その忌まわしいこと

その忌まわしいこと
チックな思い出が脳裏に強く押し寄せてくる.

 「またこんなところに来るなんて、私にもう一度やられたくなったんじゃないか?」
 「,  そんなこと…!」
自分がこうなってしまったことの原因といえば、全てこの男のせいだ。 しかし、この
状況こそ自分がひそかに望んでいたものだったのでトシ子は的を射たらしい
あ、何も言えなかった。

 「そんなべらべらした表情吠えるな。 すぐに私があなたを喜ばせよう…。 カカカ

次の瞬間、敏子は肩をつかまれ、軽く草の上に押し倒されてしまった。

 「-!」
 男の愛撫が始まりながら、セーラー服のスカートを吊り上げる。 すると白い木綿のパンティー
と顔を出した。

 「いやっ! どうかしないでください、お願いします!」
 「うん!これはまた何だ。 お前にパンティーがじめじめしているじゃないか。 」
パンティの真ん中にある生地が二重になっている場所が、谷の溝になっていること
と悟った男がびっくりしたように叫ぶ。

 「ずいぶん僕を描いて興奮したみたいだな、そうだから…」
 「そんなことないですよ!…本当に違うのです!」
 「、何でこんなに濡らしてるの、え?」
 「,  それは…」
とがめる男の言葉に敏子は口ごもった。 なんとか話を変えてみようと思ったけど、実際に。
身体は男の要求に反応を示していた。

 「早く答えてみろ? 」
男はパンティに手を出し、敏子が”あっ”と叫んでいる間に引きずり下ろしてしまった。

 「あっ、やだ!」
とし子はあわててそこをかばおうと手を伸ばした。 しかし男の手が一瞬早く滑る
めりこみ、とし子の陰部をつかんでしまった。

 「こんなの、もう、止まりますよ。」
男の指がトシ子の花びらに潜り込んで愛撫した。 何の目標もなく溢れ出る
 なので、とし子のそこはあっさり男の指を迎えてしまった。

 「あっ、あっ…」
敏子は抵抗する力も失い、男の指の動きにあえいでいた。 人情
やりたくはなかったけど、男が指を動かす時に気持ち良い波が身体の中に広がる。
散ってくる.  花びらは新しいをあふれさせて  どろどろと音湯の音を立てて狂わせるように
していた。

 「カ~!  こんなにズルズルすると、こんな愛撫はいらない。 早速君にいっぱいに打ち込んで
あげてしまおうか?
 男はトシ子のスカートをすっかりはぎ取ってしまうと、トシ子の下半身は丸裸になった。
C。  そして、足を引き裂きそうなほど開き、その間に腰を引っ込ませる。
固いものが敏子の鼻にかかった。

 「あっ、この薬!」
とし子はあわてて叫んだ。 しかし、その瞬間、男の人は敏子の陸路を貫き、
あった。

 「ああっ!」
内臓が首の一番上まで上がってくるような強烈な圧迫感に、敏子は串に
ぴょこぴょこした子鮎のようにぴょこぴょこと背筋をつけた
しかし、を奪われた時のような激しい痛みはなかった。 最近自衛でこの物質をいくつか
回も挿入されたことがあるトシ子の質では、十分に男の六景を迎えることができ、
いるようになっていた。

熱いか自分の中でピクピク脈打っている姿がはっきりと見えた。 蟹
下半身だけ露出された恥ずかしい姿で貫かれる自分に、トシコはサンス
恐ろしいほどの興奮を感じていた。

打ち込みのリズムが素早く開始する。

 「. . .. . . . .」

대전개인회생

대전개인회생전문

대전개인파산

세종시개인회생

천안개인회생

당진개인회생

아산개인회생

서산개인회생​

​논산개인회생

공주개인회생

홍성개인회생

보령개인회생

http://guno.pe.kr/?p=11303

 頭上まで上がっているものすごい衝撃にトシ子は息をのんで、地面の草を
力いっぱい握る.

 「やっぱり中学生の  はっちり屋さんが好きなんだ!」
 男は息をせかせ、機関銃のように勃起した乙敏子のところに注入し続ける。
する。

 「あーん、あーん、あーん」
 痛みは感じませんでしたが、強い膣内を前後に移動する異様な感触により、
シコは苦しそうにうめき声を上げる。
 しかし、男のひどく荒い往復を受けているうちに、敏子の身体の奥深くに
から甘美な喜びがわき上がってくるのを感じた。
それに刺されると、体をねじれるような直列の電流が流れて、それが引き抜かれていくと、
,  今度は耐え難い放列の電流がしびれながら私と身体がふと空中に浮いたようで
は感覚に襲われる。

 「ああっ、  !!!」
絶叫の声とは裏腹に、トシ子の全身にはの電流が広がり痺れて腰を
揺れ動きながら大腿をぶるぶる痙攣させる.

 「そろそろフィニッシュする」
男はうめきながら、ラストパートを上げて速射砲のようなスピードで、敏子の乙
むちゃくちゃに突いた.
敏子の意識はもうろうとし、全神経に集中する。 ちょうどその時キュー隊を押して
上げるような激しいこの身体の中を貫くように流す。

 「ああ、やばい! あ、あっ!」
稲妻にでも当たったような感覚が身体の中を走り抜け、スリムな背筋がさらにできて、
が硬直する。

  敏子の仮収縮し、エクスタシーに到達したことを告げた。
 「やっぱり、最高だよ!
男は息を吸いながらトシ子の腰を思い切り押さえ、トシ子の胎内に大量の
濁った汁をこぼしていく.

 「ああっ…」
 熱い液体にかかる感触に、トシコは体をピクピク震わせ、鳥
見事な絶頂に達してつねる.
男はトシ子から遠ざかりながら、耳元で息を選んでささやいてきた。

 「俺の部屋に来い、もっといいとこやるよ、カカカ~!」

次の章が今翻訳中です。 早い時間内に、より良い文章で  10名様にご挨拶する
はい。ぺこっと~

Form:あんまが 

少女トシ子2部4編の翻訳物 

*  その間のストーリー

14歳の少女トシコは偶然出会ったある男にいじめられ、その後遺症によってすごく
苦しみにさいなまれる. しかし、生まれつきの色気のためだろうか。 トシコは彼のことを思いながら
一日も自慰を忘れずに打って、またもう一度やられる思いであの時のあの
 当った場所へ行く.

天運かな?  それとも不運かな?

その時、その場所には数日前恍惚とした中学生との「絆」を忘れることができないその男、その人、
行っていたのだ。 主人公のトシ子は、その閑静な草原の真ん中で、そのアンマへ。
お手本になり、そいつの手に引かれてアンマの家に行くことになるが…。

第四章  男の部屋で

 「おい!!  さあ入れ。 」
男は肩を抱くようにしてためらう敏子を部屋に連れ込んだ。

男は貴弘という23歳の生徒で、敏子の町の駅から2駅離れる。
になっている、中原というところのワンルームマンションに住んでいた。 男手一つ独身生活を
するとたいてい散らかっている部屋を予想するが、意外と部屋はきれいに掃除されていた。

 それにしても、なんでここまでのそのそついてきてしまったんだろう…。 とし子は自分の子
神を信じられなかった。
相手は自分を二度もやった男だ。 それに来る途中で助けを求めようと思う
やったなら、いくらでも世話をする人もいた。 それでも…

ここに来ているのは僕じゃない、別の人間なんだ….
とし子は、そう自分を戒めるように心の中でつぶやいた。 そうでも思わない
すると変な気分になりそうだった。

 「脱げ!!!」」
敏子は夢遊病者のようにふらふらと立ち上がりながら、セーラー服を脱ぎ始めた。

リボンをほどき、上着を髪から脱いだことで長い黒髪の髪が乱れかかる
乱れた髪の毛を整理し、プリーツスカートのベルトを緩め、サイドの
ファスナーを下げる.

 かさかさと音を立ててスカートが床に落ちてくると,  ブラジャーとパンティーばかりはいていた
は、生き生きとして肉感的な身体が男の前に現れた。 まだ天真爛漫の残った魂
巣穴の形とは逆に、身体の状態は中学生とは思えないほど成熟した
姿を見せていた。 全体的にはスリムで、胸と腰は下着の中から飛び出て
出るように発達していた。

後ろに手を回してブラジャーのフックを開けると、圧迫を緩めた乳房が魚のバタバタのように
白い布の上を駆け上がった 両腕を胸の前に交差させ、痛そうにひもをもう一つ
1ページずつ選ぶ.

 あふれ出た乳房は、ブラジャーを外してもそのまま形を維持し、胸の上に置いて
ていた。しかし、その乳房の頂点を突き抜けた桃色の乳頭が中学生らしく、
すがすがしい

 体の輪郭を確認するように,  トシコは両手を下腹にゆっくりと持ち,  パンティのウエスト
ゴムひもに手をかけた.
 両手をゆっくりと押し下げていく. 白い布の下から黒いものが現れた。

 脚から投げ出されたパンティは縮こまって拳大になり、床に落ちる
.
敏子は生まれたままの姿で男の前にさらしていた。 つい今しがた
であったときに感じた強烈なオルガズムがいままた始まろうとしている
とし子は、への期待ですっかり自分自身を失ってしまっている。

 「-」
貴弘は感嘆の声を上げた。
であったトシコをした時のことを思い出したけど、セーラー服を着ていなかったら絶対に
中学生とは信じられない。
Cカップはなるような乳房、すらりとした身体とは正反対に曲がりながら縮んでいる腰は苦しいほど
再び絞殺的に見える。 ただし股間を飾っている春草のような薄毛だけは、
どうも中学生らしかった
しかし成熟した肉体とのアンバランスは、むしろ男の性欲をそそる。

 「なんてすばらしいんだろう!」
貴弘は立ち上がりながら急いで服を脱ぎ始めた。 ところがトシ子の不思議な身体を
ためか。全裸になりながら、ついさっき放出したか空に向かっているではないか。

 「あっ…」
とし子が驚きに声を張り上げた。 貴弘はトシコを軽く抱き上げてベッドに
移し、身体を横向きにした。 そして男はそのそばに寄り添って  トシコとガロ
置かれる。

 「そう、とてもきれいだな。おとなしく私の懐に入ってくれるなんて…。いいね!!こうやって来てくれた
だから十分かわいがってやるよ! カカカ~」
 満面に陰険な笑みを浮かべる貴弘は敏子を抱き、唇を盗んできた。

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다