第7章 真の女の楽しみ

隣に加藤がいるというときめきに敏子はドキドキ胸を震わせていた。 まるで子供
人に初めて抱かれるような気分だった。

 「何も心配する必要はない。」
とし子を子供の世話をするように優しくなでる加藤、そして愛らしい目つきで
加藤を見つめる敏子….

やがてどちらが先ともなくくちづけをした 飴を溶かすような長いキス、
口腔を甘く愛撫しながら、ブラジャーの上から彼の手が乳房にのせよう。 土
シコはつい反応してしまう。

 「あ、あ…」
 「胸が敏感なんだな?」
 「恥ずかしいよ。うんうん。」
 「恥ずかしいことはない。 鋭敏だということは幸せなことだ。 私が君を新しく行ってね
教えてやるよ!!! 」

加藤は,トシ子のブラジャーを慣れた手つきではずした. 果実のような乳房がある児.
あふれ出る. タカヒロに数え切れないほど愛撫を受けるせいか、トシ子のは一層
大きくなったような印象を受ける。

「あ、あっ、先生」
かすかなピンク色の乳首が口に飲み込まれよう。  トシ子は無邪気な顔を真っ赤にする。
起していた。
 さざ波のように身体に広がる甘美な感覚に、とし子の花酒は熱い熱い泉
のように分泌し始める。
加藤の手がトシ子の大腿をサッと撫で上げてパンティーの上から染み出て
出たりしている恥ずかしい部分を探り始める。

 「あっ、先生」
 「すごい、もうこんなにやっているなんて…。」
加藤は話しながらパンティの上からトシ子の中心部を円を描くように摩擦する。 同時
口には米粒のような乳頭を執拗に吸って回す。

 「あ、あっ、私は、恥ずかしいです。」」
トシ子はとてつもなく水気を帯びている鼻部を加藤に知られた恥ずかしさに、白い肌を
ピンクに染めた
しかし、その恥ずかしさがトシ子の官能の炎を燃え上がらせていく。
加藤の手がパンティの中に滑り込み、花びらを愛撫しながら溢れ出す果汁
この汚らわしい音を立てる.

 「…ああっ」
加藤の指使いは巧妙だった。 花びらからあふれ出るをすくい上げ、花びらに
塗って揉むように摩擦しながら時々クリトリスに触れてくる。 その力の入れ方、他
李明は絶妙で、敏子は興奮を鎮めず、腰を揺らし続ける。

 「,  キー,  先生!  .  ああっ!」
加藤は再びトシ子の唇にキスをして舌を絡ませ、パンティーを剥いて足にかける。
リンダ。敏子は身体が溶けるような甘美な感覚にあえぎながら腰を浮かべ、加藤
に協力する。

 「敏子、先生に見せてくれる?  君の秘密の花園を…。?」
 加藤先生…嬉しいです!!!」
 耳元での甘くささやく加藤が初めて自分の名前を呼んでくれた事がトシコ
の気持ちを一段と高ぶらせた
加藤は敏子の足を大きく広げ、その中心部に顔を埋めていく。

「ああっ..好きだよ、先生
自分の付け根が加藤の熱い息を感じると,  敏子はそれをむさぼっていた
.

 加藤はトシ子の下腹部をちょっと夢中で見た。
成熟した肉体とは対照的な薄い影のような春草の柔らかいVENUSの丘を葬
冷えている。
その中心を走っている火列を拡大すると、薄い乳白色の粘液があふれ出て、疑問
に乗って肛門の方に流れて離れていく.
花びらやその内側の粘膜は薄いピンクに輝いている。 もう何度も
男を迎えたとは信じられないほど美しい人だ。
加藤はトシ子の花びらに舌を押し付けて”ぐいっ”としゃぶり上げる。

 「ああっ…」
 身体をピコッと震動させ、ヒウはトシ子….
ばしゃばしゃと音を立てながら、加藤の舌はピンクの花びらを往来し、また亀裂の内側に
に侵入していく。

 「,  先生.  迷,  狂おしいよ!!」
六壁を一枚一枚熱心に愛撫する加藤の舌の動きに敏子はずっとこらえきれず、
腰を上げながら興奮を満たしていく.
同時にクリトリスを指で刺激し、鼻唇はネバネバした蜂蜜を次から次へとこぼれる
せる。
 
「き、せんせい、あっ、い、みっ!」
身体が溶けてしまいそうなこのバリバリ押しかけ、敏子は足の甲に火がついた
嬌声を吹き流す.

 「ああっ…美、狂って!」
 身体の中が溶けてしまいそうな感覚に包まれていく。 大腿を痙攣させ、敏子は自身
の興奮をのりこんでいった

##

加藤はトシ子の下から顔を上げた。

隠れたオルガスムの余韻でたまにピコピコと身体を振動させるトシ子の姿に、
加藤はかわいさを感じた。
はすでにてかてかする。 加藤はトランクスを外し、固く固まった
を露出させながら、敏子の股に腰を引っ込ませる。

 「ああ、先生」
 付近にしっかりとした手触りが当たって、敏子はうっすらと目を開いてつぶやいた。

 「トシコ、もう入ってもいいのかな??」」
 「はい、先生」

부산개인회생전문

부산개인회생

부산개인회생상담

통영개인회생

거제개인회생

김해개인회생

양산개인회생

진주개인회생

 敏子は加藤の挿入を助けようと自らさらに足を開いた。
加藤は腰を落とし、そびえる入り口に押さえつけた。

 「あっ」
 熱くて固い手触りをとし子が思わずひっぱっている。
たくましく勃起した矢が戸の入口をこじ開け、徐々に可憐な義の内側に差し入れ。
口を開いていく.

 「あっ、先生」
 加藤の分身を迎え入れたことを知ったトシ子は、白い首をいっぱい後ろに深く
息を流した。
加藤が動き出すと、甘美な波が敏子の全身に広がっていく。 カトーの刺し身
気に合わせて豊かな胸のコマがリズムに合わせて上下に揺れる.

 「あーん、気分がいいんです。あーっ、先生!」」
 丈夫なものが噴き出す圧力を受けた時、身体の中は甘くしびれて走り出す。

タカヒロに抱かれている時に自分の身体が恥をかくような感じで、まるで悪い麻薬に
ぬけぬけとした感じだった 「だから」をしていない時は「  」で、
抱かれたくなる。

だが加藤のそれは身体が熱く溶けていくような奥深さだ。 それにカー
討議はまるで目がついているようにトシコの敏感なところを甘く、
優しく突いてくるのだ。

 「ああ、先生!」        
敏子は加藤の抱き締めた。 乳房が加藤の胸板に密着し、にじんだ汗と汗がひとつになって
溶解していく.

 「あっあっ、あっ、先生、私はもう安いの…」 ? 」
 「…私ももう終わりが見える…」
新鮮で清純な感触に加藤も放出寸前に追い込まれていた。

 「先生、お願い、奥のほうに奥深く包んでください!!!」
とし子の願いに加藤は思わず動きを止めた。
 
「何言ってるんだ! 」
 加藤はとがめるようにとし子に言った。
 
今、私は妊娠していますので、お願いします。 一度だけ、先生のものを…
倒された身体で受けたいです。」
そうだ、今は貴弘の子がお腹の中にいる。 したがって加藤が中にしても
何の問題もないのだ。

 「そうか、では。 よし」
再び加藤が運動を開始した。 下降線に入っていた  のカーブが再び上昇
を開始する。

 「あっ、あっ、先生、いく!」
目頭の裏側で、閃光が2回、3回スパークする。
敏子は全身を震え上がらせてクライマックスにたどり着いた。
 「とし子…」
加藤は飲み干していた。   中から胎幹がぴくぴく飛び、熱い噴水が 
とし子の中にめり込んだ

사천개인회생

거창개인회생

창녕개인회생

부산개인파산

울산개인회생

창원개인회생

울산개인파산

창원개인파산

http://guno.pe.kr/?p=11344

  アンは最後の一滴まで引き出そうとするかのように、加藤の肉棒の茎をつかんでくっつき、
る。敏子は加藤の身体を抱きしめ、今まで知らなかった心地よいオルガズムの女
運に沈んでいた。

###

加藤に抱かれた翌日、敏子は加藤と一緒に産婦人科へ行った。

 学校と家には生理がひどいので行くと言っておいたけど、実際には中絶をするために
したのだった。
未成年者の妊娠中絶は保護者に該当する者の同意が必要なので、敏子は加藤
が父親になり、中絶同意書を書いてくれた。 順番を待っていた時、トシ子のこの
名前を呼ばれて簡単な検診を受けた後、手術室に入った。

手術台での時間は屈辱だった。 下半身は裸になり、敏子は手術台で羊になる。
足を力いっぱい開いて足首を固定した. 相手は医者とは言い条も知らぬ
男の前に下腹部を露出させた恥ずかしい姿を見せなければならないのだ。  土
シコは目を固く閉じ、唇をかみ、恥をしのいだ。

医師が金属の棒のようなものをトシ子の膣内に挿入した。
それに触れて、その中を少しずつ掘り下げて動いた時、腹部には鈍い痛みを感じるの
と。  「ドロッ」と声を出してジロに流れてくることが分かった。
二度と経験したくない不思議で恐ろしい感触だった.

手術が無事に終わり、安静のため入院が必要だった。
でも、とし子は二日間家で療養することを望んでいたし、その時間が過ぎた今日やっと学
校に登校できたのである。

–  6枚終わり。  –  –

少女トシ子2部終結編翻訳物 

第7章  真の女の楽しみ

#

「どうしていたの。 4日間顔一度もできなかったね?」
授業を終えて校門を出ると、敏子は貴弘に呼び止められた。
トシコが学校を休んでいる間、やっぱりタカヒロは学校に来て待っていたらしい。

 「それが…風邪をひいてしまって…」」
とし子は顔をそむけた。 タカヒロの顔を見ると、その恥辱の日々の光景が蘇る。
「来る」

 「しばらくやらないで、お帰りになっていかがお過ごしになったか???」
タカヒロは打ち解けてトシ子の肩に手をあげ、恋人にでもするように耳元で内
しずめた。

 「止まりましょう!!!友達に見られたらどうするの。」
敏子は肩にのせられた貴弘の手を放してしまった。

 「怒らないで。 本当はもうこのダラダラするんだろうね。」
 「. . . . .」
  とし子は頭をはねた。

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다