「なんでそんなに座っているんですか」

「なんでそんなに座っているんですか」
ミョンソクが風呂に入るとき、ぼうっと座っているスンドクに話しかけた。
「ううん、早くお風呂に入って」
スンドクは急いで出かけながら、パンツを下ろしているミョンソクの肉棒に目をつけた。
もちろん何の痕跡も残っているはずがないが、どうしても打ち明けることもできない状況でその
彼女にできる限りのことだった。수원개인회생 개인회생신청서류
トイレのドアを閉めて出てくるスンドクは、次女の髪の毛をつかんで体を締めたいと思う
気が立っていたが,  やっと気持ちを落ち着けて娘が入っている部屋の戸を開けた
.
娘が脱いだズボンや下着が散らかり,  いつの間にかシャワーを浴びるのか,  小さな娘の部屋に娘がいる
とまっているトイレで水の落ちる音が聞こえた。수원개인파산 개인회생신청서류
スンドクは、下の娘が脱いだ下着の中からパンツを取り上げた。
2人で何かあったらきっとパンツに流れたはずの女の自然な方
比類なる冷と男のそれは、順徳の長年の経験から区分することができた。
しかし、少し黄色い跡とたった今ついたような少しの液体が乾いている
だけで、男の体臭は見つけられなかった。 부산개인회생전문 개인회생신청서류
スンドクは下の娘がいるトイレの方に目を開け、ちらっと横目で見つめた後、居間の方が…
出てソファーに背中をもたれて座った。
きっと何かがあったはずなのに。。。どうしても口が離せない自分の境遇に心だけ
やるせなく泣きじゃくった

明晰と刺激的なことをしたオクソンは全身がだるくて身動きできなかった
だ。  もう年を取って自分の役目を果たせない夫は、玉線の横に身を寄せたのがもう
半月が過ぎた。 もちろん近付いたとしても玉禅を満足させるには力不足で、しかも
逆に強烈な刺激で体を熱くしたオクソンは、夫の退屈な気持ちは待ち切れなかった。
三日が過ぎた今も明石の六峰が入っているようにうごめく仮名石だけを待っていて
ていた。突然明石の顔だけ思い出しても自動的に反応する体は玉仙の心
今よりも明晰の呼び出しを待っているようだった。
彼女は実際解放感を味わった.부산개인회생 개인회생신청서류
礼儀としつけ……そして夫の周りにいる医者たちとの夫婦同伴の集まりや上品を言う
抜いて優しく笑って傲慢に過ごしていたオクソンは明石を通じてそのすべてを私を
してしまって、ただや荒い言葉と想像の中にだけ存在した好奇心が彼を通じてする。
傍感を味わっていた まるでヨーロッパの貴族がぜいたくで傲慢に偉ぶってパーティー
をするように、どんな集まりでもあって夫婦同伴で出る集まりが今は息苦しく閉じ込められた
監獄のように感じられた。
お金をもう少し儲けたという某医師夫人の傲慢で鼻高々な行動を羨望の目で見た
自分がどうしてこんなに馬鹿みたいに感じられるのか。。。わからなかった。
今この瞬間も彼の電話が待ち遠しいのは今夜も彼らとそういう類のパーティーをすることで、
にしなければならない約束があったからだ。

明晰はあまりすることのない日を選び、清凉里ロータリーに車を走らせた。
班長おばさんと約束を守らなければならないからだけど、お母さんに酔った息子がもっと会いたかった。
C。  もしかしたら同志(?)のような親しみを持って会いたかったのかも知れない。
おばさんが言った「xxガソリンスタンド」は思ったより苦労して見つけることができた。
まず明石は車を周遊する場所に停車させ、いつか見たことのある息子の顔を探してみよう。
…した。
皆10代後半や20代前半の子供たちは垢だらけのユニフォームを着ている.
来るたびに大声を出して運転手を歓迎した。
「満タンにしましょうか。 お客さん!」부산개인회생상담 개인회생신청서류
うん。。ぎゅっと押してくれ。。”
はい…いっぱい!!! ありがとうございます。”
髪も洗わない汚いやつが声を限りに叫び、注油機を刺した。 いつも脂っこい
ということだが、注油機が自動車のオイルタンクに深く差し込まれる時は、まるで男の人が入ってくる
異様な感じを受けた
明晰は油が満たされる間、しきりにあたりをきょろきょろ見回した。
油を入れている間に女学生らしき女の子が油汚れを落とす薬品を宣伝するために
目で笑いながら親しく近づいてきた.
“あ~~いいです……………….”
明晰はすまなく笑った.

부산개인파산 개인회생신청서류

しばらくよそ見をしていたミョンソクは、前のウィンドウを拭いている男としばらく目が合った。
あいつはただやっていた通りに仕事を続けたが、明晰がまさにその息子だということがすぐ分かる。
見ることができた。 険しい印象···鋭い目···がっちりと開いた肩がまさにそのおばさんよ。
野郞だということをはっきりさせてくれた。
あいつは槍を磨いてからつばを「ちっ」と地面に吐いた.
ミョンソクが幼い頃によくしたチンピラ時代の行動だった。
ガソリンが終わりました。五万ウォンになります。”
うん…そうだ…ここにいる。
息子はうろうろしながらトイレに入っていた。

대구개인회생전문 개인회생신청서류
ミョンソクは車を片隅に駐車し,素早く彼女の入った.
ミョンソクは片方の壁に寄りかかってタバコを吸っているやつを知らんぷりして便器にふんぞり返っている
立った。
爽やかに出てくるおしっこの流れを見ながら  あいつに初めてどうやって自分を  知らせるか整理しなさい。
そうしていたところへ、あいつから話しかけられた。
「洗車はしないんですか。”
「いや、やらなくてもいいよ……」
「光ったらいいのに……」
「あとでね……」
ミョンソクはズボンを踊りながら、「あいつ」をもう一度確認した。
「君、私、覚えてないの?」”대구개인회생 개인회생신청서류
え?誰ですか?”
あいつは何か罪でも犯したように警戒した.
“私をよく見て…..お前名前がチョルジュ…..パクチョルジュだろう?”
はい…そうですが…誰ですか?”
やつは注意深くタバコの火を下に投げた.
明石を眺める目に力が入り、印象がさらに険しく歪んだ。
ガソリンスタンドで働く人がタバコを吸えばいいのか…………….今忙しいのか?’
「いいえ,ちょっといそがしいのです」
あいつは今やすっかりおびえていた.
明晰の高い身長と体にジャンパーを着た姿を見ると、まるで刑事のような雰囲気も漂わせてその
やつが怖がるに足りる。 明晰はすでにそれを計算してあいつの機を制するつもりだった.
「ちょっと時間を空けようか。”
ミョンソクはやつの肩を手でとんとんと触れながら先にトイレを出た.
チョルジュはぐずぐずしながらミョンソクの後についてきてミョンソクが車に乗り込むとしばらくためらった。
「タ!」
「ええ……」
チョルジュは車の後部を回って助手席にさっと乗り込んだ.
「ハハハ怯えるな……………………..”
“はい…………………?”대구개인회생법무사 개인회생신청서류
あなたのお母さんが働いてる会社の所長だよ。
“………あ!!はい..わかりました
その時になってやっとそいつは明るく笑った.
こんにちは。どうしたんですか?
通りすがりに君がここで働いているという話を聞いたんだ。なので一回、顔を見てみようかと思って
寄る
あ~~はい。

チョルジュは妙な気分になった.
普段よく知っているかもしれない人で、お母さんの職場上司だという理由で自分を探すということは
 適当な理由にならなかった。 その間、町の兄さんたちやチンピラたちと  一緒に過ごしながら寝た。
チョルジュは頭を使う癖で、この男の登場に対して素早く頭を使った。
「夜は主に何をするの? 今晩の時間はどう?私にちょっと時間くれる?”
「どうしたのですか。 私におっしゃりたいことでも…」
うん。。。言いたいことがある。。。私もお前みたいな弟が一人いたらと思うんだ。
“あの…….それが”
“出て来い~~私がお酒一杯おごれ….” 損することはないじゃないか…..何時に終わるの…”
5時なら終わりますね。でも友達。。。
友達は後で見てもいいじゃん。
はい..そうではあります 대구개인회생무료상담 개인회생신청서류
7時までに私の事務室に来い。電話番号は知ってるよね?”
“はい………………….”
じゃ、その時会おうね。仕事しろ。
はい。。さようなら
鉄拳が他の理由をつける前に明晰は早口で話し終えた.
車から降りた鉄柱が不思議そうに明石の車を眺めるのを後にして事務室に戻った
.

見直した鉄柱の印象は以前よりも険悪になっていた。 子供じみた顔には
裏通りのように自尊心と卑屈さを同時に持っていて、荒い口調で
男や女を制圧するのには遜色がないように見えた。
多分おばさんはあいつが酒に酔って犯した行動だと言ったがもうずいぶん前からそうだったかな
能性の方が多かった もちろん、彼の姉も相手になって当然だった。 たぶん。
番長おばさんの心配は娘が嫁に行けない状況にまで行くのではないかと心配したことだろう。
「お電話ですが」
「うん…回して」
「もしもし」
“あの..私だよ………………”대구개인파산 개인회생신청서류
“うん?あ~~おばさん….”
「忙しいの…?」
いや、どうしたんですか。
オクソンおばさんだった。 明晰は少しぶっきらぼうに電話に出た
ただ。。。元気か電話したよ
元気ですよ。大丈夫ですよね?」전주개인회생 개인회생신청서류
うん。。私だよ。。
オクソンは思ったより事務的な彼の話し方に気をもんだ.
彼は非常に聞きたがらない声で,予想外に冷静で事務的な物言いをした.
たぶん事務所だからそうかもしれないと思って理解したかったけど寂しい生
かっと涙がこぼれそうだった。
“私今日夫婦同伴の集まりに出るの….リオホテルだよ….”
「リオホテル?じゃあ何日前に私たちが立ち寄った?」”
うん。。そうだね。。変な気分だね。あそこに行って自分に会いたければどうしよう?」
「ははは……そうだね……私がついて行こうか」

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다