淑女トシ子3部1編翻訳物

From:アンマガ

淑女トシ子3部1編翻訳物 

“少女トシコ”その6年後に話が”淑女トシコ”第3部に続きました。
はい。
僕の前作を愛してくださった皆さんの  愛読をお願いします。  

–  淑女プロフィール?

大学三年生·二十歳
身長164センチ·体重48キロ
B87E·W57·H89
       

第1章  女子大生トシ子·20歳

#

すっかりおくれてしまった

 福沢俊子は歩きながら腕時計に目を向けた。 時刻は、すでに午前2時近くの
時間ができている。
トシコは3ヶ月ほど前から駅前にある「マジック」というゲームセンターでバイト
イートをしている 今日は本来なら8時に終わる予定だったが、交代しなければならない職員が
体の具合が悪くて来られなくなってしまって、延長を頼まれて閉店まで仕事をすることになってしまって、
捨てたのだ。

敏子は千葉県にある清泉女子大学の学生で、今月3年生になった。 大
学では日本文学を専攻している。
そして現在も親の家が東京の外郭なので千葉県まで通学するにはとても不便で
ルーム·アパートを借りて独り暮らしをしている

 明日は休講でよかった。
そんなことを思い出しながら、敏子は自分のアパートへ足を急いでいた。
シャッターが下がっている商店街を出て、並んでいる住宅の路地に入る。
この時間には人影はほとんど見られない。 静まり返った静かな空間に、トゥペクトゥ
歩くという少し早いテンポのヒールの音だけが聞こえる。
そんなトシ子の歩く速度がだんだん遅くなり、やがて足を止めた。

 どうしよう、トイレ···うん···!!!
仕事中に飲んだコーヒーのせいだろうか。 ゲームセンターを出た頃から少し感じて
はあったが、ここまで来て急速におしっこが出てきた。
もう4月に入って夜の風にも春の匂いが感じられるようになったが、今夜は冬の
この退歩でもしたかのように風が冷たく、身体も冷たくなる。

 アパートまではまだ四、五分の距離が残っている。 でも、そこまで我慢していける
感じではなかった。
敏子はふと、近くにある公園の公衆トイレがあることを思い出した。 そこなので
面の目の前の交差点を左に曲がるとすぐだ。
とし子はまた歩き出した。 一刻も早くトイレに行きたかったけど、あえて月
…することはしなかった。 走ると身体が振動し、その刺激で不要に尿が
しびれそうだからだ。

 その時、自分の左側に公衆トイレの建物が見えた。 真っ暗なトイレの中に蛍光灯の光
光がかすかに輝いている.
とし子はようやく中にはいって、ドアを閉めて便座にすわる。 慌ててパンティとパンツスター
キングを一度に引きずり下ろし、座り込むとほぼ同時に股間から黄金色の滝が
勢いよく噴き出した.

ふっと、やっと助かった!!!!!!!!!!!!!!!!
緊迫した状況から解放され、思わずため息が漏れる。 後一分遅れ
…したらどうなっていたかもしれない。
仕事を全部片付けて、かばんから取り出したtissueで小便を拭く。 身繕いを一通りして
水を流そうとした瞬間、とし子は思わず手を止めた。
外から人の気配がしたような気がしたのだ。

 気のせいかな?
水を流してからトシ子は外に出てみた。 女性用トイレの入口の間には2
御用があったがやはりそこには誰もいない
やっぱり気のせいだったのか。
そう思いながら公園の出口に出るために、男子トイレの前を偶然通った時

 「お願い!!」 こんなことするんだよ。」
 また同じ音が、今度は少しよく聞こえてきた。

どうしたんだろう、男のトイレの中で…?
とし子は驚いた。 それは女の声だったからだ。 そっと近づいてみよう、確実に。
ヒー、トイレの中から人の気配がする。

「ふうふう…君の銀そうは言っていないが…」,  ,  これ見よ!! この野郎!  お前のえ
私にしてくれとせがむんじゃないの?」
今回はかなりはっきりと聞こえた。 しかも今回は男の声だ。

삼척개인회생

철원개인회생

원주개인파산

춘천개인파산

http://guno.pe.kr/?p=11384

 構わない方がよさそうだな。 . . . ..
中で一体何をしているのだろう、という思いがだいたいつくからだ。
しかし去ろうとする気持ちとは逆に、その場から動くことができない。 かまえては
いけないことがわかっていても、中のことが気になって仕方がないのだ。 寒さをしのぐ
つけないほど身体が熱くなり、胸の鼓動が大きく響いていた。

 「あっ、あっ、どうか…」
断続的な女性のあえぎ声が聞こえながら、もう我慢できないトシコは痛風娼婦
レに行って、洗面用ポンプの入っている箱に乗ろうとしていた。
これに乗って登れば、敏子は十分に窓のところまで届く。  
まだためらいはあったが、見たい欲求の方が大きかった。
とし子は恐る恐る内をのぞいた

 あっ!
 とし子は叫びそうになるのをやっとこらえた。 やっぱり予想してた光景だったけど、やっぱり
実際に見て驚かざるを得なかった。
女性はスカートをめくり、その下のパンツはひざ下まで引っ張られていた。 そして。
壁に手を当てて、露出した下半身を男の方に向けて突き出している。
男がその女性の背中に手を突っ込んで前後に動いているのだった。

 「ああ、やめてください!!!」 ううっ!!」
 女性が泣きそうな顔で振り返りながら、男に訴える。
 男は眼鏡をかけていて、髪の毛を七三に分けている。 年は三十ばかり
ほっそりした体つきで一見学者風だが,  半袖のワイシャツにちょっと出た
腕はたくましく、身体に似合わず力は強いようだ。

一方、女性の方は栗色のボブスタイルの髪で、後ろを振り向いたその顔立ちはまだよ
そして、女性というより少女という形容するほうがあてはまる。
露出されたお尻もまだ大人の姿になっていない、どう見ても十代半ば、高校生
,  ,  いや,  中学生かも知れない.

 「あっ!!先生、やめてください!!」」
 「見ろ、お前からはどんどん露が溢れ出すんじゃないの? ところで止めろと…」
 「そんな…そんな恥ずべきこと言わないでください! 」
「先生」と呼ばれた男は少女を見下すように笑いながら、手の動きを激しくした
じくじくという音がトシ子の耳にまで聞こえてくる。

 「ああっ,  ああっ,  ああっ…」
少女は恥ずかしさをこらえようと顔を真っ赤に染めている. 二人の話し合いで何とか
分かることは、男性は学校の教師で、少女はやはり彼の生徒のようだ。

 「よし、そろそろ入ろうかな?」」
男はズボンを脱いで勃起したものを取り出しながら、少女のお尻の亀裂に自分の
を寄りかかった。

춘천개인회생

원주개인회생

강릉개인회생

속초개인회생

동해개인회생
 
「どうか、もういい加減…」
少女が悲しい表情で振り返る. しかし、男はかまわず、ゆっくり腰を
前に突き出して、少女の中に侵入してきた。

 「ああっ…」
少女が苦しそうに呻いた

 「··········この感触もう入れずにはいられない!!!」」
男は少女の細い腰を抱いてゆっくり抜き差しを始める。

 「…あっ,あっ,あっ,あっ…」
 徐々にのスピードが上がっていくと、ぶすぶすと腰を打つ音に合わせて、
少女の唇からあえぐ声が断続的に飛び出す.

 もう、これ以上見てはいけない。
敏子は何度も自分に言い聞かせていた。 しかし男が腰を動かすたびに
少女の間に見える壮健に目をそらすことができない。

 「あっ、あっ、あっ、あっ」
甘い鼻声が出て、少女はもう感じていた。 先程の悲しそうな切符
情はいつのまにか恍惚の表情に変化している。 自ら苦労して腰をひねって後ろにある
男の唇を要求して積極的にキスに従う。

 「ああっ!!  何か..」 あーん。感じられますか?」
少女が淫蕩な声を上げて絶頂に近づいているようだ。 男子も放出が近い
今や少しずつ動きが減っていく。

 「カア!!お前に俺の水を分けてやるよ!!」
男は少女のお尻を近づけて腰を押さえる。

 「あっ  ああ  ああ  」
 男の放出で少女がぴくぴく身体を震わせる
 すべてを見届けた、とし子は、足音がしないように箱から降りてきた。 彼
そして、公園の外に出てきて、一目散に走り出した。

###

トシ子のアパートは最寄り駅から徒歩で15分ほどの閑静な住宅街にある、8坪
余りの畳のワンルームだ。 建築して2年しか経ってないのでとてもきれいで普通のワンルーム
よりやや広い。 特に、床はフローリングになっており、トイレと部屋の区別がしっかりしているので、
とし子の気に入った。 また、自分の大学まで40分ぐらいかけて通学するのも
便利な所に位置している。

 公園のトイレで男と女の淫蕩な交際を盗み見て、部屋に戻った時には罰
午前3時に近い時間だった。
息を切らして、シャワーを浴びようと裸になった時、敏子にとっては自分のパンティ
の内側の生地がしっとりしているのに気づいた。 改めて自分の行動がとても恥ずかしい
らしかった。

洗面の鏡に映った20歳の裸体は、まぶしいほど輝いて見えた。 小学校高学年の時
から急速に発育を始めた身体は中学生になった頃、もう大人に劣らない
程度のバランスをとっていたが、20歳を迎えた今では、身長も5センチほど高くなり、
また、他の身体部分もはるかにその成熟の程度を増やしている。

バーストは87センチと数字的にわずかな増加だが、当時はCカップだったのがEカップ。
ローサイズは確実に上がっている。
乳房の形は、垂れておらず、美しい梵鐘の形を保っている。 その頂点
やっぱり変わらず可憐な薄いピンクの色が入って、突起の形が本当に一本で
洗ってみてほしいと感じるほど、色鮮やかな雰囲気に包まれています。

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다