「中学生がこんなのを着ていてもいいのか、えっ?」

「中学生がこんなのを着ていてもいいのか、えっ?」
男はにょろにょろ笑いながら、下半身を隠している小さな布に手をつけてきた。

 「,  その分だけ。 お願いだからやめて….!」
 「もう適当にあきらめろ! 」
 「この薬、いや!」
 「こいつ、じっとしてろ!」
 男はパンティーに手を出しながら力いっぱい引っ張ってきた.  とし子は捨てないように一生懸命それを
押し上げる。
 
「うわぁ、あーん!」
その男は指の爪に薄い布をさしてきた. それはかっとなって、まるで年。
プのようにパンティに穴をあける。

 「ああ、もうやめなさい! 」
しかし、男は彼を起点にして、びりびりと薄い布地を破った。 柔らかいパンティガ
大腿でずたずたになって下半身が露出する。

 「とても大変だな。カカ」
男はトシ子のすらりとした足を大きく広げ、住み込みのいい大腿のひらひらとした脚を抱えながら、
秘密の花園に顔を埋めてきた。

 「ああっ、やめてよっ!」」
  とし子は顔を逆立て、はずかしげに泣き叫んだ。
 恥ずかしい丘に男の熱い視線が注がれるのが感じられた。
 親にさえ見せたことのない、お嬢さんの秘密の部分がこんな男に…
恥ずかしさのあまり、敏子の体は抵抗する力が急速に衰えてしまった。

 「あそこは割と子供らしい姿だな。」
 男はトシ子の悲願を観察しながら言った。
 恥部は大人の女性と比べても遜色ないほど柔らかく、成熟した姿を見せ、
ている。しかしそこを隠している陰謀は、やっと恥ずかしい部分を飾っているだけで
…だった。
花びらを指で広げると、わずかな水気のある陸壁が光った。 そこは
 特有のチーズのような衣のにおいが漂ってくる。

 「いいか、中学生でこんな姿になるなんて興に乗ってもおかしくないのに…。」
男の舌が敏子の肥育をかきわけて入ってきた。 軟体動物のようなそれ
は、ピンク色の陸壁をサクサクと洗い、敏感な突起を突いてきた。

 「ああ,  あっ,  あっ…」
その瞬間、敏子は自分の身体を貫通する感覚に戸惑った。 もちろん屈辱感や嫌悪
感もあったが、恥と快楽が入った、形容しにくい感覚が、敏子の身体に
しがみついたのだ。

 どうしてこうするんだろう。 俺は犯されようとしているんじゃないか  どうか….!
敏子は自分の身体に広がる甘い感覚に戸惑った。 しかしトシ子の意志とは半分
通り、きれいな葉っぱが段を分泌し始めていた。
男の舌が動くたびに、ばちゃばちゃという音が聞こえる。
あの淫蕩さの影響だろうか?  下腹部から熱く甘美な波が沸き上がった。

 「あっ、やってきた。 やっぱり中学生のおしるしは香るし、ずいぶん違うね」
 「そんな。音…」 あーん!いや、いや! 」 
 しかし拒否する言葉とは正反対に、ピンク色の隙間は完全にその入口を開け、透明な
をあふれさせている。
 
男がトシ子のローから顔を上げた。 十分だったと判断したようだ。 一つ
藩敏子を退き、ジーンズとトランクスを捨て、欲望のかたまりを取り出した。 剣
銀のつやつやするそれは前に突き進むことを求めて硬直している。
  敏子は男子が去った瞬間のチャンスを生かせなかった。 心では拒否している
なのに、恥ずかしい部分を男の舌で感じてしまったことがショックに変わり混乱していた。 正常
人の事故を失い、動けなかった。
男の人はトシ子の足を大きく開いて、その間に腰を挟み、ついにの
体勢に入った.

 「ダメ、いや!お願いします。もうやめてください!」
 みずみずしく清純なのに固いものがぎゅっと抑えられる感触に、敏子はかわいそうな姿を
泣きながら、涙に銀の顔を上げた。
しかし、男はかまわず、衣の端をきれいな花びらの中に刺した。

대구개인회생전문 개인회생파산상담센터

대구개인회생 개인회생파산상담센터

대구개인회생법무사 개인회생파산상담센터

대구개인회생무료상담 개인회생파산상담센터

포항개인회생 개인회생파산상담센터

구미개인회생 개인회생파산상담센터

경주개인회생 개인회생파산상담센터

안동개인회생 개인회생파산상담센터

 「あっ!ああ、痛い!」
熱して熱くなった箸が突進するような鋭い痛みが身体を貫通した。  トシ
鼻は悲痛な声で叫び、声を上げて顔をしかめる。

 「うぅ…かなり狭いな…」 」
男はトシ子の陸路の狭さに苦しいうめき声を上げながらも、更にを内側に突き刺し、
あっ,  行くぞ.

 「いや、痛い、痛い!」
  敏子は激しく頭を振り、体をひねって泣き叫ぶ。
 男の人は狭い陸壁を作って根元まで埋めてしまった。 幕が破れたのか、
鮮血が澄んできれいな色調の花びらに乗って、下に流れ落ちてくる。

 「やっぱりか、こいつマジで狂わせるな。 カカカ」
 出血に気づいた男はうれしそうに笑いながら、ゆっくり往復を始める。

「この薬!痛い、やめて…」!」
激しい苦痛に腰を浮かべながらすすり泣く敏子を、男は容赦なく押さえてしまった
C。  が絶えず可憐な案を曲げて、敏子はその痛みに腰を押し、
上げると、その反動で男が腰まで突き刺してくる。

 「お願い!、あーん!」
 腰を引っ張ったら引っ張ったところに、また男がついてくる。
 
「、本当に、痛い! あ、うん。
 「やっぱり、がっちりやってくるね。」
 流れ出る鮮血が男の歯を真っ赤に染めていた 男はそれを見て  もっと
かっと興奮してさらにスピードを上げていく。
 「お願いだから、もうやめてよ。 カクアアア!」 
敏子は白い裸身をぴくぴく震わせながら哀願を繰り返した。 身体を苦痛に苛められ
失神してしまいそうになる

 「……そろそろイク」
男が最後の頂点に近づいているのをうめき声で吐き出した。 そして、悲願…
を刺し、乳房をくみ上げるようにして練って回す。

 「いや、ああ、いや!」
 「ああっ、行くぞ!」 . . . .!」
次の瞬間、トシ子の中で男の熱いか脈打つように六壁を設ける。
差し上げて,  大量の樹液が入り込んだ
.
 「うあん、!」
 初めて経験する医の恐ろしい感触に、敏子は身体を振動させて泣き叫んだ。
男は最後に一滴まで包み、敏子の唇にまとわりついて離さない。 そっか
私を傷つけたショックに嗚咽するトシ子にもう断る力は残っているよね
そうではぁ…

상주개인회생 개인회생파산상담센터

영천개인회생 개인회생파산상담센터

영주개인회생 개인회생파산상담센터

경산개인회생 개인회생파산상담센터

문경개인회생 개인회생파산상담센터

대구개인파산 개인회생파산상담센터

대구파산신청 개인회생파산상담센터

http://blog.daum.net/byejunyoung3/106 개인회생파산상담센터

第4章  欲求

 「いい時間だった。 最高だったよ…。」
  トシコとの行為を終えた男は服をまとめながら、まだショックに置かれているトシコに
と言いかけた。
 「君はどうだった、初めてだからちょっと感じがしなかったんだろう?」
敏子は死んだように動かず、男の言葉にも無反応だった。 ショックの状態に陥る
負けていたのだ。

 「早く家に帰れ、いつまでそんな所に寝てるの?  風邪をひく、カカカ
. . . . .」
 好き勝手に言い残し、男は笑いながら立ち去った。
 
空が暗くなり、夜風が吹いてくるころになると、とし子はやっとショックから逃れて、
私蘇生してきた。
 どうして…どうして私にそんなことが…
 目に新しい涙がこぼれてくる.  とし子はその場に座り込んで、声を張り上げて、
すすり泣いた
 二度とこんな所に入ってこない。 とし子はすすり泣きながらも、のっそり立ち上がった。

に不快な感触があった。 恐る恐るそこを触ってみると、湿ったのが指先に
届いてくる。

  とし子は指を鼻先に持っていった。  夜の花のような、生臭いにおいがトシ子の
顔をしかめた.  男が包んでおいたものがまだ残っていたようだ。
  トシ子は足首にかかっていたバラバラの下着で拭き、脱げ落ちて
捨てたサンダルを履き直しながらとぼとぼ歩き出した。
 ぼろぼろになってしまったブラウスを見て、前をもみ隠しながら歩いていても仕方がない
という悲惨な気持ちが襲ってくる。
  敏子は往来の少ない道を選んで家に向かった。 こんな姿を人々に見せるの
したくない、その一心だった。 ときどき人が歩いてきたときは  電柱の陰に隠れる
うん,  通過させた.
 
なんとか無事に家にたどり着けると、とし子はボロボロの服を脱ぎ捨てた
負けて浴室に直行した.
 両親が帰ってくるのが明日なので、敏子にとってはせめて大きな救いだった。 絶対にこの
そんな姿を見せるわけにはいかなかった。
男に抵抗の跡があるように、体のあちこちが泥で汚されている。
蛇口をひねるとシャワーのお湯が勢いよく出てトシ子の体の汚れを洗い、
る。抵抗したときに擦り傷を負ったものや,腕や大腿のあちこちが熱い
水が染みるとしみてきた。
 
とし子はシャワーを浴びながら、男に蹂躙された園を赤ちゃんの世話をするように注意
歯が洗い始めた。
 汚れは洗い流せても、奪われたものはもう取り戻せない。
とし子の目に、また新しい涙がこぼれた。

*
 シャワーを浴びると、とし子はバスタオルを巻いて自分の部屋に戻った。
  受けた悲しみはそう簡単に治療できるものではないが、敏子はちょっと
の平静さを取り戻していた。
にはまだ男が刺さっているような嫌な感覚が残っている。 御妻
彼女を亡くしたときに粘膜を傷つけて、そこがズキズキと痛む。

  敏子は鏡に自分の顔を映した。 泣きじゃくったせいか,  なんとなく目が平ら
牛より水気を帯びている気がする。 顔も心なしか少し上気していること
同じだ。
 お父さんやお母さんにばれてしまわないか…。 
  とし子は少し心配になった。
 心配させないためにも絶対に気づかれてはいけない、と敏子は思った。
C。
パジャマに着替えてトシ子はベッドに入った。 忌まわしい事件は早く忘れてしまいたい
…だった。

 しかし突然服が破れて体の中を洗って回されていた時の記憶が鮮明に
蘇生した。
 いや,  どうして,  思い出したくない。
敏子は悪夢を振り切るように自分の考えを裏切ろうとした。
 心では必死に拒否するが、どうしてもなっていた時のことが思い出してきて
捨てる。
無意識のうちに、敏子はパジャマの上で身体をたどっていく。

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다