「あーん!ダメだ、おや…」

「あーん!ダメだ、おや…」
 なった時のことを想像しながら自慰しようとしている自分を敏子は恥ずかしい。
日を咎めた。

 だめだ、こんなことをするのは変態だ。
 しかし、敏子の手は意識と無関係に、一緒にその動きを止めようとはしなかった。
左手が上着のボタンを外して胸のコマを愛撫し始める。

 「ああっ…美、狂って…ダメ…」」
 口では断りを言いながらも、右手はズボンの中に滑り込み、パンティのゴム
間をはいって秘密の花園を探しはじめる。
 
「…そうだね…もう…、許して」」
  とし子は自分のことを吸われるような錯覚に襲われていた。
 そんな勘違いをすると、ある雑誌で「女の子には欲求がある」ということを
読んだ覚えがある。 その時はまさかと思ったが,  私にこんな欲求が…?

 「ああ、私、私···」
 身体の中にさざ波のように広がることに苦しみながら、敏子はしっかり気づいていた。
C。  またなることを望んでいる自分の心を…..

こうして”少女トシコ”の1部が終わりますね。  2部はますます彼一人の男
に彼女の可憐な体にあいます。これからも多くの期待と愛読をお願いします。

そして落書帳に私が自称「落丁日報」を創刊し、落丁記者を務めました。 今
2枚までアップしたので、一緒に見てください。 足りない記事ですが、それなりに風刺と主張
を一緒に入れました。 なので私のエロ小説と一緒に  ご覧になってください。

少女トシコ  第2部1~2編  未指定 

第一章  妄想に耽るトシ子

9月に入ってから3週間が過ぎた。 外はまだ夏が別れを惜しむように暑い
日が続いていた。

 市立池上中学校2年C組の教室では、最後の英語の授業が行われていた。 遅きに失脚
上の強い日差しが差し込む教室に、女子生徒たちの教科書を朗読する音が穏やかに
聞こえてくる.  まだ夏休み後遺症に落ちて振り切れずにぼんやりと窓の外を眺める
ている人や,  押し寄せてくる眠りと格闘してこっくりこっくりしている人もいたが,  ジョー
立派な教室の中ではほとんどの生徒がまじめに授業を受けているように見えた。

 残りの5分…
 福沢敏子は壁にかかっている時計を見ながらつぶやいた。
一応教科書に目を置いているが、目の中は空っぽのようになって心はここにあり、
…しない感じだ。 もちろん、授業の内容は全く頭の中に入っていない。

 夏休みのある日、とし子は家に帰る途中で道を聞く男を駅まで知った
来韓日があった。 ところがその途中、近道を行くために行った草原で男に襲撃
当該必死の抵抗もむなしくなってしまったのである。
両親が旅行中だったので、ばれてしまったりせずに済んだのは不幸中の幸いに
だったが、大切なvirginをという形で踏みにじられたというのがトシ子のショック
が大きく、ベッドに入っても無惨に犯されている自分の姿が脳裏から離れる。
そうではぁ…

 ところが、身体の内側では火のように酸っぱくて忌まわしい感じがしながらも、自慰に陥り、
捨てたのだ。
 それ以来、なったときのことが一日中脳裏から離れず、下腹部の
内側を毎日のように熱くしておられました。 それを落ち着かせるためにトシ子は頻繁に自衛に
抜けるようになってしまった.
 
授業早く終わらせて…  終わらなければ私…  う~ん,   …
 淫らな妄想と必死に戦いながら、敏子は祈るような気持ちで時計を凝視
した。
何度授業に集中しようと気を取り直しても、すぐに嫌な妄想が頭に浮かんでくる。
捨てる。

 もう一度、その太いものが私の中に入ったら···。
そのとき敏子は、花びらの内側から熱い液体がにじみ出るのを感じた。

*

신용회복위원회 개인회생 개인회생파산상담센터

신용회복위원회 개인회생파산상담센터

신용회복위원회 채무조정 개인회생파산상담센터

개인회생신청자격 개인회생파산상담센터

개인회생파산 개인회생파산상담센터

개인파산신청자격 개인회생파산상담센터

개인회생기간단축 개인회생파산상담센터

​코로나 개인회생 개인회생파산상담센터

개인회생 코로나 개인회생파산상담센터

http://blog.daum.net/byejunyoung3/118 개인회생파산상담센터

やっと授業が終わった。  とし子は、人の顔色を伺いながらそっと起き上がって教科書を行く。
部屋に入れて教室を抜け出そうとした。

 このごろクラス  mate  数人がトシコの態度が変なことをひそひそ言っているということは
、敏子自身も気づいていた。
 「最近のトシコ、俺の事ね…」 何か変だと思わない? 大のおとな
おかしくなっちゃった、そしてちょっと行動もおかしい….」
 「そう  あの子  おかしいよ、何か力も無くなって見えるし…。」
 「また、休み時間は私たちと普通におしゃべりしてたじゃない?」
 「うん、でもまた、授業中も見てみると、目の中が空っぽのように座っていたよ。

 もし自分になった事が彼らに知れたら…
 
敏子はその時は死のうとも思っていた。 友達の噂を否定するため、休む
時間になると友達と積極的に仲良くなって明るい姿を見せようと努力していた。 然様
でも授業時間になると、どんなに頑張っても嫌な妄想が頭の中を支配してしまうこと。
である。
 
敏子は数人の友達に知っているふりをして教室を後にした。 本当は、駆けつけたい。
…するほど花芯が酸っぱくなっていた しかし変な目に見えないように、興奮した気持ち
を抑えて何事もないように歩くように努力した。

 校門を出てしばらく歩いた後、とし子は立ち止まって近くを見回した。 然して同じ学
校の生徒がいないのを確認したら、一目散に走り出した。

*
  トシコが届いたのは、最近開店したスーパーマーケットだった。
この「ダイセンマーケット石川店」は、スーパーマーケットといっても4階まであるかなり大きな規模だ。
敏子はここのトイレに立ち寄り、自慰をするのが最近の日課になってしまったのだ。
.

 女性用トイレは3階にあり、トシコは一番奥にある4つ目の洋式トイレをアン
十分使っていた。
 幸いトイレには他に人はいないようだ。  トシ子は狭い密室に入り、鍵
を締めてセーラー服のスカートをのせた
 ベージュのビキニパンティの中心部に、花芯からあふれ出る歯がすごく染み込んで
おり、陰謀が仄かに見えるほどです。
 
このようになってしまったとは。 私の身体がどうなっていくのだろう?
 敏子は色情狂のようになってしまった自分の身体が恨めしくて気の毒に見えた。 しかし、この
性欲を処理してくれないと不機嫌になりそうだった.
恥部をかすかに飾っている繊毛が、を吸い込んで縮こまっている。 まず左手
服の上に持っていき、胸のコマを擦りながら右手で太ももをサッと押し、
なでて上げていく.

 「あっ…」
 愛らしい唇から息が漏れた。 細い指で音列を広げよう、花びらで
先からあふれ出た歯が溢れ出る。
どんよりとした花びらをのせると、体中がしびれるような感覚が下半身に広がっていった
C。

 「あっ、あっ…」
とし子はセーラー服のすそに左手を入れて温かみのある乳房をこねるようにからかっていた
同時に右手人差し指と小指で広げたまま、中指で 
上部中央に位置するクリトリスを円を描くように撫で回す。

 「. . .」
甘美な電流が下腹部から身体の中に広がり、敏子は大きな音を出しそうになる
ことを必死に耐えた。

 「どうか…私を…どうにか…」
敏子は、また男に犯されていた時のことを思い出していた。 大きく足を広げて
恥ずかしい部分を舌で洗って回された時に感じた甘美な痛みが下腹部から感じてきた
C。

敏子の足はさらに大きく開き、腰を浮かせて花びらをさらに激しく摩擦する。 
 中から根気のあるこの目標なしに溢れ出し、指の動きに合わせて
ぬらりくらりといやらしい音を立てている

 「…あっあっあっ…」
 頭の中が真っ白になって、下腹部に何か突き上げるようなこの込み上げる。

 「ああっ…感じて…狂いそう…」.」
 思わず大声を出しそうになって、敏子はあわてて口を押さえた。
 
「ああ、ああ···!」
抑えた口の間から嬌声が流れ出し、敏子は全身を振り、オルガスムに至る
…した。

 興奮から徐々に覚め、正常に思考する能力が戻ってきた。  とし子は大きくため息
を漏らしながら、汚れた布をトイレットペーパーでふき、かばんから新しいパンティーを取り出した。
 以前は自衛をすると性欲がきれいに解消されて勉強に熱中することができたが,  今は
何となくむなしさが残り、またすぐに自慰をしたくなってしまう。
  とし子は、今日はあまり家に帰りたくなかった。  父は仕事で出張、母
という親戚が出産の難儀をしているので明日まで帰らない 家にはまた
とし子一人だけあって守らねばならない
家に帰ったらまた自慰をしてしまうだろう。 誰にも見られないのはいいけど、とし子は
そんないやらしい自分が、たまらなく、いやだった。

 じゃあ、ゲームセンターにでも···。
  敏子は最近、よくゲームセンターに足を運んだ。 ゲームに集中している時だけはサンス。
いやらしい妄想をしたりしなかった。 しかし使うお金もあまりないし、遅くても家には6時に
まで帰らなくてはいけないので、たった2、3時間の時間ぐらいの余裕しか許さぬ
ならなかった。それでも少しでもその妄想から逃れることができれば何でもよかった
C。
 
トシ子はスーパーを出ると、ゲームセンターのある駅の繁華街へ足を運んだ。

================================================================================
================================================================================
================================

第二章  忌まわしい夢のあとに

  とし子は、この夜もその夢を見た。

心地よい暖かさに包まれて、敏子はセーラー服姿で森の中を歩いていた。 しかし 
敏子は不安な気持ちに襲われていた。

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다