もう何度もこの夢を見て、これから

もう何度もこの夢を見て、これから
何が起こるかということを知っているからだ。

完全にそれは的中した。 突然トシ子の前に黒いものが立ちはだかった。 その人の魂
巣穴にはプロレスラーのような黒い覆面をしている

 「キャ!」
  とし子は森の中を必死に走って逃げた。 しかし思うように足が動くんだ
せず、あっという間につかまり、地面に突き倒されてしまった。
 
「おい!」
とし子は髪を振り乱しながら、全身で抵抗した。
 しかし男は微動だにせず、敏子をものすごい力で抑えた。 そしてセラ
福の胸元に手を当てて一気に破った。
厚手のセーラー服が…なぜかまるで紙のように破れて透明なように白くボリュームが
ある乳房が明らかになるのではないか。

 「どうか…、やめて!」
 しかし、男は敏子の乳房にくっついて離さず、その豊富なコマたちを動かして
見ている。

 「ああっ.  .  .  .  」
  乳頭を舌で巻くように洗うと、甘美な感覚が体内に広がり、敏子はすすり泣くと、
立っても息をはずませた。
 そしてふと気がついた。  トシコはいつの間にかスカートがはだけてパンティー一枚の姿
となっていた。
その男は,パンティの上でトシ子の恥ずかしいところを探ってきた. 甘美な感覚がトシコ
下腹部に広がっていく.

 「ああっ、ごめん、どうかしないでください…」. .」
 しかし、言葉とは逆に、トシ子は腰を浮かせて下腹部から全身に広がる甘美な
感覚を欲しがろうとしていた。
 花びらは淫蕩に溢れ、純白のパンティにどっぷりと染み込んでいった。
男の手がとうとう板あとを脱がせる。

 「あっ、どうか!」
  敏子は脱衣しないように手を伸ばそうとした。 しかし何かで束縛されている
のように全く手が動かない。 それだけでなく、腰を浮かせて男がパンティを脱衣
するのを手伝ってしまった。

 なんで、なんで···。
  敏子は自分の意思とは関係なく、身体が動いてしまったことに動揺した。
男が敏子の足を開き、中心部に顔を埋めてきた。

 「うん!」
 すでにパンティの上から執拗に愛撫され、悲願は数え切れないほどだ。 その部分を
見られていると思うと、恥ずかしさで顔が熱くなった。
男の舌が悲願をねじ開け、六旬からクリトリスまで一気に吸い上げる。

 「あっ!」
硬く凝り固まって敏感になっている肉体に、熱い舌が強くぶつかる。  全身
に強い電流が流れ,新しい粘液があふれ出てくる

 「ああっ···あ、感じます···」
 男の舌が、執拗にトシコの花びらをかむ。  とし子は恥ずかしがりながらも、もっと
早く腰を突き上げてしまった
そしてとうとう、男がとし子の股に腰を突っ込んできた。 …に固いものの柿
肌触りが感じられ、敏子自身に入ってきた。

 「もうどうかお願いです、その分だけこれ以上は…。.. !」
 しかし、男はかまわず、腰を突き出した。 固いものが狭いを開けて
中に入ってきた。

 「あや!!」

*
とし子は自分の大声で叫び声に目が覚めた。

 また…みたいな夢を
  とし子は息を切らして立ち上がった。 いつもその場面まで来なければ夢から覚めることができる
ないのだ。
のどがからからに渇いていた 全身に雨が滴るように汗をかいてパジャマがびっしょり
じめじめしている

ふとトシ子は、えーと熱いものを感じるようになった。 おずおずとパンティーの中に手を入れて
悲願を探ると、指先の湿りが感じられた。
 手をつけて指先をくっつけたり開けたりすると、粘液が糸を引くようにねっとり
するようになっていた。

 私はやっぱり忘れようとしたが、なってしまった…ふふ。
敏子は自分を嫌悪し、暗い気持ちになった。
気分を直して汚れたパンティーを脱ぎ、新しいものに代えた。 そして喉の渇きをほぐす。
するため、ジュースを探して下の台所に降りていった。

 「あっ!、これ…」
  とし子は思わず叫んでいた。
 冷蔵庫の中に、一本のイタリア式ソーセージが入っていたのだ。 父の夕べ
伴奏の肴だろう  とし子にとってそれは男性以外の何物でも
考えられなかった。
 そのとき、とし子自身の中に一生懸命抑えていたのが、切れた気がした。
ガスコンロに駆けつけて熱湯で煮て、洗面器に注いだ。 そしてソーセージをその中に入れて
あ、温める。 そしてそれを持って行って自分の部屋に戻った。

 ベッドに寝そべって足を開け、温めたソーセージをまだ水気が帯びている
に持っていく。
とし子は大きく深呼吸した。 可憐な年を迎えたソーセージが、お湯で温かく
したせいで本物のように感じられる.
先端を疾駆にゆっくり挿入していく。

인천개인회생

인천개인회생전문

인천개인회생전문법무사

부천개인회생

김포개인회생

의왕개인회생

군포개인회생

시흥개인회생

광명개인회생

인천개인파산

http://guno.pe.kr/?p=11233

 「あっ!」
 ぴりっとした痛みを感じて敏子は手を止めた。
 一度男を迎え入れたとしても、まだ十分に使い慣れていない幼い陸路は、その
こう簡単にへの侵入を許さなかった。
トシ子は一瞬迷ったが、息を殺して目をつぶりながら、もう一度ソーセージを陸路の奥の方に
に突き刺した。

 「ああっ、あん!」
  敏子は刃物で刺されたような鋭い痛みを感じた。 しかしガウィ
入口まで触れた感触があった。
敏子は痛みに耐えながら彼を動かし始めた。

「ああっ、どうか…狂って、あーん、」
 なっている自分の姿を脳裏に描き、子供を赤黒いをものすごく粗野
カニ貫通して乳房を動かしている自分の姿、ソーセージを使っているせいもあって
認可敏子は、今、自分が本当に出来ているという錯覚に陥った。

 「,  痛いよ!  …  やめて…」」
そう叫びながらも、敏子は手の動きを止めなかった。 ソーセージを激しく 
中を往復し、すでにもう片方の手で身体をなでて回す。

 「ああっ  ああっ  ああっ」
 ところが、痛みを堪えながらソーセージを動かしている間、その痛みはだんだん減ってきた。
それだけでなく、下半身に甘美な感覚が芽生え、それが徐々に全身に広がってくるのが

 「ああっ、あーん、なんで、こんな···あーん!」
 全身に広がるエー、トシ子は腰をさらに動かしていた。 そしてもっと快
ロックの実を欲しがるようにの勢いをつけていった。

 「悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪!」
  とし子は絶叫した。 すらりとした身体をつなぎ、ぴくぴくけいれんした。
 これまでに経験したことのないほどの激しい極致に達し、敏子は死んだように
動けなくなった。 頭はすっかり空白状態になり、思考力が失われていた。

  とし子はそのまま眠りに落ちていった。 今までの淫蕩な姿とは裏腹に、ある純粋な
中学生少女の寝顔だった。

“少女”  2部が始まったが  1~2枚はそんなに内容が濃くないですね. それですぐに
続いて第3章「悪夢の再会、再び」を捧げます。 10名様のたゆまぬご愛読をお願いします。

From:アンマガ

少女トシ子2部3編の翻訳物 

第3章  悪夢の再会·再び 

その日も、とし子は授業が終わったとたん教室を飛び出した。 今までやってきたように、
学校内で「何事もない」というような見せかけをする余裕は、すでになくなってしまった。

最近は友達と付き合うこともなくなってしまって、休み時間なども一人で離れている
仕事が多くなった。 最初は心配しながら話してくれた友達も2~3、4人も今は減っている。
みんなトシコを変な目で見て、遠ざけるようになった。

とし子は、もうそんなことぐらいは、かまわなかった。 もう以外のことは思わなく
なっていた。学校が終わると、スーパーのトイレで、自分の部屋でとらわれたように寝る。
上に落ちた。異物を挿入することも多くなり,ヘアソールや丸い形の帽子が月
リン·ミナミソウをよく使っていた

足早に敏子はいつもと違う方向に歩いていた。 目的地は男に
初めて犯された、その草原だった。 言葉では説明できないが、敏子はそこに何を
認可があるという予感を感じていた。

入り口に「立ち入り禁止」の立て札が立っている。  とし子はそれを無視して中に入った。
林の中を抜けると、急に視野が開けて広々とした草原が現れた。
秋の心地よい秋風がトシ子の頬をくすぐって、長く伸びた髪の毛をなびく
春から生えていた草は枯れて茶色い色をして、季節の移り変わりを感じさせた。

 確かに、この辺だったこと。
  とし子は立ち止まって、あたりを見回した。  なった時のことが、明らかに脳裏に
蘇生してきた。
服が無惨にほどけて、体内はそれによって洗って回された時の恐ろしい感触、
誰にも見せたことのない義を舌で翻弄された末、その固い炉管
痛恨を失ったことは、一生忘れられないだろう。

 もしまたここでそんな風に犯されたら…
思わず敏子はそのことを考えていた。 だんだん息が荒くなり、口の中が
からからに乾く. 下腹部が熱く、つやを帯びてくるのが分かった。

とし子は、ここに来た目的は何だろうか、という気はしなかった。 しかし今の自分
乙はしたないとか残酷だとか思い込んで異性すら見捨てていた

  もうだめだ。 自制することが…
敏子は脇にバッグを置き、膨らんだ胸に手を伸ばそうとした。

 「セラ服も結構似合うのに…」カカ」
急に聞こえる音に驚いて、敏子は自分の後ろを振り向いた。

 「あっ!、あなたは…」
敏子は息をのんだまま絶叫した。 そこにはその時自分一人の男が立っていて
ということではないか。

 「本当にあの時のあの中学生と。 また会うなんて…淫蕩なお前の下半身の味は忘れる
できなかった…」
 「どうか…いや…絶対に近づかないでね…」
敏子は2歩ほど後ろへ退いた. 胸の動きが急に速くなった.

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다