寄せてきてぐっとくる。

その時トシ
鼻の胸は肛門が貫通する嫌悪感、恐ろしさ、屈辱感が怒濤のように押し寄せてきてぐっとくる。
してきた。
先の狭い入口に侵入した。

 「ああ、めちゃめちゃしてるな! か…」
しかし高広は硬直した乙を容赦なく突いてくる。

 「やめてよ!!」 あっ、痛い、うあっ!
鋭敏な筋肉がずたずたに裂ける鋭い痛みに敏子が悲鳴を上げる。

 「ふ~」
 男根を根元まで押し込んだ貴弘が一息ついた。 恐ろしく勃起したこの愛妻.
負けん気のあるところを負けよう。 どこか裂けて切れたようで、鮮血が菊の大きくなった円の形に
染み出ている

 「よし、行くぞ」
 貴弘がゆっくりとダンスを開始する。
職場を刺激し、何か腹部から沸き上がってくる。 そして血の流れる切ない菊を
断続的に襲う苦痛、恥ずかしさ、このすべての不思議な感覚にトシ子の意識は朦朧とする。
負けてくる。

 「あっ、痛い!痛いのやめて!」」
断続的に襲う激しい苦痛に気を失いそうになる。 しかしその度にタカ
ヒロの強力な刺し身は現実に戻される。

 「あや!  うっ!  やめてください、もう!!」 あや!!!」
敏子は泣き叫びながら、必死に哀願を繰り返す。 無駄だと分かっていても
そうしなくてはいられなかった。

 「ハァハァ~もう出てくる! とし子…」
 その瞬間、貴弘の伊藤敏子の中でピクピク脈打って、職場の中にすごい絆
悪玉を吐き出した
 
「痛い、あーっ!」
 腸の奥に熱がこもる恐ろしい感触に、敏子は絶叫しながら失神し
…した。
 
ダメ、ダメ。 また来てしまった…
下腹部に熱く湧き出る感覚に、やっととし子は昨日の悪夢から現実に戻った。
 
もう普通の女の子では戻れないのかな??
とし子は、長いため息をついた。

 「あっ!」

광주개인회생

광주개인파산

순천개인회생

여수개인회생

 その時、敏子は重大なことに気づいた。
 生理が出ていないのだ。 敏子は慌てて前の生理の日に気がついた。
あれからもう2カ月近く出ていない。
とし子の生理は思ったより規則が正しく出る方で、これほど遅いことは今
ほどではなかった。

「まさか、赤ちゃんが···」
  とし子は、目の前が真っ暗になった。 よく考えてみると,  然しも生理が出ていない
というのは、妊娠しない方がもっとおかしい。
  敏子は機嫌が悪いと言って午後の授業を早退した。 不安な胸を抱いて、山
婦人科へ道を急いだ。

*

敏子はふらふらしながら病院の玄関から出てきた。 落胆して、目は中が空っぽのように
見えて、まるで夢遊病者のようだ。  
敏子の悪い予測が当たってしまったのだ。
 
「次回来るときは、お父さんやお母さんと一緒に来るようにしましょう。」
無愛想な口調で医者がトシ子に言った。

 「あ、あの…」
 「妊娠してるよ、2ヶ月くらいですね」
 頭部を数十トンのハンマーで殴られたような衝撃だった。
そこでこれからのことはよく考えられない。 ただお腹の子に対する責任感…
避妊が最善だという性教育を受けた気はしましたが、今はその性教育のような
ことは必要なくなった。 それと同時に敏子の脳裏をよぎるただ一つの考え….

 殺すしかない…
と敏子は思った。 産んで育てない限り中絶するしかない。 だが、富
母にこれまでのことをすべて話すのは耐え難かった。 もちろん中絶の費用は
得られるかもしれないけど、そんなことを言うようになったら本当に両親を怒らせて、
悲しくさせることになるだろう。 それにそんな事をしてまで幸せな家庭を壊してしまう。
…したくない。
しかし、貴弘に話したところで、中絶費用を出してくれるとは思えない。 当然
足蹴りにされて捨てられることで済むだろう。

  敏子は歩道橋の手すりに手をかけた。 下では車やバス、トラックなどが次々と
走り出す.
 このまま死ぬなんて嫌だ!!!
 突然トシ子の胸に生きることへの愛着がわいてきた。
 まだ14歳、希望に満ちた未来が待っている少女だ。 それをたかひ
ローのために簡単にあきらめるとは. . . . ..
とし子は目をつぶって考えた。

 加藤先生!
敏子は体育教師の加藤のことを思い出した。 入学して以来とし子は加藤に憧れていた
と、夏休みには加藤のことを思って自慰に陥ることもあった。
 加藤は男子体育の授業担当で、トシコが彼に教えてくれる授業は雨の日の保健医の
授業ぐらいだったけど、顔と名前ぐらい覚えているはずだ。
大好きな先生に迷惑をかけてしまうかもしれない。 しかし今のトシ子には
それしか何の方法も思いつかなかった。

  もし先生が力になってくださったら…
 とし子は固い決意を胸に、加藤の家へ歩き出した。
もしこの事を加藤先生が拒否したら、その時こそ本当に死ぬしかないとトシ
と鼻は思った。

*

加藤の家は学校から少し離れたマンションだった。 以前から教員名簿をチェックしている
だったので場所はすぐわかった。

しかし、チャイムを押すとき、緊張で指が震えた。
内部から呼び鈴の音が聞こえた.
まもなくドアが開き、Tシャツにトレーニング姿の加藤が現れた。

 「お前は誰だ…」.?」
 「2年C組の福澤です、失礼します、お休み中なのに…。.」
とし子はうつむいた。

 「そう、何の用事か?」」
 はい、ちょっと相談したいことがありまして。
 「そうか、中に入ってこい!」
加藤敏子を中に迎え入れた。

 「イェイ!  不格好な格好でかわいいちびっこ淑女を迎えるなんて…」 少し恥ずかしいんだけど…ハハハ
~」
加藤は笑いながら、敏子にコーヒーを差し出した。 こういう加藤の気楽でさっぱりした性格も
とし子は大好きだった。

 「そうだ、何の相談だ?」
 「はい、じつは…」
トシコは一瞬大好きな先生に自分の恥ずかしい話をすることが
非常に恥ずかしくて言葉が出なかった.

 「あ、とし子ちゃん、何かあったのか言ってごらん?」
とし子は顔を上げて加藤の顔を見た。 優しい爽やかな笑顔、そして健
強い体…。
あれほど憧れた加藤先生のそばに自信があるのだ。
 
「先生!」
とし子は暖かい加藤の胸にしがみつきながら、すすり泣き今までの出来事を語る。
し始めた。

夏休みに出会った貴弘の道しるべをしながら立ち入り禁止の草原に行き、そこで折り返して
故を奪われたこと、それ以来の妄想に陥り、一日も自慰をしないと生きる
できなかったこと、その後また同じ場所で犯され、それ以来ほとんど毎日のように犯され
あること、そして妊娠のことまで話しながらトシ子の脳裏に今までのことが主
馬灯のように蘇生した.そして、そばでは加藤がそっと目をつぶってトシ子の話を
聞いていた

목포개인회생

무안개인회생

광양개인회생

해남개인회생

http://guno.pe.kr/?p=11324

 
「そうか、そうか!大変だったのか?」」
 加藤はトシ子の髪の毛をなでながらつぶやいた。

 「よし、中絶の費用は私がどうにか工面してくれる。 ところでその男は今どこに
あるのか?」
 「今日は早退したので会わなかったけど、放課後になると学校の近くで私を
お待ちしております 明日もきっと来ると思います。」
 
「よし!あいつも俺がお前から守ってやる。 もう心配しなくてもいい…」
加藤は敏子を励ますように肩を軽くたたきながら言った。
ありがとうございます、先生。
やっぱり加藤先生に相談したのはよかった…。、敏子は深くため息をついた。

それで5編にトシ子の片思いの加藤先生が登場するんですね。 これからまたどうするんだい
旗が展開されるでしょうか。 たくさんの期待と愛読をお願いします。

From:アンマガ

少女トシ子2部6編の翻訳物 

 
第六章  とし子のもう一つの頼み

#

先生…もう一つお願いがあります」
「何だ?  自分にできることなら何でもする」
私を  ..  抱いてください
とし子のもう一つ決心したのはこれだった。 もし加藤が助けてくれれば自分の身体を
承諾するつもりだった。

 「えっと…」
 「私、前から先生が好きでした。 それで、その人に汚された身体を先生
あなたの手できれいにしてほしいです。 お願いします。」
 「いや、でも…」
加藤の表情に戸惑いの浮び上がった。
加藤も女性経験は少ない方ではない。 しかし、トシコは自分の学校の生徒、それに
まだ中学2年生だ。

 「私は魅力がないんですか? 先生」
 「いや、そんなことはないけど···」
敏子の積極的なアプローチに、加藤もしどろもどろだった。

 「見てください。 僕が魅力があるのかどうか。」
 敏子は立ち上がりながら、慌てる加藤の前で服を脱ぎ始めた。
 セーラー服のリボンをほどき、襟のボタンをほどく。 サイドのファスナーを下ろして上着を頭に
から抜くと、ブラジャーに包まれた妖艶な胸のコマたちが現れた。

 続いてスカートのフックを外し、ファスナーを下ろすと、サクサク音を立ててスカートは床に
落ちた。
 加藤の視線はブラジャーとパンティだけの姿になったトシ子に固定された。 ぴちぴちした鳥
挟んだ魚のようなぴちぴちした身体は中学2年生とは思えない成熟さが見えて、
ある。
ブラジャーの中で破裂するように胸の膨らみ、自分を絞殺するウェスト、またパンティに
サインした女性らしく丸みを帯びた下半身、そしてその下にすらりとつやつやした足…
まだ幼い顔で想像がつかないようにすべてが発達している。

加藤は自分の分身が熱く沸き上がってくるのを感じていた。
これくらいのぴちぴちした身体を見て、どんなに弟子でも平静でいられない。 ところで寝て
神がここで拒否したらこの子は何をするかわからない、そんな思いが加藤の脳裏をかす
弾き出した

 「ほんとに…いいのか?」
 「はい」
加藤の質問に答えるだけで、口をつぐむ敏子…。.

 「好き」
 加藤は立ち上がりながら、たくましい腕でトシコを抱き上げてベッドに運んだ。

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다