心配しないでね!!」

実は、貴広の顔を見た時に下腹部に眼中
えっと熱いのがむっとしていたのだ。 しかし加藤の努力に応えるためにも
絶対あんなアンマのもとへ帰らない。
 
「どこ行くの!!とし子!」
学校に帰ろうとするトシ子の腕をタカヒロが握る。

 「忘れ物があったので…。、すぐに帰ってくるから。 心配しないでね!!」
 「無駄なこと考えずに、必ず戻ってきてね!!!」 さもなければ好色女と学校に言葉を
言いふらしてしまうから? 分かった!!」
卑劣な言葉に敏子は怒って身体を震撼させた。 自分がこんな風に狂ってしまった
ことも原因といえば、この男のせいだ。

 じゃ、ここじゃなくて草原で待っていてね。
 「うん」
 「あなたへ…初めてすることになった…その場所」
 「そう、あの時みたいに乱暴にやられたいのか?? カカカ~」
高広はにやにや笑った。  とし子が欲求で無理矢理犯されるのをところ
と思っていたようだ。

 「必ず…行くから!!!」 待っています。」
 「わかった。そしたら、先に行って待っているぞ。」
駆けつける貴弘の後ろを見ながら、敏子は心の中でつぶやいていた。

 「もう、今日が最後だよ!!」」

##

  とし子は職員室に行き、加藤を呼んだ。
 

안동개인회생

상주개인회생

영천개인회생

영주개인회생

「どうやって来たの? 福沢!!」
 「彼が…来ました」 今私を学校の前で待っています。 そして、私とその
草原で会うことにしました。」
 加藤の顔がこわばった。

 「わかった!!!  しかしあいつを懲らしめるためには現場で捕まえなければならない。 そっか
君は今すぐ草原に行って待ちなさい。 それでは私がお前に後をつけて行ってお前を
助けてあげるから!!!」
「大丈夫かな···」

とし子は少し不安だった。 もし加藤の助けが遅れて貴裕のあの怒れるロー私を
打ち込んでしまうとまた妊娠してしまうかもしれない。 そして、その忌まわしい日常に退歩してしまい、
というのも怖かった。

 「大丈夫、心配するな。 私が必ず助ける。」
 「分かりました」
 自分と優しさに満ちた加藤の顔を見ながら敏子は決意を決めた。
これからは先生と一緒に行く。 頼もしい先生と一緒に…
とし子は加藤と一緒だった。

###

   自分のバージンを奪われたその草原の入口でトシコは加藤と分かれて山道に入った

時折冷たい風が吹き,冬が近づいているのを感じさせる. 夏に
ここを通った時緑を浮かべていた草原も今は枯れて茶色になっている。
敏子は不安や緊張で体を震わせながらゆっくりと歩を進める。

まだタカヒロの姿は見えない。
どこから現れるのか、そう思うと、心臓がドキドキして口に飛び出し
来そうだ。

 「キャ!」
 背後から突然だれかが抱きついてきた。 タカヒロだった。 木陰にひそんでいたのだ
.

 「カカカ…その時もセクシーな姿だったけど、こんなにまた冬服のセーラー服の君を見ると
これもなかなかいいね!!! 」

 「. . . . .」

경산개인회생

문경개인회생

대구개인파산

대구파산신청

http://guno.pe.kr/?p=11374
敏子の脳裏に、なってを奪われたときの光景がよみがえる。
貴弘の手がセーラー服の上で胸のコマの付近を不機嫌に撫で付けて
「来る」

 「今日が君の最後だよ…」
 「うん、お前何言ってるんだ?」
 「はっきり言ってやる。 あなたのおもちゃになるのももう今日が最後だよ!」
 後ろめたい思い出を断るように、敏子は言い放った。

 「おい、冗談はやめろよ。 そんな姿を見ようと君をここに呼んだのではない!! 子供が何日
見なかったのでおかしくなったね。 カカカ~」
貴弘は嘲笑って、敏子の言葉を信じようとしなかった。

 「本気だ、お前は今日でおしまいだ! この悪魔め!」
敏子は嘲笑う貴弘を見て、毅然と言い放った。

 「なんだって…。 この人が!!!」
 「,. . . . .」
思っていないことを言われた性格せっかちな貴弘が、太い腕で敏子の首を絞める。
とし子は苦しさに呻いて声を上げる。

 「この人!!  今日一体どうしたんだ?  ん?  まぁいいぞ、口ではどんなこと言ってもお前
の身体はもう私を望んで感じてるってことが私じゃなくても分かるよね!!」
 「!」
敏子は乱暴に地面に倒れた。 
その時、トシ子のプリーツスカートが上がり、大腿がちらりと見えてくる。
 「反抗のお返しに今日は速攻で決めてやるぜ!!!」」
そう言いながら、貴弘はトシ子のスカートを捲り上げていきなりパンティに手を出す。
.

 「やめろ!」
  敏子は貴弘の手を必死に押してかわす。 しかしトシ子の力では
どうしようもなく、白い生地はあっけなくはがれてしまった。
 下半身を露出させたタカヒロはトシ子の足を大きく広げながら、その間に
腰を引っ込ませてきた
熱く沸き上がった歯にぎゅうぎゅう押しつけられる.

 「先生!!!、助けて…」!」
それを受け入れれば、またその恥辱の日々に戻ってしまう。 とし子は自分の力の限り牛
リーを振り絞って叫んだ。

「待っていた!!!」
その時、走ってくる足音とともに、声が聞こえた。
加藤だった、この入る直前に間に合ったのだ。 

「こいつ、ただじゃおかないぞ!!」 」
加藤はトシ子を押さえつけている貴大を引き離しながら思い切り”サッと”投げた。

 「何だ!!」 お前は!」
 思わぬ邪魔者が入ってきて、貴弘は急いで加藤に殴りかかった。
貴大も腕力はかなりよかったが、空手四段の加藤の敵ではなかった。
加藤も何発か当たったが、一瞬圧倒的に高広を押し付けた状態だ。

 「!」
加藤の強烈な拳が腹部にヒットした。
貴弘は苦痛に顔をゆがめてその場にしゃがんでしまった。

 「どう?  もし今後この子にまたこんなことをしてみなさい。 じゃ!ここで終わるのは
しないだろう。」
 加藤は自分の拳に縮こまっている貴弘を尻目に、敏子を伴って
その場から立ち去った.

####

 加藤が助けてくれて以来、貴弘は二度と敏子の前に現れなくなった。

 2、3日経ってから加藤高広のマンションに行ってみたら、高広は引っ越して
なかった。加藤に殴られた痛い記憶が効いたようだ。
学校が終わって加藤のマンションを訪れたとし子は、その話を聞いて自由になった喜び。
恋に落ちた

もう自由だよ、私!!
今からは勉強も一緒にできて、クラスの友達と一緒に遊ぶこともできる。

義日とはもう決別し、前のような楽しい学校生活が送れるのだ。 然様
と思うとうれしくて、たまった大粒の涙が、そのきれいな雪からこぼれ落ちる。
 
「いいの!!福沢」
 胸の中ですすり泣くとし子の髪を加藤は優しくなでる。

 「すべて先生のおかげです。 ありがとうございます。」
 「君が元気になり、また幸せな生活を送れるなんて私もいい。」
 「先生、もう一つお願いがあります。」
真っ赤な顔をして敏子は加藤を見詰めた。

 「何だ。言ってみろ??」」
 これからも。。私と一緒にいてほしいです。 先生と学生じゃなくて…
つまり、その…男と女として」
 「福沢…」

状況がどうしようもない,自分の学校の生徒であるトシ子を抱いた後,加藤は多くの良心に
呵責を感じていた
しかし、その時に加藤はトシコに対して学生する気持ち以上のものを感じたことも買って
糸だった。

 「本当に私のことが好きなの?」
 とし子は無言で、水気を帯びた目で加藤を見つめた。
その後はもう言葉は要らなかった。 どちらが先ということもなく、顔を近づけて、浮き
怖そうな口づけを始めた.

 「,. . . . .」
キスをしながら胸のコマをゆっくり撫でながらトシ子はもう甘いため息を
流し始める

ベッドに移してください。 先生!
「好き」
加藤敏子を軽く抱き上げてベッドに寝かせ、自分もそばに立つ。
セーラー服を脱がせ、全裸のトシ子の全身に愛のこもった愛撫を施していく。 高広
和議ですっかり性感を開発されたトシコは、身体の中に広がる甘美な絵柄。
をくねらせてあえいで泣く.

「行くぞ、福沢」
加藤はトシ子の股に腰を入れ、鼻唇の入り口に自分の分身を期待して、
行くぞ。

「あーん、先生、お辞儀···」
敏子は自ら足を大きく広げて加藤の侵入を助けようとする。
赤黒いこの可憐な谷間に吸い込まれるようにして入る.

 「ああっ、先生、ああっ」
 大好きな加藤の分身を迎え入れる喜びに敏子は甘い息を流す。
加藤がゆっくり腰を使い始めると、ふわふわと浮かぶようなこの敏子の
体を相次いで駆けて行く.
そして体が溶けるような甘く心地よい感覚に包まれ始める。 タカヒロエ
抱かれているときに感じた、非難と圧力を受けるような感覚とは全く異質な深遠
恨だった。

 「あ、トシコ、かっこいい」
加藤も新鮮な肥育の感触に酔いしれて再び敏子を名前で呼ぶ。

 「ああっ,  うれしいです,  先生,  ああっ,  わあっ,  気持ちいいですよ,  」
これが本当の女の楽しみだ。 とし子はこんな気がした。

 「先生、まったく~愛してるよ!!!」
歓喜が声をあげながら敏子はゆっくりと最初の極致に至った。

[レビュー]

これで少女ロマンスSMエロ小説”少女トシコ”第2部が終わりました.

間違った出会いで汚され清純なバージンも失った敏子… しかし、本当の愛と
女の楽しさを加藤に見付け、またその後6年後の話が”淑女トシ子”
第3部に続きます。

“淑女トシコ”はトシコが大人になって大学生になることから始めてまた陵
悪口に陥るストーリーラインです。  「少女トシコ」をたくさん  大切にしてくださった皆さんの前。
で、次回作「淑女」もやはりたくさんの愛と愛読をお願いします。

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다