一つ作ってもらった。

“ピリリ…………………………………………
はい..もしもし
あ~~私です。
「あ~キム書房~」파주개인회생 개인회생개인파산
「お昼は?
うん。。。私はさっき食べたよ。。。あなたは。。。お昼は食べたの?”
はい…家にいらっしゃるんですよね? 家に寄らなければならないんだけど。。。
うん、、なんで、、聞こえるように?
はい…ちょっと寄ります…契約書をちょっと取りまとめてください。5階の三美建設、再契約しないといけませんから」
「あ~もうそうなったのかな…」分かった。持っておくね。
建物を借りるときの契約書は、すべてスンドクが保管していた。
これはその建物の所有者である順徳が経済権を持っていることを意味するものであろう
殷は2人の娘にも婿の明石にもそれなりの権威を認められる最後の砦でもあった。

朝夕見る壻だがいつ見ても明晰は可愛らしかった.
明晰とすればするほど彼から脱することができなかった.
二人の娘が外出した朝の短い間と、彼が呼び出しておすそ分けした旅館では、
 順徳を次第に深い泥沼に追い込むようだった。
朝の出来事は羞恥心と恥ずかしさを伴って彼が出勤した後は
一日中仕事が手につかなかった。 食卓に立つように···。トイレ···ソファー···結局長女。
ミヨンの興奮が残っているベッドでも…玄関で靴を履いて踏ん張って…大根
ひざまずいて彼の肉棒を洗わないと出勤できないと言い張る婿がどうしてそんなに可愛くて愛
なんか···急に変わってしまった朝の時間と刺激的なスンドクを終えるが、
を考える女にしてしまった。일산개인회생 개인회생개인파산

金庫から書類を持ってソファーに座ったとたん、電話が鳴った。
「もしもし」
あ~~私です。
う…うん…来ているのか?”
はい。。今運転中です。
“あぶなく…………”
ははは。。うちの義母が退屈かもしれないからです
「退屈だね」
「今何をしていらっしゃるんだろう。
「書類を持ってソファーに座っている」의정부개인회생 개인회생개인파산
「可愛らしいお婿さんが行くけど、  シャワーは浴びてますか?」
「あー本当に…」誰が聞くかなぁ…。
誰かが聞いて…私が好きな服装かな?’
そうだね..  気をつけて早く来なさい…”
“うーん..それでは白いワンピースにノーパンなんだね…”
「ああ、どうしたんだよ……恥ずかしく……」
「ははは……朝お義母さんを見ずにそのまま出勤したら仕事ができないんですよ」
「あら、だんだん…」そんな言葉を…」
「私が帰ると言ったら、もう下が濡れていませんか。”
違うよ…………………そんなことしないでね。
“大丈夫ですよ…..足一度開いて見ます….”
スンドクは、ミョンソクの歯切れのいい話し方に笑いも出たが、彼の言葉通り期待感で胸が弾んだ。
 いた。皮肉にいたずらをする彼がどうしてこんなにも愛しいのか。。。
今では「年齢」という言葉が二人の間で交わされた。 特に彼が
言われた通りにこすりながら、自衛をする時は、彼は熱く順徳を熱したものだった。
あらゆる口に出せない言葉が行き交うと、スンドクはくたくたになってオルガズムを超え、
 結局、もう一度婿の肉棒で締めくくったりした。일산개인파산 개인회생개인파산

むこ養子は来るや否や、母親が赤ん坊の乳を含ませるようにスンドクに肉棒を噛ませた。
スンドクがユッボンを手に取って頭を悩ませる間、ミョンソクは立ったまま書類に目を通し、書類
をテーブルの上に「トントン」と落とした。
「私が来る間を暖めただろう。”
“ああ~~”
「スンドクは彼の口から」という言葉が飛び出すと、思わずうめき声を上げた。
すなわち、順徳は長いソファーのひじかけに腰がかかり、明晰の舌があちこちを見回し、
 通り過ぎた。
ワンピースの身なりにノーパンティーは服を脱ぐ手間を省いた。
“あ。。。ふふ。。。”
「うちのお母さんはいつ洗ってもおいしいよ~」
「ああ~~~」의정부개인회생 개인회생개인파산
順徳は腰がソファーの肘掛けにかかっているので、股間を思い切り上に持ち上げた姿勢が
なっていた。上半身は長いソファに寝かせ、足を両脇に広く広げた明晰な脚
間から頭を突っ込んで順徳義を吸い込んでいた。
「ああ~~~」
スンドクは明晰の広々とした口つきにうめき声を吐いた.
今や明晰も順徳の身を知っているので、彼女を早く登らせるのは難しくなかった。
明晰の唇と舌が滑らかに動くたびに、スンドクは両足をバタバタさせながら荒く
入り込む愛撫を受けて出さなければならなかった。  
ミョンソクがてらてらする口をして、淫蕩に笑みを浮かべてみせた。
“後ろに…………………”
彼女は飼い慣らされた犬のようにさっとソファーから降りてきて,ひじかけをつかんでうつぶせになった.
お尻を明石が入りやすいように後ろに引いた姿勢で足を広げてソファーの床を握った。
C。
すでに彼女は明晰によく慣れた女性になっていた。

彼の肉棒がぬるぬるするを切って力強く入ってきた.
“あ~あ~あ~”
「いいの?」일산개인파산 개인회생개인파산
「うんうん、クフッ」
根まで入ってきたユクボンは、再び抜け出るかのように見えたが、再び荒く掘り下げた。
「ああっ」
“いいのかよ~~!””
“ううん···うん···クフッ···”
いつからか彼は「…」をする時は、威圧的に玉線を押し付けた。
“あ~~さんぱる。。。”なぜ返事をしないの
「チョー、いいよ………………………….クフフフ~」
スンドクが恥辱をなみだのように吐いた
順徳の言葉が終わると、ゆっくりと何回も繰り返していた明石はやがて激しく押した。
「そうしないと…」えーと…」
「パンパン~~~~~~」
「アホッ!アホッ!」あーーーーーーーーーーーーーーーーー~~あ~」

雲の上をさ迷っていた彼女が気がついたのは、彼が殴ったお尻がひりひりしていたからだった。
彼女はしりもちを上げ,ソファーのひじかけにうつぶせになった姿勢で疲れ切っていた.
全身が汗で風呂に入ったようにワンピースが体にくっついて動きにも不便を与えた。
「出ます」파주개인파산 개인회생개인파산
いつ服を着たのか、ミョンソクが書類をまとめて話した。
「ううん……うん……どうすればいいんだ……」
スンドクはやっと起き上がりながらよろめいた。
ミョンソクはソファーにもたれているスンドクを両腕で抱き上げて深くキスを浴びせた。
“ううん~~”
「よかっただろう?行くよ」
うん。。。運転に気をつけて。。。
順徳は自分の夢うつつの状態を比べ、婿の運転を懸念した。
明晰は何事もなかったように「ぽん」と出て行ってしまった.

彼の話し方と行動が次第に正常化し、自分を卑下することが多くなっていた。 そいつ
都をする時は一層荒くなった。 この前の旅館でも順徳を彼のところに上がってくるように
と言って、まるで子供連れで遊ぶように尻をたたいて、彼女をからかっていた。 そうするうちに興
怒りがおさまると、悪口を浴びせ、抗議すると、さらに変な悪口を並べ立てた。
ミヨンにはしない癖がどうして自分には出るのか分からなかったが、彼女もふん
おしろいに勝てなくてもがく状態だし、彼も興奮していて阻止する気力も精神
もなかった。청주개인회생 개인회생개인파산
しかし、興奮が終わると、スンドクは恥ずかしさで身をすくめたりする。 どういうわけか分かんないよ
途中で耳にする彼の悪口は、興奮を爆発させる導火線になったようだった。
彼の汚い悪口に彼は逆上していたという事実にびっくりした. しかし何か
それよりも明晰は心の奥深くに入っている男だった. 順徳にとって明晰はもう拒否
できない自分の男になっていた。 いくら否定しようとして、また気を引き締めても
夜が過ぎるといつの間にか明晰を待つ自分を発見したりした。 で始まった関係
が今は愛という単語なしには説明し難い状況になったのだ。
娘の夫···自分の婿を···。  愛してるなんてとんでもない状況が彼女の前に広がり、
あった。
20歳以上の若い男が,  どうして自分にとってはあんなに難しく大きな相手なのか分からなかった
彼の手が触れると自然に反応する体があまりにも憎かった。 いや、もう彼の声だけ
 聞いても下の部分がじいんとしびれてきた。 

建設会社各社は、このような契約や仕事の処理が気に入ってよかった。 ありふれた福徳房一つなく
簡単に契約を延長し、総務部長という人が握手を求めた。
ありがとうございます。良い事務室をずっと使わせてくださって……………」
ははは。。違います。。私たちの方がもっとありがたいです。むしろ」
思ったより簡単に仕事を終えたミョンソクは口笛を吹きながら事務室に戻った。
「連絡はなかったのかい?」”
いたんです……義妹という方です…また電話すると言いました。スンヒおばさん。あ
キム班長が面談しに来ました。
「うん……そうなの?…キム班長がどうしたの?」
「分かりません」
「今来いって言って」
“はい………………….”청주개인회생상담 개인회생개인파산
キム班長という女は、ここで働くおばさんの中で一番年上の女だ。 皆同じ
おばさんたちに会うと言うことをよく聞かないといわれ、先日から肩書きを一つ作ってもらった。
アルバイトのおばさんまで5人もいたので、彼もそのような気がした。 折節残念にも名
ソクに喜んでお尻を抜いて惜しみなく与える忠誠心のある女性でもあったが、仕事もまた本の
臨感をもってくれる女だった。
「トントン···」
「はい,お入りなさい」
金班長が頭をドアの隙間から押し込むと、明るく笑いながら入ってきた。
「あ~、どうして私を見つけたんですか。”
あのう、申し上げたいことがあるんですが、今日の夕方に時間をいただけたらと思って。。。
「夕方に?」
「ええ……」고양개인회생 개인회생개인파산
「ここで言ってはいけないのか。”
“それが…….ちょっと….ちょっと….”
彼女はうつむいて忍び込む声で言った.
「うーん、個人的なことかな?」”
「ええ……」
“うーん…そうだね…終わって見ようね…”いいですよ。前でサムギョプサルでも食べましょうよ。
はい。。すみません。。それでは。。また後で会いましょう
うん。。そうです。
彼女は10年も幼いミョンソクにいつもきちんと敬語を使って上司のもてなしをした
C。
彼女と初めてやったのはもう5年前のことだ。
彼女が仕事に慣れておらず古参のおばさんたちに叱られながら過ごしていたある日事務所の職員
牛を飼っている彼女を明晰は自然と抱き締めて、何の反抗もなく酔っていた。

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다