破った。

 「か、どうか、やめて!」
 バラバラになったボタンが飛び散り、前の部分の肌が冷たくなる。 続けてブラジャーを
引き裂かれ、豊かな乳房が溢れ出てきた。

 「oh  ほ!-、これは本当に偉いな…」、お前本当に中学生か」
 男の前にさらされた敏子の乳房は、いたるところに立ち、その形を崩さず、
豊富に高まっていた。 頂点に立った鮮やかで清純な桃色の
乳首が男の欲情をそそる.
 男の人はmarshmallow(アメリカのお菓子の一種とても柔らかくて甘い)のような乳房を順番に
ろ撫でながらも、飢えた獣のように苦しそうにくっついて離さない。
 愛らしい乳頭を舌で回し、洗って回す。 同時にもう一方の乳房を休むことなく
このからかってみる。
 
「本当に、やめてください! ふふ~」
敏子は襲ってくる嫌悪感と恐怖にむせび泣いた。

 「カカ~、手が吸い込まれるようにお前のがついてくるんだな。」
 男は息を切らし、執拗に敏子の乳房を欲しがる。
 肌の白い乳房が、唾液でだんだん汚されていく。
 
「あっ、やだ!」
  とし子は、髪を狂ったように振り乱して叫んだ。 男手がスカートを引っ掛けてくる
そして、下着の上で柔らかい部分を愛撫してきたからだ。
  とし子は、大腿を苦にして男の手を断ろうと試みたが、わずかな
すきまをこじ開けてついに侵入を許してしまった.

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다