遅延の口を塞いだ

「ああっ」
明晰はもしかすると通り過ぎる人が聞くような不安感で片手で遅延の口を塞いだ
.
しばらく動いていた明石は地縁の状態からして明石が頂上に登るのは容易ではなさそうだ。
…した。
案の定遅延はしばらくして明石を押し出して泣き叫んだ。
「あ~お兄さんやめて…」どうか。。。私死にそうなので。。。あーーーーー”
小さく身をすくめて遅延は苦痛にうめき声をあげた。
“あ~ぐ~~~~”중랑구개인회생 개인회생개인파산
発作する人のように体がうごめいてオルガズムを超える遅延は頭が下に落ちても
持ち上げる力さえなさそうに見えた。 

明晰は女性にわいせつな行為をする気はまったくなかった. もう神が男女二人に
適当な性欲を感じられるように配慮したのに強制的にセクハラするのはばかげたこと
と思った。 高校時代から性に触れた明晰な女性がいて
近くまで来れるように待つことと余裕があった。 성동구개인회생 개인회생개인파산
妻の妹の遅延も同様だった。
妻の妹の体つきは家族の中で一番すぐれた体つきだ。 のみならず絶世美人ではなくても
 ふっくらとした顔と目つきは男性に魅力を与えるのに十分だった。
熟した栗のように開いたお尻…………………………..
たった一度も妻の妹を狙う心も見なかったしただミヨンと愛を証明するように夜馬
みんな熱い饗宴で各部屋の女性たちをときめかせただけだった。
そして今夜、妻の母が最も心配していることを自然にやりこなした。관악구개인회생 개인회생개인파산
ジヨンがズボンをはいている間、ミョンソクは静かに待ってくれた。
ズボンを履いている間、遅延はきっと何かを片付けているはずだ。 兄の明晰と一度の半分
恒常的に成り立つか何を意味するか……金目当てで身を売る女
でないなら、きっと今回は意味を込めたいだろう。 それもお姉さんの男の兄貴分
を体で受けて股を広げて受け入れたその品は他の身体に比べて小さいが、ある富
上より意味の大きい物だった。
明晰はジヨンが今の状況をどう整理するかをはっきりと知っているので,  実は心配
情が優位に立った.  それは女性たちがよく自分を合理化する愛であろう
愛していたから。。。足を広げたと。。。
若い女性たちが陥りやすい落とし穴がまさに愛だった。 一般的な女性は愛じゃない
人ならきっと男の行動に反抗すべきだ。 しかし反抗もなく  もがいただけ
なら自分が欲情に悶える女ではなく愛のために男を受けたとすれば
 完璧だ。영등포개인회생 개인회생개인파산
そして、それを女性たちはあまりにも簡単に信じてしまい、自分と交わした男にすがっている。
またはその愛を証明するためにあらゆる努力をする。
これがをする前とした後に女の持つ考えではないか…………….
明晰はすでにその次の義妹の行動を気にしていた。
いつでも明晰を苦境に立たせる幼い女性だからだった。

義母が心配そうな目で二人を殴られた。
目を隠す次女·······································영등포구개인회생 개인회생개인파산
スンドクは小さなため息を隠しながら明石が洗えるように風呂に水をためた。
次女と万が一あったかも知れない全てのものをきれいに洗ってほしいという気持ちで水を受け、
と浴槽にもさっと腰掛けていた。 スンドクの心は小さい娘の未来ではなく、実は
は自分の愛が消えるのではないかという恐怖心が先立ったのかもしれない。 もう眠って花婿が
 来ていることも知らずに寝ているミヨンよりもジヨンにもっと多くの警戒心と嫉妬が燃え上がった
.

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다