指がどんどん

「. . .」
タカヒロの舌がトシコに唇の愛らしい隙間に侵入し、白い歯とピンクの歯茎に
くっついて漏れなく流れていく. またそれはまるで軟体動物のようにトシ子の舌に絡みついてねばねば
ねっとりした唾液を送ってくる.

  敏子は興奮しながらも、絡んでくる男の舌を受ける。
濃いキスにトシコの性感が濃く溶け込み、男の唾液をたっぷり飲んだ口の中の
隅々は洗って回されて頭の中までぼうっとなる。

濃厚なキスが終わると、男は舌を首筋や耳たぶに行かせる。 同時に右手でよく
熟した果実のような乳房をつかみ、やわらかい雪を溶かすようにこすり始める。

「ああ、やばい、やばいよ!!」
 とし子はふうふう言って甘ったるい声を出し始める。

貴弘の愛撫はとても巧妙で、まるでトシ子の性感を熟知しているようだった。
豊満な乳房を汲み上げるように強弱を与えてからかい、またさらに刺激を受けて充血すると、
作製した乳首を手のひらでくるくると転がす.

 「あっ」
 「そう、君の乳首に先があちらこちらに立ち始めた。」
 「もう、やめてよ。ダメだよ!!!あーっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 乳頭の果てに行われた憎らしいほどの奇怪な愛撫に、敏子は身体をあえいだ。 下駄
耳垂れ
美意識が身体の中に広がっていく。 とにかく身体の中は信じられないほど敏感に
なっているのだ。 その時トシコの花びらからは  このこぼれ落ちて  じめじめと湿気で
満杯だ

 貴弘の手がサラサラ腰を経て敏感な大腿の内側をこすり始める。

 「あっ!そこはまだ!」
とし子は激しいはにかみに声を張り上げた。 男の手がすっと大腿を撫でてくる
リ、ひそかな部分を焼き、探してきたのだ。

 「·····美、やばい····あーっ!」
 疑問が開くと,  中から濁った歯があふれ出て,  男の手のひらにポツッと音を立てて部屋
泣落した そして、そのままピンクの銀の指で翻弄される。
指を膣内に挿入して動かすと、でじめじめしたこの膣を鳴らした

 「まだ中学生なんだね?」
 「ううん」
とし子は我を忘れて腰を転がしていた。 かすかに開いた唇からは、つらい甘え
この泣き声が当てもなく溢れ出す。

 「ああっ…利益」
敏子はもう陥落寸前だった。
 
「何だ、もう感じたんだ、そうかな?」
とし子は息が切れそうになり、貴弘の言葉に口をつぐんだ。

 「うん、とりあえずもう一度狂わせてやる?」
貴弘が指の勢いを上げた。 親指でクリトリスを少しずつからかって  揉むと
西、  中指を巧みに下に下げての急所を突いた。 同時にもう一方の手で乳房を
振動させるように転がしてみる。

 「ああ!」
目の後ろから閃光が2度、3度スパークを放った。 腰をガタガタ痙攣させ、吐
志子は体が性欲で燃える楽しさに声を張り上げて、もう一度頂点に立った。

*
タカヒロは指でトシ子を愛撫した後、即座にトシ子の悲願に顔をうずめて
クニリングスを開始した。

固くて鋭い舌が、悲願を空ける。 洗って回そう、トシ子は身体を冷やして両腕
で支え上体を突き上げ天を突く。 そしてもっと速く回されるリズムに合わせて
、腰を揺らし、背中をこすり合わせる。

 「ああっ、あーん!」
 稲妻のようなこのトシ子の体に流れていく。 もう何回乗り込んだかわからない
.
時々濃いキスのように唇がクリトリスを吸って  力を尽くして強く吸い上げ、
来る。すると敏子の開いた両足に激しい電流が流れてしまう。

 「ああっ!」
  とし子の手はシートを力いっぱい握り締めていた。 自然が腰がぶるぶる震えて抑制
できなかった。
貴弘がトシ子の大腿を抱え、ガッツリと固定させる。 そうしよう  エメラルドみたいに
あ、輝くこの先に近づいてきて、それも助力を尽くして吸い上げる。

 「あ、うん!」
から脊髄にかけてものすごい勢いで進む。 とし子は身体は続けて何度か
であり、エアーが入る。

もう本当に気が狂いそうだった。
意識を失いそうになり、またすぐに次の稲妻のように身体の中を流れ、
新しい頂上に登る。 余韻に浸る余裕もなく、敏子は続く歓喜に声を
高める。
 永遠に続くと思われたクンニリンクスが止まり、貴広の腰がトシ子のガライ
に割り込んできた
ピンクの前に、熱く沸き上がった  を押し当てる。

 「ああっ、こわいです、あーん」
 敏子が息をせかせながら、汗まみれの顔を上げる。
貫通されるのも怖かったが、電位を何回上げたのかわからないほど感じてしまったのに、この
垢こうして入れられたら、自分はまたどうなってしまうのか?

 「何だよ!!!」 お前だと思っているのか。 この年が,  もう三度目だ. じっとしていろ。 ふん!」
タカヒロは鼻先でせめぎ合いながら自分の背中に手を出して唾液科で湿ったトシ子
勘当した

 「ああっ!」
  とし子は、引っ張るような声をあげて、ぴちぴちした子鮎のように、身体を後ろに反らせた

胎内に埋もれた凶器が絶えず動き出した。 の衝撃がやがて甘い喜
熱となり、さざ波のように敏子の全身に広がっていく。

 「あっ、あっ、あっ…」
が機関銃のようにトシ子の鼻唇に注入される。 その時に身体はとろけそう
銀の波に襲われ、敏子は歓喜の声を止めどなく流す。

 「ああ、ああ···!」あーん、いく!」
  強烈な歯から身体の中に流れ出た。 とし子はまるで放尿したかのように
、おびただしい花汁をこぼして喜悦を欲しがった。 歯をぎゅうぎゅう締め付けられ、ぶるぶると経
「連なる」

​의정부개인회생

남양주개인회생

동두천개인회생

양주개인회생

구리개인회생

고양개인회생

 
「あ、黒、出るぞ!」
 の収縮に貴弘も急速に乗り込み、トシコの中に濃厚な樹液を出し、
吹き出した。
 
「あっ、あ…」
 にほとばしる熱い液体の感触に、敏子は新しいクライマックスを乗り上げて
行った。

2部もすぐに4編までアップされましたね。 とにかく、引き続き期待と愛読をお願いします。

From:アンマガ

少女トシコ  第2部  第5編  翻訳物 

第5章  妊娠·そして敏子の決意

 昼休み、敏子は、屋上から遠く離れた一人をぼんやり眺めていた。

  トシコを害を奪った男、タカヒロとまた会ってから1ヶ月、トシ
コウは毎日のようにタカヒロに犯されていた。 最近、放課後になるとタカヒロは学校へ
の近くまで来て下校途中のトシ子を待っていた。

最初はトシコもタカヒロの姿が見えたら逃げようとした。 しかし、肩をつかまれて
と強引に貴弘の部屋まで連れられ、結局身体を許してしまう日々が続いた。
しかし、もうトシコもタカヒロを見ると下腹部が甘くされてしまい、自信ス
スローがタカヒロについていくことになった。 また、休日などはお昼からタカヒロがいる所
へ行き、夕方まで何度もした。

タカヒロは若くして似合わなかったかなりのtechnicianだった。 また、スタミナも抜群。
よ、3回ほど相次いで放出しても、また勃起してくるのだ。
敏子は狂おしい女の楽しみを貴弘に感じるようになった。 帰りは許
リエ力が入らず、まっすぐ歩けないほどだった。 とし子も時にはたかひろ
上にまたがって座り、自分で腰をぶつけながら、貪欲の喜悦を感じた。
 
敏子は昨日のことを思い出していた。 初めて裏門が犯されたのだ。
たかひろがそこを求めてきたとき、とし子の心はすごく乱れていて、ほんとうに怖かった。
.

「お願い、お願いです! そこだけはしないでください! 他の事なら何でもするよ
だからです。
しかしトシ子の声をあげて哀願する姿がかえって、タカヒロの欲情をいっそう起こした

「ダメ!ここもやってみないと。 はやく  おんぶして!! 」
白く妖艶なお尻を抱きしめて、深く窪んだ跡を広げると、ピンクとその上がやや
茶色の菊がぶるぶる震える姿が現われた.
ローションを持っていないタカヒロは、冷蔵庫から取り出したマーガリンを一握りこなし、肛門壁。
にたっぷり塗って、親指を使ってそこを動かしてみる。

 「,. . .. . .. . . . .」
恐ろしさに息をのんで、お尻をガタガタ震わせる敏子。 しかしねばねばした
国文の愛撫に身体が少しずつ反応を示し始めた。
腰を少しずつ動かしながら、前のほうはネバネバとした歯を分泌し始めた。

 あ!!  .  いやです,  いやです.
 「これも敏感なんだ、手前の方はほとんど洪水が起きたようにしているじゃないか?」
 「そんな恥さらしなことは言うさ…。.あーん!!」

アヌスがこれほど感じるということを敏子は知らなかった。 肛門を叱る恐ろしさとそこ
を叱られて感じてしまう羞恥に、泣きながら自分の髪を振り乱し、無邪気な
顔を真っ赤にしてあえぐ.

マッサージが施されたピンクの茎の一列並べが乱れ、かすかに口を開こう、タカ
ヒロは中指を使ってズブックと突進してくる。

 「ああっ!」

파주개인회생

일산개인회생

의정부개인파산

http://guno.pe.kr/?p=11404

 恐ろしい感触にトシ子がいっそう高い声で泣き叫んだ。
括約筋が指をぎゅっとつかんでくる. 貴弘は徐々に指を奥まで挿入し、
第2関節まで入りながら今回はゆっくり抜いていく。

 そんな往復を繰り返している間、禁断議員の直径が少しずつ広がり、指がどんどん
順調に出入りできるようになった。
敏子は痛みの苦しみを訴えた。 しかしアヌスを叱る不思議な行為はトシコに
とんでもない興奮をもたらしていた。 からは湿ったこの洪水のように流れ
打って、大腿をつたって流れ落ちる。

 「お尻に指が突っ込んで感じてるの、お前?」」
 「お願い!!!!あーん···············」.」
 貴弘が指を抜くと、薄く血をにじませたその部分は、先ほどよりイク
に広がって見える。
 
「あっ、ポ!!!」」
 ついに貴弘が、ふっくらとした赤い肛門を起立して押さえつけてきた。

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다