明石は復讐へ

明石は復讐へ…………………………….

「オクソンおばさん~」
ミョンソクは、わざと普段使っていた格式ある呼び名を使った。 それはまだ興奮に満ちた彼女
に2人の不適切な関係を思い出させるためだった。
う…うん?
「オクソンおばさんは義母の友達というよりもう私の女だ」
“…………….!”
玉善の胸はどきっとした.오산개인회생 개인회생개인파산
彼は口にしたくなかったことを突然口に出した.
否定したいが否定できない現実が彼女をもっと暗澹とさせたしその言葉にどんな
そんな返事もできなかった。
玉仙はもう一度帰るにはあまりにも遠くまで来ていた。

よく分かるけど  私は  幼い頃から  いつも  一人でした…そして誰の保護もなしに私を守る。
そうするうちに人より少し荒く育ったんだ。 また恋をする対象もなかった….魔
歯科養護園食堂で人のご飯を奪って食べるように。。。愛もそうやって奪ったり盗んだりしたよね。
…….今みたいにね….평택개인회생 개인회생개인파산
“………….!!”
私がどうやって生きてたかは想像もできないけど。。。
彼は何かを言おうとして,それ以上何も言わずに彼女の背中から滑り降りた.
彼のものがさびしく抜けた肛門には涼しい風が入り込み、周囲の筋肉が
 小さなけいれんを起こし、素早くぴくぴく動いた。
このような深刻な雰囲気の中でも、彼を記憶する体はぴりっとした感覚を作り出した。
ところで私は偶然にも年上の女性たちにたくさん会いました….いや、僕が年上の女性を
わざわざ探したかも知れないが…”평택개인회생 개인회생개인파산
「同じ年頃の女性は会ってないの?”
会ったりもしましたが、別に興味を感じません。
“変だね、他の男たちはもっと若い女を探すって言ってたけど…”
多分私は女に対する時お母さんに対する愛と怒りが一緒にあるようです…だから
 年上のおばさんたちとする時は私の精力で女性を屈服させたいと同時にその
彼女に無限なオルガズムを与えたくもあります。時には悪口も浴びせかけながら。。。」
う…うん…悪口を言うの?”
すればするほど、わからない怒りに巻き込まれてしまいます。もちろんそれがと一緒に来ること
だけど…화성시개인회생 개인회생개인파산
怒り…..?
はい。。興奮したらいつもいや。。たまには興奮するために。。僕と初めて車でセク。
スしていた日、お尻に当たってどんな感じでしたか?”
そりゃあ。。。痛かったでしょう。。。”
「ただ痛いだけ?」
玉仙の顔がかっかとほてった. お尻を叩かれながら分からない興奮に  積もっていた自分を
 ばれたような気持だった。
“そりゃ……興奮もちょっと……以上ハードで……それは……”
「ははは……」
彼は突然大笑いした.
“何で笑って….恥ずかしく……あい~」
「オクソンおばさんのお尻は、まだぷりぷりしてるよ……ハハ~~」
“あ~からかわないで……………..”
明晰は胸に染みる玉仙を片手で抱いた。화성개인회생 개인회생개인파산
「私以外の男にお尻叩かれたことない?”
うん…ない…私は夫じゃなくて…初めてだよ…夫はそんなことよく知らないんだ。いつも同じ
 そんなに変わりないよ。こんなにすごい興奮は初めてだよ。私も初めて知ったよ。アン
お尻を叩かれながら、  興奮できるということは···。それも年下の自分に…”
その話をしながらオクソンはミョンソクのもっと胸に染み込んだ。
「これからは義母の顔をどうやって見るつもりですか。’
“ふ~~~~~分からない~~~~~~~~~~~~~~~”どうしてこんなになったのか。。。ミヨンもそうだし。。。私だけかな?
 あなたはどう?」
玉仙は急に明石を叱責するように責め立てた.
“そうだね……….お互いが…”そうかな?」
“自分はそれでも男だから私よりはましだよ…友達の婿と一緒に食べたと噂されたら私は…
友達の間でも顔を上げられないと思う。年を取った年が醜態だよね。う~ふ~」
玉仙は体を仰向けに寝かせて溜息を押し出した。
「なかったことにしようか。’수원개인파산 개인회생개인파산
「それでいいんだけど……どうやってそうなるんだい?”
これから会わなかったらいいじゃないか。そんなことが怖くなったら。。。」
明晰の言い方が少しずれていった
「……怒ってるの?」
「怒りは何だ」
“ごめんね…..私の立場もあるんじゃないの。
私は複雑なのは苦手なんだ。そして私は自分の立場など気にする余裕のないやつだよ。
“やめろ…..腹立つように言ったんじゃないの…””
“………………….くん”
オクソンは足をミョンソクの太ももに乗せ、頭をミョンソクの肩の下に突っ込んだ。

過去を語る初めての彼は不憫にも思ったが,  それが彼の最初の男
というような言い方が途中で感じられた。  実は彼は孤児として育ち、玉善とはあまりにも
違う環境だっただろうし、今この瞬間にも彼は自由な独り身のようだった。 ビー
ロック結婚はしたが忽然と去ってしまえばそれでいい男で、オクソンはそれに比べると複雑に
絡んだ関係のせいで、今このような状況はあまりにも危険な冒険をしているのだった。
彼女をつかまえているのが何かわからないがだからといってこの感情を諦められない安打
心細さがあった。

용인개인파산 개인회생개인파산
オクソンは汗でくっついてしまったワンピースをやっと脱いで浴室に入った。
あふれ出る水の流れにも敏感に反応する体を知らないふりをしてねっとりする汗を
た。丁寧に敬語を使っていたミョンソクの話し方が変わっても変に嫌ではなく、むしろチョン
私らしさだけでなく,  先ほどの会話は彼女の物足りなさを満たしているようだった
성남개인파산 개인회생개인파산

シャワーを浴びた玉善はタオルを水で濡らして寝室に戻った.
長い足を伸ばして横になっているミョンソクの体は、完璧な男の体つきだった。 黒く日焼けした体と
筋肉たち…….そして聳え立つユクボンは彼の堂々さに取って代わられたようだった。
玉善は彼のものを念入りにタオルを拭いていった. 恥ずかしくて汚い肛門を出入りした
彼の肉棒にすまない気持ちになったりもした。 彼の足を上げて不粒から肛門につながれ
という部分まで隅々まで磨いてあげた。 もしかしたら彼に対する愛という気持ちで…………..
「洗って」
彼女の優しい手つきとは裏腹に無愛想な言葉が飛び出した.
彼の話し方は今や自然に玉線を押さえていた
オクソンはタオルをベッドの下におろし,  彼の言うとおりにキノコの形をしたものをゆっくりと舌を休ませる
に巻き上げた。 夫のものとは違って一口いっぱい入ってくるキノコは口の中でも柔らかい
らしい感触を作りながら口の奥深くに押し寄せた。
「ずーっと~ずーっと
「しゅんしゅん…。チュッ!」인천개인회생 개인회생개인파산
彼女が頭をすすぐと,吸い込む空気摩擦音がした.
短い口の動きで彼のものは再び筋が通ってキノコがふくらみながら威容しよう。
天井に向かってランするように飛び上がった。 彼のそれはまさに肉毛のバットを連想させるものであろう
習わしのままだった。
オクソンの口の割れ目を鋭敏に舐め、ユクボンに沿って下に流れた。
陰毛が生い茂っている間に大きく広がっているシワだらけのアルチブをやさしく口の中を
吸入した。
“う~ん~”
明晰のうめき声はかえって玉禅を興奮させた.
“あ~いいね~”
玉仙の舌が明石の肛門を舐め、明石は玉仙の髪をつかみ、長いうめき声を上げる。
した。

ミョンソクは彼女の愛撫に耐え切れず身を起こした。
彼女はつやつやした口をして明晰のうるうる瞳に身をすくめた.
明晰は玉禅を伏せるや否や、勢いよく肉棒を押し込んだ。
「フフッ」
彼女は予告なしに押してくる明晰の分身によってぎょっとしてうめき声を上げた.
“ううん~~”인천개인회생전문 개인회생개인파산
明石はもう思いっきり押し上げた。
「パンパン···パンパン···」
玉善の体は彼がごりごりごりごりに揺れた.
“ああ~~自分だよ…..ゆっくりと…..”
「パンパン…………………………………………………………」
お尻にぶつかる肌の音…
玉仙から流れる愛液でじらす音が赤裸々に部屋中を泣かせた
「ククククククククククククククク」”
“あ~そ~ん,,,,,,,,,,私,  どうやって….”あ、グググ、ググ、ググ。

“これだよ………………..”「この野郎~~」
「………………………………………………
玉善は自分の耳を疑った
ミョンソクが自分に悪口を言っているとは信じられなかった。
「どうか……私の味が……」
“ああ~~そんな言葉…”しないでね。ああ~~」
“剥いている………………..”「種8年が…」인천개인회생전문법무사 개인회생개인파산
明晰は彼女の大きな尻をたたいた.
「チャァァァァァァァァァァァァァァァ」
“あ~…よ…悪口言うな…”
「おや、シ八年が…」
ミョンソクはもっと早く腰を押して、口にできない悪口を吐き出した。
「フフフッ~~~~~」

玉仙はだんだん気力を失っていった。
彼はその動きに呼吸が合わず,  転ばないように必死で
 た。突然押し寄せる感覚も感覚だが,彼の口から飛び出る悪口に
全身から力が抜けた. 年下の男性にお尻を上げてうめき声を上げること
恥ずべきことだが、彼の口からはばかりなく飛び出す悪口は、彼女をさらにみじめにさせる。
させることにした。
彼がどうして急に悪口を浴びせるのか分からないが、どうしてその悪口に自分がもっと熱くなったの。
上がるかは尚更わからなかった。
ひどい悪口と彼女の興奮は比例して大きくなった.

玉仙は気を失いそうな危機で頂上に寝返った.
“どう……いい?
“ああ~~こんなことするな…””부천개인회생 개인회생개인파산
“言ってみろ…………………..”
“あ~いいですね”
彼女は彼のぞんざいな言葉遣いに自然と敬語を使った.
「そうか…?」
「フフッ」
玉仙の目から涙が流れた
涙の意味はわからないが、体はむしろ宙に浮ぶようにオルガズムを感じている。
…だった。
「もう少し開いてみて、イニョン~」김포개인회생 개인회생개인파산
「ああ、どうか……」
ミョンソクの腰が再び速度を出しながら部屋の中に肉をぶつける音が響き始めた。
「クククククククククククククククク」
「ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」
彼女がうめき声を上げると,明石は激しく彼女を押しやった.
「パンパン……………………………………………………………………………」
“さあ……………………….ああっ~お願いだから私はもう…週…死ぬこと
「ああっ」
玉仙は明晰の両腕をつかんで全身がぶるぶる震えた.

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다