多分こんな世の中の話を言わない。

タバコの煙の中には多くの事情があると言ったが、多分こんな世の中の話を言わない。
…かなぁ…)
おばさんが急いで後片付けをした後、顔を赤らめて挨拶をし、事務室を出た。
夕食はごちそうさまでした。行きますね。제주개인회생 개인회생개인파산
うん。。気をつけて。。カ”

時計を見ると、義妹と約束した時が近づいていた。

6部でお目にかかります。제주도개인회생 개인회생개인파산
難しく書くのに私の文章があまり人気がないですね。くねくね~~~~

 氷の上に咲いた花  6 제주개인파산 개인회생개인파산
10人の方々のコメントに支えられて…いや、興奮して···。一晩中文章を書きました。^^;;;;
今度はちょっと早く後続便をあげて気持ちがゆったりしています。
じゃあ、よいしょ~~

時計を見ると、義妹と約束した時が近づいていた。
明晰は事務所を出て車を走らせた.
12時が過ぎたので都心は帰宅を急ぐ車が速度を上げて道路を疾走し、 제주도개인파산 개인회생개인파산
酔った人たちがよろめきながらタクシーを捕まえるために街はごった返していた。
幸いおばさんとひとしきり汗を流したせいか、いっそう酒気が抜けた状態だったので車を運転する。
するには適当な状態だった。 しばらく走っていたミョンソクの車が路地に入ってきた。 幼少のころの好奇心
シムでのぞいた、よく588と呼ばれる風俗街だった。 依然としてそこには若者の溢れる
という精力と子供たちの好奇心でいっぱいだった。
適当な空間に車を止め、ミョンソクは駅前の空き地のベンチに座ってタバコをくわえた。
列車が到着するまであと10分余りだった.신용회복위원회 개인회생 개인회생개인파산
茶目っ気たっぷりの義妹のことを考えていたら、ふと義母が言ったことを思い出した。
君……もし….ジヨンを心に留めないでね..”
旅館で濡れた汗を流し、トイレから出てきた義母が心配そうな顔をして明晰に
に言った言葉だった。 
「突然どういう意味ですか。”신용회복위원회 개인회생개인파산
最近、ミヨンがあなたを見る目が前よりないからだよ。
“そうですか?  私は分からなかったが…”
「女は勘というのがあるんだ…」君くらいの男ならどんな女が嫌いだと言おうか。”
「妻の妹がそんなはずがないでしょう。 私みたいなやつを何が惜しくて好きですか。
“それでもそれじゃない….私はただ。。。心配になって。。。君がちょっと…勝手にしろよ
くれ」
“……………”
義母はすべての判断を明晰に任せて義妹を頼んだ.
知るすべのないことだった。
義母自身は婿を取って長女のミヨンに消せない罪を持っていながら義妹の
を心配することはつじつまが合わない。 もしかすると明晰が義妹の地縁に近づくとき賞
大敵におろそかになる自分を心配しているのかもしれない。
義母はミョンソクとのぎりぎりの綱渡りをしながらだんだん自分を低めてミョンソクに頼ってきた
C。신용회복위원회 채무조정 개인회생개인파산
旅館や家から離れた空間でをする時は、なおさら明晰の言葉に逆らわず、
したがった。する前の儀式のようなお尻叩きは,  彼女を興奮させる
十分な愛撫に変わっているかもしれないが、ミョンソクの手のひらにお尻が赤くなる
それでも涙を流しても逃げたり拒否したりしなかった。
壻が義母のお尻を殴る場面を想像すると筆者も興奮するね…ᅥ)

ちょっとほかのことを考えているうちに、駅の広場に人々が繰り出していた。
明晰は街灯に背を向けて義妹の顔を捜そうときょろきょろしている間に携帯電話が鳴った
C。
「お兄さんはどの辺にいらっしゃいますか。”
あ..私時計塔..下の………………….”
あ~行きますね。
しばらくして何人かの女性がミョンソクのところにやってきた。
「お兄さん~」개인회생개인파산 개인회생개인파산
うん。。。そう。。。
みんな  あいさつして….僕の兄さんだよ…”
“こんにちは………………….…
はい…こんにちは…友達なのか?」
はい…お兄さん…みんな、お兄さんどう? 素敵でしょ?」
「あら~そうだ…ホホ…」美男で。。。姉ちゃんはいいな。。。素敵な男連れて暮らして..ホー
ほ…」
「かっかっ……」개인회생파산 개인회생개인파산
「あれっ、これ会ったとたんからかうなんて…」
「来ながら兄さんの話を  たくさん聞きました」
「そうなんですか?
「うん、俺がお兄さんかっこいいって自慢したんですよ…。こうやってお兄さんを迎えに来るお兄さんが
でい  そうだよね?
「へえ、まったく…」
「ホホ……そうだ……。やっぱりジヨンのお兄さんはかっこいい~~」
ははは。。飛行機もう乗らないで行こう。。”
“そうですか….”
「方向はみんな同じか。”
“あ~~行く途中二人は降りて…..スクヒはもうすぐ近付いて降りれば良いです”
そうだね。早く行こう。개인파산신청자격 개인회생개인파산
女子生徒らは、車に乗ってもおしゃべりを止めなかった。
女のおしゃべりに飽きた明晰は口をつぐんで彼らの言うことににっこりと笑いかけて
臣下として鐘路を抜け出して2人の女子学生を降ろした。
「家はどこ?」  どこで降ろせばいいのかな?”
車が川岸に差し掛かり,ミョンソクがルームミラーを見つめながら後ろに座っている女性に聞いた.
あ~ヒョンブスクヒは私の家の近くだよ
「そう?」
“はい…개인회생기간단축 개인회생개인파산
「ところでどうしてその間一度も見たことがないんだろう。”
「お兄さんが出勤した後に遊びに来るからです」
“あ~そうなんだ~””
「ジヨンが兄貴のこともったいないって  見せてくれないんですよ」ホホ~~~」
“この子は….私がいつ…..ホホ”
ジヨンのせいで友達はみんなはつらつとして元気になっていた。
いや、男たちが感じる女たちの最初の感じかもしれない。
オクソンおばさんを初めて見た時、あのおばさんもいたずら好きで冗談好きなざっくばらんな女
だった。
明石が分かってからはどれほど大人しく変わっているのか目につくほどだった。

スクヒという友達が降りて車の中ではジヨンと二人きりになった。
「面白かったの?」코로나 개인회생 개인회생개인파산
はい。。お兄さん疲れてるはずなのにごめんなさいこうやって出て来いって言われて···。お姉さんが嫉妬するよ。
お姉さんには私から電話したの。”
私も電話したのに。。。お姉さんよりお母さんに怒られました」
そうだったのだろう。 おそらく義母はこのように2人が付き添うのを心配していただろう。
“ハハ……ムコ愛は義母が正しいようだ”
「ち~~むこ養子の愛は義妹という言葉はないのか?」”
「ま、ハハハ……」
車が暗い路地を通って公園の横に入っていた。 ここは義母が夢中になってセク。
スをしていて、車の中にパンツを脱いで降りた場所だった。
明石は車をゆっくりとその場所に止めた.
そして、ヘッドライトを消し、エンジンも同時に切ってしまうと、四方は真っ暗になった。
“あら…………………”
遅延は、急変する周囲の環境にしばらくためらった。
「さわやかな兄貴分………………」
「壻の愛は義妹という言葉  証明する機会だ」
「ホホ···。こんな愛じゃなくて。。。う~!」
ジヨンの言葉が終わらないうちに、ミョンソクの唇がジヨンの口を覆ってしまった。
しばらく遅延の形式的な反抗があり、すぐに自然に唇を受けた。
椅子が後ろに倒れ、2人は長い間情熱的なキスを続けた。
ミョンソクの手がズボンのチャックを下ろしてパンツの中に入ると、遅延のうめき声が聞こえた。
「あ~お兄さん…洗わなくて…」개인회생 코로나 개인회생개인파산
明晰の唇が耳たぶを吸い込み、「ぎゅっと」と咀嚼し、舌が耳の中をかきわけながら
遅延のうめき声はさらに高まった。
「あははは」
指一本が遅延の広々とした歯を切りながら深く挿入すると、遅延は足を両脇に
 広げてお尻を持ち上げた.
「あ、ふ、お兄さん……」
ミョンソクは手を引いて遅延のズボンをゆっくり脱がせた.
ズボンがゆっくり降りてくると、ジヨンはお尻を上げて脱がせるのを助けた。
ズボンが脱げた妻の妹の下半身が暗闇の中でも白く蛍光色に輝き、それは
明晰の性欲をそそる視覚的な効果を与えた。
狭い助手席のスペースを確保するために椅子を招待した後側に押し付け、明石はズボン
を下げた。今日もう三番目の女とするユクボンは相変わらずその精力を維持し、
ていた。강남구개인회생 개인회생개인파산
闇のため遅延を正確に見ることができなかったが、感覚で穴に触れてゆっくりと
腰を押した。
“あ~ふふっ~~~~~~~~~~~~~~~”あ~~舌…お兄さん…
巨大な肉棒がまだ鍛えきれない地縁を押して入ると、地縁は怯えたように弧
へどをすぱすぱと押し出してうめき声を吐いた.
明晰はユクボンの先まで深く押し込み、しばらく腰を止めた。
「あ~お兄さん……いいですね」そのままこのままでいてください。  あ…うん~~~」
ジヨンは、ぎっしり入る明石の肉棒に、すでに満足そうな顔をしていた。
しかし、ミョンソクの姿勢がとても不安定で、すでに時間が経ってしまったせいで、
というのは困った。 강남개인회생 개인회생개인파산
明石がゆっくりと腰を動かすと、知延は両足で明石の腰を巻いて荒い息をする。
吐いた。
“ああっ~~舌..お兄さん………………..あたし…あ~」
明晰はまだ少し動いたにもかかわらず,  知延は全身をよじらせ,  感情を抑えることができない
した。
“お兄さん~~~~~少し…だけ…” ゆっくりと…ああ~~」
「プジッ、プジッ、プジッ、プジッ、プジッ、プジッ···」송파개인회생 개인회생개인파산
だんだん肌をぶつける音とぐったりする音が早くなり、遅延は悲鳴に近い音を出す
…した。
「ああっ!あはっ!舌…兄さん…僕…どうしよう…」あ~お前…あまりにも大きいです。お兄さん。

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다