声をあげた.

彼女はさっきとは違った感じで控えめにうめき声をあげた.
彼女がソファーを抱えて汗をかく頃, 肛門に涼しい風が吹き寄せてくる
来た。전주개인회생
そして席を座り直して彼のことを聞き,熱い溶液が口の中に入ってきた.
“ふ~ん”
彼女は音を立てながら溶液を飲み込んだ.

おばさんが後片付けをして退社した後も明晰は暗い事務室にチャンスンのように立っていた。
.
何かが抜け出してしまった荒廃を癒そうかおばさんを欲しがったが、それは肉体的な虚脱
艦まで押し入ってきたのでもう一歩も動けなかった。
ミョンソクは虚しく抜け出た欲情を整えたくなかった。
「ごろごろ~」
5、6回のベルが鳴った後、ミョンソクは電話に出た。
“はい…
「あら、ミョンソクさん、まだ事務所にいるね。”
妻のミヨンだった。익산개인회생
うん。。。仕事が。。。
あなたは他の約束はない… チャムシル…オクソンおばさんの家にちょっと寄ってこられる?’
「そこはどうして?」
「お母さんがなんだかお酒に酔ってしまって…。オクソンおばさんといるみたい」
「どうしてお酒を?」
明晰はぎくりとした
うん、、、、知らない、、、最近は、食べてないんですけど···。”
夫が亡くなってしばらくの間、義母はほとんど毎日酒を飲んでいたと話した。
ミヨンが結婚する頃から酒に酔っていなかった義母が酒に酔っていたという話について
ソクは息苦しくなってきた。
昨夜のそれは彼女にとって大きな衝撃だったに違いない.
明晰は車を運転して蚕室(チャムシル)に向かった。
酒に酔って友達のオクソンにしどろもどろになることもあるので、ミョンソクはチャムシルに立ち寄ること
がままならなかった。 서산개인회생 개인회생신청자격   だからといって避けるということも ミヨンには変に見えるだけでなく、婿として
庶子の役割をしなければならない当然の雰囲気だったため、なおさらであった。

マンションのベルを押すと、息子らしき男の子が出てきた。
義母は、「オクソンおばさんは家におらず、おばさんと近くのカラオケに行っている」と話した。
「カラオケ?」 それはしどろもどろの飲み会より、 むしろ良かった。
男の子が教えてくれたカラオケボックスには、店主らしきおばさんが夕食の商売を準備しているのか、慌しい様子だった。
“あの~~おばさん二人が来た所が….”
「あ~最後の6番の部屋です」
なんとなく明晰は緊張した 이미すでに義母がオクソンおばさんに話したとしたら、ミョン
石はとてもここに現れることのできない人だった。 余程こんな罪の意識を持たなかった名
石はそれ自体が不自然な感情だった。
ドアを開けると騒々しい音楽が一度に聞こえてきた。
「あら、私たち王子さまがいらっしゃったんだね。
オクソンおばさんが両手を挙げて大騒ぎした」
はい、こんにちは。
明晰は深く腰を曲げ、おばさんと目が合うのを避けた。
そのチャラにミョン 정읍개인회생 개인회생신청자격  ソクはおばさんの雰囲気を把握するためだった。
顔を上げると義母が歌を歌い、ミョンソクに優しい微笑みを送りながらミョンソクの手を
してくれた。あっという間に明石が心配していた状況ではないことが分かり、顔を明るくした。
「ねぇ、私もこういう婿がほしいな。 義母がお酒を飲んで遊んでいるからお迎えしても
来て…羨ましいな…私も娘を一人育ててみようか。”
“ははは。。。どうしたんですか。。。”
義母が歌を終えて席に戻った.
“もう行かなくちゃ….” スンドクは自分を迎えに来た婿にすまない心でぎこちない言葉を
投げた。
“子供は~~~~何の話だよ….” もう宵の口で、もう運転手さんも待機中なのに···違うよね··· 王
ジャニムだよ…これから遊ばないと…ビールをもっとくれと言おう。王子様も歌を一つ歌わないと。
ジ」
おばさんは義母が行くという言葉に強く言葉をさえぎった。
いつもそうだったが、スンドクとオクソンおばさんが会うと、スンドクは消極的だった。
多分今日もオクソンおばさんが作った状況だろうし、義母はこの機会を利用して複雑な魔
音を慰めたか 완주개인회생 개인회생신청자격  ったのだ。
その言葉にスンドクはぎこちなく笑いながら明晰と玉善を交互に見た。
はい~~そうしてください…お二人久しぶりに会ったのに。。。
「ところでキムさん、夕食は食べたのか。”
はい、食べてきました。
明晰はうそをついた 妻のミヨンには「帰って食べる」と言ったが、義母を安心させて
と思った。
そうだね。これからビールでも一杯やろうよ。
「運転しないと…」スンドクは急いで玉線を乾かした。
「大丈夫ですよ…一杯くらいは…」ミョンソクはすぐに缶をつかんで一気に缶を空けた。
「そうだね、男が一杯持っていて…」そして歌を歌ったら、全部目が覚めるよ。
オクソンおばさんは、楽しそうに騒いだ。
明晰は「もしかして」という気持ちが消え、乾いたのどをちやほやした。
私が一曲歌って上げます….ハハ
そうだね。一つ歌って、ババ…義母たちに…ホホ」
オクソンは明石が現れるともっと騒ぎながら調子を合わせた。
ミョンソクはおばさんたちと遊んだ腕前で、曲を選んでしっかり歌って再構成した。
感情を引き出して歌う時は顔をしかめ、玉善や順徳と目を合わせる。
危機を沸かせた
“あら~~カスねカス”
玉仙の拍手をしながら席を立ってスンドクを抱きしめて歌を歌う振りをした。
スンドクは歌を歌っている途中、ミョンソクと目が合うと何だか分からない感情がこみ上げてきた

ゆうべの恥辱的な情事よりは、もう愛しい男に見えてきた。
歌が終わるとオクソンはもう一度大げさに騒ぎ立てる明晰を褒めた。
実は明晰はどの席に行っても歌だけは漏れなかった。 幼い頃の寂しさを慰めるのに
古いキタと共にしながら 김제개인회생 개인회생신청자격  音を学び、特に構成された調べと黙重な声は女たちの
心の琴線に触れるのに十分だった。
「ハハハ~~オクソンおばさん一つしてください」
「ホホ………………………………。あまりにも騒いだからといって罰ゲームなのか。”
ははは。。いや、返歌をしないと。。聞いたら。。
そうだね。そうだね。私はキムさんほど歌えないけど、 傷跡はない」
“ははは。。私が歌が上手ですか。。はは。。”
“壻と義母が睦まじく歌うか一曲踊ってみて 私は歌でも歌ってあげるよ…..ホホ”
彼女は歌の本を置いてマイクを持った.
やはりまだきれいな声にもっと格好をつけるオクソンは憎たらしいほどかわいく見えた。
玉仙は歌を歌いながらも順徳の手を引いて明晰と舞を踊れとしきりに手振りをして
した。
スンドクは手を横に振りながら笑いに誘い、ミョンソクが手を差し伸べるとやむを得ず席に
立って立ち上がった。するとオクソンは頭を完全に画面で固定して二人のぎこちないしぐさ
を避けてくれた。 昨夜、抱いてみた義母の体だが、予想しなかった場所でそれも義母
の友人のいる場 남원개인회생 개인회생신청자격  所で抱くことは新しい感じを与えた。
かなり酔っ払ったような義母の瞳の中には情感が満ちていることを明晰は容易に
わかった。 ぎこちなく動いていた2人は、ますます歌とお互いの感情に陥った。
広い明晰の肩に顔が隠れた義母が玉禅の目を避けて顔を胸に埋めてくる
頃、玉仙の歌が終わりかけていた。
しかし、スンドクがミョンソクに顔をもたせる短い時間に、二人は会話をしたのと違い、
なく、ミョンソクとスンドクは、終わりかけている歌が惜しかった。
やあ、お上手ですね。
「あら、二人…」 ねたましいね。 どうしてそんなに親しく踊るの?”
“この子は….できない声がない…”
スンドクは、本音をばれた人のように、いきなり反撃に出た。
あ~羨ましい。
「お義母さんも歌を歌ってください」
“私がお酒に酔って….歌が流れるかな?”
さっき上手だったよ。あなたが好きな鳳仙花恋情はどう?
「そうだ、 전주개인파산 개인회생신청자격  それにしようか?」”
“そうだね….”
「私は…じゃ、キムさんちょっと借りるわ…」ホホ」
酒に酔った玉仙はその性格が露わになっていた。
歌が始まるとオクソンは明晰を巻き起こし、ブルースを自然に解いていった。
ミョンソクは実はダンスに自信がなかっただけでなく相手が相手であるだけにミョンソクはもっと自然
残念に思わざるを得なかった。 さっき義母と一緒に踊る時がずっと楽な気持ちだった。
しかしオクソンは彼の気持ちを知っているのかどうか「からから」といたずらっぽく明石をリードした。
大きな明晰の体が玉線の小さな体に引きずられながら一瞬にして小さな
感覚を作り出し, 2人はますますお互いの小さな秘密めいた接触に気づかないふりをしていた

特に大きな玉線の乳房が、明石の胸みぞおちの先で自然に接触し、その接触が主な
という不思議さで、二人は思わず親しくなっていた。
酒によって緩んだ緊張感は玉禅の大胆さを一段階高くした。
どうしようもない友達の婿なので、慎重にスタッフを移していたオクソンの歌が終わり。
出かける頃にはミョンソクに体をどんどん寄せてきた.
ミョンソクの胸に「ムンクル」と感じられる玉仙の胸はミョンソクの胸にもう一つの火をくべる
するには十分だった。 대전개인회생 개인회생신청자격  しかし、このような新しい感覚よりも、まずは義母の心を慰めてあげることが、
急務だったため、ミョンソクは義母の歌が終わる前にオクソンから身を引き取った。
それは今やっと正常に戻ってきた義理の母をまた傷つけたくなかったからだ。
…だった。
「義母じゃないって差別してるんだな……」
「なんで?」
「キム·ソバンがダンスも中腰で お前と踊る時とは違うんだよ~」
「ホホ、この子は…」
「ハハハ……」
ビールが何巡も回って歌が盛り上がるにつれ、3人は自然に調和していた。
もうダンスもお互いに気兼ねせずに時には首を巻いたり、腰を「ぎゅっと」抱きしめて
お互いの体が完全に密着するようにもした。
その度に明石の肉棒にだんだん力が入り、今は自然に二人の女性の下の部分。
えい, 薄っぺらに押された. それを不自然に思うのは二人の女ではなくむしろ明晰が
そして、ミョンソクの 대전개인회생전문 개인회생신청자격 お尻は中腰の後ろに出たりした。
オクソンおばさんがトイレに行っている間に、ミョンソクは歌を歌っている途中、スンドクを抱きしめた。
…した。
二人きりの空間は、さっきとは違う緊張感を与えた。
もう昨夜のことを何とか片付けたかった。
明晰は胸に抱かれた義母の顔を見下ろしながら細く震えている義母を感じることができる。
…だった。
細かく振っていた義母の眉毛がゆっくり開き、小さな水滴を下に流した。
まるで哀願するような切ない瞳と普段自分の主張が弱い順徳の感情が一緒に流れる
こぼした。ミョンソクは自分も知らないうちにスンドクの唇に自分の唇を覆ってしまった。 どうかすると
昨夜は再び確認でもするかのように、お互いは熱く吸い上げた。
同じ唇だけど昨夜のそれとは全く違う

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다